前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
358件中 1 - 10件表示
  • ハケンの品格

    ハケンの品格から見たリストラリストラ

    以前は正社員として東京中央信託銀行に勤めていたが、経営統合の際にリストラされた過去を持つ。退職後魚河岸でマグロの解体、せりなどの仕事を1年間していたが、突然解雇された。以上の経験から会社を信用しなくなり、今まで一緒に仕事をしてきた仲間と別れる辛さを味わいたくないために必要以上に人と関わりを持たなくなった。かつてはとても明るい性格であり、カラオケが得意だった。眉子やツネさんなど心を開いている者に対しては愛想良くしている。東海林に関しては第3話で「仕事はできる」と発言しており、この時点である程度認めている模様。ハケンの品格 フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン

    サラリーマンから見たリストラリストラ

    企業の側で、人件費節約のために正社員を減らすという傾向も強く、学生の脱サラリーマン志向は高まっている。サラリーマンの中でも、リストラに対抗して自己啓発に取り組んだり、会社以外に生きがいを求めたりと、会社頼みの生活から脱却しようとする姿が多く見られる。サラリーマン フレッシュアイペディアより)

  • 北海道拓殖銀行

    北海道拓殖銀行から見たリストラリストラ

    三貴は従前の法人を一旦清算した上で、休眠会社に営業譲渡する形をとって企業活動を存続させた。その後、従業員の給与3割カットや自主退職の勧奨といったリストラ策を行うなど、最盛期に比べ規模を大幅に縮小して営業を続けたが、2009年(平成21年)1月21日に東京地方裁判所に民事再生法の適用申請を行い、負債総額約117億円を残して経営破綻することとなった。北海道拓殖銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たリストラリストラ

    企業の設備投資は抑制されて、雇用不安の高まりで個人消費は低迷した。バブルの崩壊で巨額のキャピタルロスを生み出した。三洋証券の経営破綻によるコール市場でデフォルトが発生して、コール市場への資金供給は縮小した。その後、企業や経済のシステムは、アメリカ一極体制を背景に根こそぎアメリカ型に変わり、1980年代のアメリカを襲った整理解雇が、<リストラ>や<ダウンサイジング>という雇用者による労働者の解雇を正当化した名前が普及して、1990年代以降の日本でも増加した。企業は投機の含み損により不良債権を抱え、不良債権処理の問題が発生した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の労働運動史

    日本の労働運動史から見たリストラリストラ

    バブル崩壊を迎えた日本は、それまでの日本型の安定雇用社会の変革が叫ばれ、1980年代のアメリカを襲った整理解雇ブームは「リストラ」「希望退職」という名で日本に持ち込まれた。1999年には派遣法が改正され、一部の業種を除いて労働者派遣を自由化、就職氷河期に見舞われた若年層を中心に非正規雇用の労働者が激増した。しかし資本側による攻勢に対して労働組合側の対応は後手後手に回っていた。労働組合の組織率、組合員数は共に減少はこれまで以上に加速する。組織率では2005年には19.9%となり、戦後初めて組織率が20%を切った。日本の労働運動史 フレッシュアイペディアより)

  • 正社員

    正社員から見たリストラリストラ

    バブル景気全盛期からその崩壊に向かう1990年代前半頃までは特徴を満たす事が多かったが、バブル崩壊に伴い、様相が変わっている。不況により人件費の削減、終身雇用・年功序列から成果主義給与体系への変革。リストラ(リストラの本来の意味等は、リストラを参照)等から、正社員を特徴付けていた長期雇用慣行や賃金形態の仕組みは多様化していった。正社員 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原爽香

    杉原爽香から見たリストラリストラ

    爽香の10歳年上の兄。弱腰で妻・則子(のりこ)には頭が上がらない。3児の父でありながら、会社での浮気も多く、何かと爽香に面倒をかける。連帯保証人となって莫大な負債を抱え、リストラに合い、今では逆に妻が浮気する状態であるが、それでも懲りない。18作目では娘・綾香の十代での妊娠発覚と家出した所が描かれる。22作目では脳出血で倒れ、妻が息子の涼(りょう)を連れ家出する。杉原爽香 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の歴史

    日本航空の歴史から見たリストラリストラ

    しかし、国内外のホテルなどの余剰資産の売却や共同運航便やコードシェア便の増加、契約制客室乗務員制度の導入などによる人件費の削減、中東路線や南回りヨーロッパ線などの不採算路線の廃止、JALウェイズやJALエクスプレスなどの低コスト運航を行う子会社を設立し収益性の低い路線の運航を移管するなどの事業再構築を行った上、1994年にはホノルルや沖縄、オーストラリアなどのリゾート路線向けに「リゾッチャ」などのキャンペーンを導入し個人旅行客の取り込みや、円高による海外渡航者の回復などで1990年代半ばには経営状況が回復する。日本航空の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • サムスン電子

    サムスン電子から見たリストラリストラ

    1988年には半導体企業トップ10社のうち6社が日本企業だったが、1991年のバブル崩壊の直撃を受けて日本の半導体企業は資金繰りが悪化、メモリー事業撤退や工場閉鎖など大掛かりなリストラが行われた。ここで韓国政府のバックアップもあり、サムスン電子はリストラされた日本の半導体企業の技術者たちを技術顧問として高給でヘッドハンティングすることで最新技術を獲得していった。バブル崩壊後、サムスン電子には東芝のほかにも、松下電器(現パナソニック)、三洋電機、シャープ、NECなどの77人の日本人が技術顧問で在籍しており、サムスン電子の外国人技術者の殆どは日本人だった。サムスン電子 フレッシュアイペディアより)

  • 天下り

    天下りから見たリストラリストラ

    地方公共団体においても、幹部職員が退職後に関連団体や出資法人における高位の職に就くことがあり、これも「天下り」と言われる。また、日本の民間企業でも、人事異動や企業買収にともなって似たような人事斡旋が行われることがある。その為、日本企業には必要以上に役職が多く、これが日本企業の生産性を下げていると終身雇用制度と共に批判されることもある。リストラの項も参照。天下り フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
358件中 1 - 10件表示

「リストラ」のニューストピックワード