75件中 11 - 20件表示
  • リコー

    リコーから見たリコージャパン

    国内販売拠点 - 8事業本部(2014年3月31日現在)(詳細はリコージャパンを参照)リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見たデジタルカメラ

    株式会社リコー(英:Ricoh Company, Ltd. )は、東京都大田区中馬込一丁目にある事務機器、光学機器などの製造を行っているメーカーである。主に複写機、ファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、デジタルカメラなどの製造・販売を手掛ける。創業者は市村清。リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見たNHL

    2003年、カナダ・トロントに位置する「CNEコロシアム」のリニューアル時に命名権を獲得し、「リコー・コロシアム」となった。当地は、北米のプロアイスホッケーリーグ・NHLの下部組織にあたるAHLに所属するチーム・トロント・マーリーズの本拠地となっている。リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見た半導体

    半導体部品においては、かつてファミリーコンピュータ用のLSIを製造していたほか、フォントパッケージ「TrueTypeWorld【ValueFont D2】」も制作。リョービの明朝、ゴシックをTrueTypeフォント化したものが、日本語版Microsoft Windows搭載の「MS 明朝・MS ゴシック」になっている。リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見た太陽電池

    カメラの老舗でもあり、戦前はライカに範を取り独自の機構を盛り込んだ「護国」「リコール」シリーズ等の高級カメラから、各種蛇腹カメラや35ミリフィルム使用のコンパクトカメラの先駆ともいえる「オリンピック」シリーズ、各種軽便カメラ等の中級?大衆機までを手広く製造した。戦後は構造を単純化し製造を容易にした「リコーフレックスIII」が安価(6,500円)でよく写ると大評判になり、一時は店頭に行列が出来たりプレミアすらついたりと爆発的な売れ行きを示し、国産二眼レフカメラの大ブームの火付け役となった。リコーフレックスはその後次々と改良・シリーズ化され、高品質大衆カメラのリコーという印象を消費者に植え付けた。一眼レフカメラの時代には、旭光学(現・ペンタックス)のカメラと互換性のあるプラクチカマウントやKマウントを採用したカメラを発売している。性能と比べて廉価な価格はアマチュアカメラマンの支持を得たが、世界初のオートフォーカス一眼レフや太陽電池を搭載した一眼レフの発売など技術的な挑戦を重ねている。リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見た女性

    女流王座戦 - リコーが主催する将棋の女流棋士によるタイトル戦。リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見た横浜市

    新横浜事業所 - 〒222-8530 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目2番地3リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見たリコーブラックラムズ

    リコーブラックラムズ - ジャパンラグビートップリーグ所属のラグビーチーム。リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見たプリンター

    株式会社リコー(英:Ricoh Company, Ltd. )は、東京都大田区中馬込一丁目にある事務機器、光学機器などの製造を行っているメーカーである。主に複写機、ファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、デジタルカメラなどの製造・販売を手掛ける。創業者は市村清。リコー フレッシュアイペディアより)

  • リコー

    リコーから見たミラーレス一眼カメラ

    2011年10月、HOYAよりPENTAXイメージング・システム事業を買収し、ペンタックスリコーイメージング株式会社を完全子会社として発足させた。ペンタックスのブランドと、デジタル一眼レフ機のKマウント機や645マウント機、ミラーレス一眼カメラのQマウント機などの多マウント展開を活かし、コンシューマー向け製品やサービスの強化に取り組む方針を打ち出した。リコー フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「リコー」のニューストピックワード