前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
455件中 1 - 10件表示
  • 恒心

    恒心から見たリストラリストラ

    世界中で急激な信用収縮が発生して、日本では平成20年代から人口減少社会に入り、就職氷河期が再来して、派遣切りなど非正規雇用者の解雇が相次ぎ、ゆとり世代の新卒者の就職率も低下した。格差社会が問題となり、小泉内閣の聖域なき構造改革などの新自由主義政策への批判もあった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン

    サラリーマンから見たリストラリストラ

    企業の側で、人件費節約のために正社員を減らすという傾向も強く、学生の脱サラリーマン志向は高まっている。サラリーマンの中でも、リストラに対抗して自己啓発に取り組んだり、会社以外に生きがいを求めたりと、会社頼みの生活から脱却しようとする姿が多く見られる。サラリーマン フレッシュアイペディアより)

  • ハケンの品格

    ハケンの品格から見たリストラリストラ

    以前は正社員として東京中央信託銀行に勤めていたが、経営破たんした際に人員整理でリストラされた過去を持つ。退職後魚河岸でマグロの解体、せりなどの仕事を1年間していたが、突然解雇された。以上の経験から会社を信用しなくなり、今まで一緒に仕事をしてきた仲間と別れる辛さを味わいたくないため、必要以上に他人と関わりを持たなくなった。かつてはとても明るい性格であり、カラオケが得意だった。眉子やツネさんなど心を開いている者に対しては、愛想良くしている。東海林に関しては第3話で「仕事はできる」と発言しており、この時点である程度認めている模様。ハケンの品格 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たリストラリストラ

    世界中で急激な信用収縮が発生して、日本では平成20年代から人口減少社会に入り、就職氷河期が再来して派遣切りなど非正規雇用者の解雇が相次ぎ、ゆとり世代の新卒者の就職率も低下した。格差社会が問題となり、小泉内閣の聖域なき構造改革などの新自由主義政策への批判もあった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 円谷プロダクション

    円谷プロダクションから見たリストラリストラ

    1969年に『怪奇大作戦』が終了する頃になってもテレビ局からの新番組の発注はなく仕事が途絶える。経営に行き詰まった円谷プロダクションは資金調達のために増資。筆頭株主の東宝は、これを引き受けて円谷プロダクションの60%の株を取得して子会社化。社長は円谷英二だが東宝からは7人の役員が派遣されて東宝の藤本真澄も代表権を持った。専務取締役は円谷皐、取締役は円谷一と有川貞昌が就任。東宝はリストラによる経営再建策で金城哲夫の所属する企画文芸部を廃止して約150人いた社員を40人にまで圧縮。滞っていた業者への支払いや借金返済についても親会社となった東宝の力によって5年間の猶予期間が設けられた。そのおかげで円谷プロダクションは制作を継続することができた。1970年1月25日に円谷英二の病死により取締役の円谷一が2代目社長に就任。1973年2月9日に円谷一の急死により専務取締役の円谷皐が3代目社長に就任。円谷プロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 人生劇場 飛車角

