293件中 21 - 30件表示
  • Microsoft Windows 3.x

    Microsoft Windows 3.xから見たリコーリコー

    マイクロソフト日本法人は1991年10月にWindows 3.1日本語版の開発に着手した。Windows 3.0日本語版はセットアップの方法やメニューが難しいという声が上がっていた。また、Windows 3.0日本語版はOEM先によって別々の日本語入力システム、プリンタードライバ、フォントが供給されていたため、同じWindowsアプリケーションでも機種間の完全な互換性を保証できないという問題が生じた。そこでWindows 3.1日本語版では標準で日本語入力システム「MS-IME」を供給。また、Windows標準の日本語フォントをリコーと共同開発し、プリンタードライバについては各メーカーの開発をサポートして公開前に互換性を確認していた。Windows 3.1日本語版のベータ版は3回で累計6000本出荷され、ユーザーのフィードバックを基に1600の改善が施された。発売は当初の予定であった1992年5月から1992年秋、1993年5月となり、大幅に遅れることになった。開発には5億円が費やされた。Microsoft Windows 3.x フレッシュアイペディアより)

  • レンズマウント

    レンズマウントから見たリコーリコー

    当時のバヨネット式マウントとしては比較的後発のマウントであったため始めから機械式絞り値連動機能を持ち、絞り優先AEが可能である。ユニバーサルマウントを目指し規格を公開したため、マニュアルフォーカス時代には、リコー、チノン、コシナ等々、国内外の様々なメーカーに採用された。後にマルチモードに対応のために電子接点が追加され、その拡張マウントの規格は非公開となったものの、マニュアルフォーカス時代には大きな影響はなかった。大半の電子接点がマウント表面に設けられているのが特徴的。基本的な連動機構が機械的に行われているため新旧機種同士の互換性の保持が容易であり、そのままオートフォーカス化も実現した。オートフォーカス対応レンズも初代Kマウント機でマニュアルフォーカスレンズとして使用可能であるが、最新のデジタル専用レンズでは絞り環が省略され、イメージサークルの違いもあり、旧銀塩機種での使用は保障されていない。逆に初期のマニュアルフォーカスレンズは一部制約があるが、最新のデジタル一眼レフカメラでも使用可能である。レンズマウント フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たリコーリコー

    1970年代まではゼロックス・コーポレーションが保有するゼログラフィ技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していた。しかし、特許の独占権の失効以後は低価格・小型化を武器とするキヤノン・リコー・コニカミノルタ・三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業に次第に市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの、国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続く第3位の地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー・ボリューム、ドキュメント・ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然として国内シェアはトップである。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • リコーインダストリー

    リコーインダストリーから見たリコーリコー

    リコーインダストリー株式会社(英文社名Ricoh Industry Company, Ltd.)は、神奈川県厚木市に本社を置くリコーの子会社でデジタル印刷機などの製造を行う企業。理研グループ。リコーインダストリー フレッシュアイペディアより)

  • 電機メーカー

    電機メーカーから見たリコーリコー

    電気機器の製造を中心事業とする売り上げ上位10位は、日立製作所, ソニー, パナソニック, 東芝, 富士通, 三菱電機, キヤノン, 日本電気 (NEC), シャープ (台湾ホンハイ傘下), リコーの順である。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

  • 女流王座戦

    女流王座戦から見たリコーリコー

    リコー杯女流王座戦(リコーはいじょりゅうおうざせん)は、リコーが主催・日本経済新聞社が特別協力する将棋の女流タイトル戦。2011年創設。10月頃から挑戦手合制の五番勝負が行われ、勝者には女流王座の称号が与えられる。優勝賞金は女流棋戦ではマイナビ女子オープンと並ぶ最高額の500万円、準優勝賞金は150万円である。女流王座戦 フレッシュアイペディアより)

  • 池田市

    池田市から見たリコーリコー

    市の南西部には、ダイハツ工業やとよすの本社・工場、リコーの池田事業所、第一屋製パンの大阪空港工場等が立地している。また、江戸時代中期頃に、伊丹酒と並んで有名であった池田酒の伝統を引き継ぐ、呉春酒造も健在である。池田市 フレッシュアイペディアより)

  • 海老名駅

    海老名駅から見たリコーリコー

    小田急線・相鉄線の駅とJR線の駅との間(駅舎間)には、小田急電鉄海老名電車基地や海老名市文化会館、総合福祉会館、海老名市立中央図書館などがある。また、これまでJR海老名駅の北西側はリコーテクノロジーセンターやビアメカニクスなどの工場や田圃が中心で、東口と西口では街の様相が大きく異なっていたが、西口や小田急〜JR駅舎間において後述のように再開発事業が進行中である。なお、西口の再開発事業における中核施設としては「ららぽーと海老名」が2015年10月に開業している。海老名駅 フレッシュアイペディアより)

  • 市村清

    市村清から見たリコーリコー

    市村 清(いちむら きよし、1900年4月4日 - 1968年12月16日)は、日本の実業家。リコーを中心とする「リコー三愛グループ」の創始者。昭和初期から中期の日本を代表する経営者の一人。市村清 フレッシュアイペディアより)

  • マイティーチャー

    マイティーチャーから見たリコーリコー

    マイティーチャー(MY TEACHER)とは、かつて株式会社リコーが製造し、リコー教育機器株式会社(現:リコーエレメックス株式会社)が販売していた音声式の家庭用学習材。マイティーチャー フレッシュアイペディアより)

293件中 21 - 30件表示

「リコー」のニューストピックワード