293件中 51 - 60件表示
  • 127フィルム

    127フィルムから見たリコーリコー

    日本でも使用したカメラは製造された。例えばミノルタの最初の市販カメラは、1929年(昭和4年)4月に発売された4×6.5cm判フォールディングカメラ「ニフカレッテ」であり、リコーの最初の市販カメラは、1934年(昭和9年)に発売された4×3cm判の簡易型カメラ「オリンピックA型」であった。コダックはブローニーラインの筐体をベークライト製にしてさらに簡易化、127フィルムを使用するベビーブローニーを同年7月に発売している。127フィルム フレッシュアイペディアより)

  • PaplesWeb

    PaplesWebから見たリコーリコー

    リコーのプリンタimagioシリーズの操作パネルからPCなしで直接帳票を印刷することが可能。工場や対面接客業態等でPCが使用できない現場でもシステム帳票の印刷が可能となる。PaplesWeb フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤優里奈

    齋藤優里奈から見たRICOHリコー

    愛用しているカメラはRICOH齋藤優里奈 フレッシュアイペディアより)

  • 兼子真也

    兼子真也から見たリコーリコー

    2007年 リコー 各種カタログのグラフィックデザイン。兼子真也 フレッシュアイペディアより)

  • 信野将人

    信野将人から見たリコーリコー

    卒業後、リコーでもラグビーを続け2006年引退、2012年に退社した。信野将人 フレッシュアイペディアより)

  • リコー杯囲棋戦

    リコー杯囲棋戦から見たリコーリコー

    主催 中国棋院、理光(中国)投?有限公司(リコーリコー杯囲棋戦 フレッシュアイペディアより)

  • リコー杯新秀戦

    リコー杯新秀戦から見たリコーリコー

    新秀戦(しんしゅうせん、新秀?)、リコー杯新秀戦(リコーはいしんしゅうせん、理光杯新秀?)は、中国の囲碁の若手棋士による棋戦。2002年に新秀戦(新秀?)として開始され、2006年からリコーがスポンサーとなって、リコー杯新秀戦となる。リコー杯新秀戦 フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad 235

    ThinkPad 235から見たリコーリコー

    リコーとIBMとの共同出資による会社であるライオス・システムが開発した、いわゆるチャンドラ2のIBM版である。前モデルのチャンドラはThinkPad 535シリーズとの競合等の理由でThinkPadとして発売されることはなかったが、本モデルはライオス・システムやそのOEM先としてのフロンティア神代(RT166mini)、日立(FLORA Prius note 210)、エプソンダイレクト(Endevor TK-300)や日本オフィス・システム(NP-40N)からの先行発売が好評だったこと等を受け、IBMからもThinkPad 235として発売されるに至った。ThinkPad 235 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスタンデザインセンター

    ウェスタンデザインセンターから見たリコーリコー

    W65C02と同様、多くの企業にライセンス供与が行われており、日本でもリコーがW65C816Sをベースに開発したRicoh 5A22が任天堂のスーパーファミコンのCPUとして採用された。ウェスタンデザインセンター フレッシュアイペディアより)

  • リコーオートハーフシリーズ

    リコーオートハーフシリーズから見たリコーリコー

    リコーオートハーフシリーズは、理研光学(現リコー)によって1961年から1979年まで製造されたハーフサイズカメラである。リコーオートハーフシリーズ フレッシュアイペディアより)

293件中 51 - 60件表示

「リコー」のニューストピックワード