    人生劇場 飛車角から見たリストラリストラ

    「任侠の世界を分かりやすく見せれば、観客の興味を引くことができる」本作の成功でそう確信した岡田は、京撮でも任侠映画を時代劇にかわるメイン路線に据えようと考えた。「侠客を主人公にした作品は、清水次郎長や国定忠治など、時代劇にも存在している。それらはいずれも、義理人情を大事にする"義侠心の侠客"と"外道の侠客"との対決を描いた勧善懲悪のストーリーになっている。それをそのまま明治?昭和初期を舞台に焼き直せばいい。それなら分かりやすい娯楽を求める旧来の東映ファンからも、新しさと激しさを求める若い観客からも受け入れられるだろう。その上、ヤクザには出入り(乱闘)がある。その立ち回りをクライマックスに持っていけば、時代劇で培ったノウハウのまま製作することができる。舞台を明治?昭和初期に限定すれば、役者は時代劇の所作芝居から大きく変える必要もないし、時代劇の日本家屋セットもそこへ回せる。またこの路線にはもう一つ利点があった。京撮には岡田の師匠・マキノ光雄直伝の「泣く、笑う、(手に汗)握る」という三要素を必ず物語に取り入れよ、という教えがあったが、岡田は当時の観客にはそれだけでは通じないと考えていた。当時、家族向けの旧来の健全な映画は洋画邦画問わず、観客に見放される一方で、イタリアのグァルティエロ・ヤコペッティ監督の残酷ドキュメントや、マカロニウエスタン、ピンク映画といった成人男性向けの毒々しい映画がブームを起こしていた。こうした新時代の嗜好に応えるべく、先の三要素にもう一つ加える。それが「覗く」だった。これが後に〔不良性感度〕の提唱に至る。ヤクザは一般人には閉ざされた未知の世界。その禁断の世界を覗き見的な好奇心を刺激することができる。岡田はそう考えた。「映画には不良性がなければダメだ」という岡田のポリシーが東映ヤクザ映画の基本路線となる。本作の大ヒットにより、岡田は東撮で仁侠路線を敷き、「人生劇場 飛車角」の続編二本の他、1963年7月、村田英雄主演で『浅草の侠客』(佐伯清監督)、10月、鶴田浩二主演で『昭和侠客伝』(石井輝男監督)をプロデュースし成績を伸ばし、1964年2月、京撮所長に再び戻った岡田は不振の時代劇を横目に、仁侠映画を興行の重要週間に配していく。7月鶴田浩二主演『博徒』、8月高倉健主演『日本侠客伝』、10月鶴田浩二主演『監獄博徒』、これらは全てが大ヒットした。これを受け1965年、会社の看板でもある正月映画から時代劇を創業以来初めて外し、鶴田浩二主演で任侠大作『博徒対テキ屋』をラインナップした。仁侠路線を成功させるべく、岡田は俊藤浩滋を外部から招きいれた。俊藤は先に挙げたように鶴田浩二の移籍や水原茂監督の東映フライヤーズ移籍など裏で動いていたが、俊藤が岡田に「プロデューサーにして欲しい」と頼んできたため、正式に任侠路線を統括するプロデューサーとして任じた。1965年、最大の稼ぎ頭だった中村錦之助主演の『徳川家康』、『冷飯とおさんとちゃん』が相次いで不入りに終わると岡田は遂に東映伝統の時代劇からの撤退を宣言する。この年予定されていた時代劇は大半を製作中止させた。大川博社長からの重要なミッションであった京撮のリストラと合わせ1965年を境に岡田は映画は任侠映画のみ製作、時代劇は全てテレビで製作するという大改革を行う。人生劇場 飛車角 フレッシュアイペディアより)

  • 日本侠客伝シリーズ

    日本侠客伝シリーズから見たリストラリストラ

    京撮所長に再び戻った岡田は不振の時代劇を横目に、仁侠映画路線への転換を目指し仁侠映画を興行の重要週間に配していく。1964年7月鶴田浩二主演の『博徒』に続いて8月に公開されたのが本作であった。岡田は仁侠路線となっても、沢島忠と中村錦之助を大黒柱に据えるつもりで『日本侠客伝』も、錦之助主演で企画を進めていた。ところがこの二人は任侠映画があまり好きではなかった。錦之助は田坂具隆監督の『鮫』の撮影が長引いていると話し、『日本侠客伝』には出演する気がないと判断した岡田は『人生劇場 飛車角』で宮川役を好演した高倉健を主役に抜擢した。一部の文献に「高倉の主役抜擢は俊藤」と書かれた物があるがそれは考えにくい。高倉は岡田の企画したギャングシリーズで売り出し中だったとはいえ、これといった大ヒット作がなく、いまひとつパッとしなかった。いまでこそ高倉は仁侠映画の大スターであるが、東撮育ちでギャング映画や美空ひばりの相手役の多かった高倉は、日本刀を持って切り込む姿が、まるで野球選手がバットを振り回しているようでマキノ監督も俊藤浩滋も頭を抱えた。これを受け岡田と俊藤は「やはり錦之助さんに一枚かんでもらおう。高倉では任侠の雰囲気が出ない」と笠原に錦之助が脇で出るシーンの書き足しを頼んだ。当然錦之助は出演を拒否したが「岡田さんが東撮から京都に戻ったら、岡田さんの企画する映画に必ず出演させてほしい」と書いた錦之助の古証文を持ち出し苦しい説得をした。このため第一作のみ錦之助が出演している。高倉がまだ主演級でないため、錦之助が主演のように書かれるケースもあるが、錦之助の撮影は僅か2日間であった。やくざ映画を厭がっていた錦之助だが、いったん出ると決まってからは、徹底して役柄を研究して撮影に挑んだ。錦之助が実に秀逸な残侠像を見せて、以来、ゲストスターの途中殴り込みがこの種の映画のパターンとなった。死を覚悟で仇の組に乗り込んで切りまくる錦之助の芝居は見事なやくざの芝居だったが、俊藤らが懸念していた高倉の芝居に新しい若い観客が予想外の反応を見せた。兵隊帰りの深川木場のとび職人を演じた高倉の、様式美よりもリアリスティックで粗削りの侠客の姿に圧倒されたのである。結果、映画は大ヒットし、それまで人気が燻っていた高倉は一気に東映の大看板になった。高倉は三白眼が邪魔になって、もうひとつ人気が伸びなかったが、やくざに扮して初めて"その処"を得たのである。"目千両"というが、"目つきの悪さ"で一代の財を築いたのは、高倉を措いてほかにない。錦之助の任侠映画出演は本作一本のみ。"この後岡田が京撮のリストラと仁侠路線を強化したことで、岡田が仁侠路線のエースコンビと期待していた沢島と錦之助は仁侠映画を嫌い、この後東映を退社した。京撮内には岡田や俊藤に反撥する者も多かった。俊藤は「錦之助が『日本侠客伝』に主演していれば、彼の映画スターとしての道は全く違っていたんじゃないかと思えて残念なんです」などと述べている。「日本侠客伝シリーズ」は「博徒シリーズ」と共に二大シリーズとして、出発したばかりに任侠路線を支えることになった。また高倉の台頭により看板スターは時代劇黄金期から一新され、鶴田浩二・高倉健を頂点に、その脇役から藤純子、若山富三郎、菅原文太らが次々と一本立ちし、再び磐石のスター・ローテーションが形成されることになった。日本侠客伝シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 名前をなくした女神

    名前をなくした女神から見たリストラリストラ

    ハウスメーカーに勤める秋山侑子は、結婚・出産後も仕事を続けていたが、会社からのリストラと引越を機に、健太が通い始めた近所の幼稚園『ひまわりの子幼稚園』で出会った、安野ちひろ、進藤真央、沢田利華子、本宮レイナ達と関わることで、息子を「お受験」させることを決意する。しかし、そこにはママ友の嫉妬や見栄、嘘、裏切りなど、様々な思惑が渦巻いていた。名前をなくした女神 フレッシュアイペディアより)

  • 天下り

    天下りから見たリストラリストラ

    地方公共団体においても、幹部職員が退職後に関連団体や出資法人における高位の職に就くことがあり、これも「天下り」と言われる。また、日本の民間企業でも、人事異動や企業買収にともなって似たような人事斡旋が行われることがある。その為、日本企業には必要以上に役職が多く、これが日本企業の生産性を下げていると終身雇用制度と共に批判されることもある。リストラの項も参照。天下り フレッシュアイペディアより)

  • 正社員

    正社員から見たリストラリストラ

    不況により企業は人件費の削減が求められ、正社員の採用自体が抑制される傾向にある。さらなる人件費の削減として、リストラ(リストラの本来の意味等は、リストラを参照)等から、正社員に対する解雇(実務的には正社員の解雇は極めて困難なため、硬軟あらゆる手段を用いて自主的に退職するよう仕向け、整理解雇は基本的に最終手段である)がおこなわれ、終身雇用制度は崩壊した。正社員 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
455件中 1 - 10件表示

「リストラ」のニューストピックワード

  • あの事件がなかったら、ゴーンの退場は5年早かったかもしれない

  • 絶対に反対だ。武田薬品の破滅をもたらす

  • 負けないようにやる