455件中 91 - 100件表示
  • 世界平和は一家団欒のあとに

    世界平和は一家団欒のあとにから見たリストラリストラ

    啓吾の父親。悪の組織・クリムゾンデスロードの元統領。1巻で軋人の回想に登場し2巻で本格的に登場。真っ赤なマントに雄々しい角を備えた兜が特徴的だったが軋人に組織を潰される。挙句の果てに軋人を道連れに基地ごと自爆しようとするも、軋人には逃げられたうえ、自らは自動脱出装置で逃げ延びてしまう。結果として志破れ以降は、いかにもリストラされたサラリーマンのようによれよれのスカジャンで日々仕事を探している。職歴は「秘密結社首領」であり、一組織を治めていただけに身内には心優しく人望も悪くない。また誰よりも家族を大切にしており、特に娘には「悪の道を歩んで自滅に向かうよりも平穏で普通な子を産み育てて未来を繋げる人生を歩んでほしい」と願い、娘に恨まれることすらも厭わずに悪の道には進ませまいとしていた。世界平和は一家団欒のあとに フレッシュアイペディアより)

  • 吉村信良

    吉村信良から見たリストラリストラ

    全日本合唱連盟役員への登用は、コンクールの実績もさることながら、会社経営者としての手腕を期待されてのもので、連盟では事務局長兼任副理事長を務め、主に財務畑を歩む。「ある年の総会に赤字予算を提出したんですよ。どうにもしょうがなかったので-ところがみなさんいとも簡単に承認なさったんです。そこでぼくはびっくりして、このままこれを実行したら、九百万円の赤字分をみなさんに出していただくことになるんですよと言ったんです。」と語ったように、昭和~平成初期の合唱連盟は「商店のどんぶり勘定の世界」であって、財政の確立とリストラが吉村にとっての急務であった。その後経費削減と、事業収入・広告収入の拡大により、元副理事長の前田二生から「吉村さんがきっちりソロバンをはじくようになって、だんだん安定してきましたね。」と評されるに至っている。いっぽう、吉村と同時期に副理事長を務めた辻正行は、当時の執行部を評して「年齢順は関屋・佐藤・辻・吉村 いばってる順は吉村・佐藤・関屋・辻」「一番まじめなのは佐藤、なんだか判らないのが吉村」と述べている。吉村信良 フレッシュアイペディアより)

  • 連結納税

    連結納税から見たリストラリストラ

    そして、近年における連結納税制度の論議は、平成8年3月経済団体連合会『連結納税制度に関する提言』において、「我が国経済の抜本的な構造改革は、21世紀に向けての不可欠課題である。経済活力の源泉たる企業活動の一層の効率化、活性化を目指し、企業は懸命にリストラを進めている。…分社化を選ぶか、社内部門での経営を選ぶかといった選択肢に対し、本来、税制は中立であるべきであり、事業形態によって税制上の不利益が生じることがあってはならない。親子会社の経済的一体性を重視した税制として連結納税制度を早急に導入すべきである。」と提言したことにより始まる。これは、日本経済のグローバル化・ボーダーレス化に伴う国際的競争の激化を身近に感じている経済界を中心に、日本企業の競争相手である米国およびEU加盟のヨーロッパ諸国においては既に連結納税制度を導入していることもあり、税制面においても欧米諸国の企業と同等の条件となる連結納税制度の導入を強く希望していたためである。連結納税 フレッシュアイペディアより)

  • くうねるところすむところ〜恋するニッカボッカ・ガール〜

    くうねるところすむところ〜恋するニッカボッカ・ガール〜から見たリストラリストラ

    ある日、梨央は上司の理不尽な態度に腹を立てて勤めていた商社を辞めてしまい、建設途中の家の足場でビールを飲んでいた。だが突然自分が足場の上にいることに気付き、慌てて右往左往しているところを徹男に助けられた。そのことで梨央は徹雄に淡い気持ちを抱き、徹男が勤める工務店にバイトとして雇ってもらう。ある日、現場監督だった人が会社を辞めてしまう。傾きかけた工務店に合併話が来ており、廃業せずに合併へ持っていきたい郷子は、何らかの失敗を起こしてくれるであろう梨央を現場監督にしてしまう。最初は、梨央を煙たがってい た大工たちだったが、梨央のやる気を認め、次第に現場監督として認め出す。そんな時、徹男の元に亮子から電話があり、娘の舞を返してほしいと言われて動揺し、現場で転落事故を起こしてしまう。大した怪我ではなかったが、一日入院を余儀なくなり、舞の世話を梨央に頼むことにした。しかし翌日、大工たちのいる前で梨央は郷子から合併を提案される。廃業するか2人リストラして合併するかの選択を迫られる中、自分の責任を感じた徹男は自ら辞めるといい、巌はボイコットを告げ、大工たちを引き連れ去ってしまう…くうねるところすむところ〜恋するニッカボッカ・ガール〜 フレッシュアイペディアより)

  • 免職

    免職から見たリストラリストラ

    分限免職(ぶんげんめんしょく)は、公務員に対する「身分保障の限界」という意味で、組織の能率的運営の維持・確保を目的として行われる免職のこと。具体的には、財政悪化などに伴う人員の整理削減(いわゆるリストラ)、事故・災害による死亡または長期間の行方不明、心身の故障等による職務への従事不能・勤務成績不良、公務員として適格性を欠くことなどを理由に行う。通常の退職手当が満額支給されるが行方不明の場合、その理由が単なる出勤拒否や職務の放棄、借金取り立ての回避など、著しく正当性を欠いている場合には職務懈怠として懲戒免職になることがある。社会保険庁が日本年金機構に移行した際に、懲戒処分を受けた社会保険庁職員に対して、大量の分限免職者が発生した。免職 フレッシュアイペディアより)

  • ぎゃるかん

    ぎゃるかんから見たリストラリストラ

    音航一郎は小さな証券会社に勤めていたが、外資に買収されたことによりリストラで解雇されてしまう。就職活動を続ける中で、偶然届いた大学時代のゼミ同窓会のお知らせを見て、そのツテから行き着いたゼミの先輩・水原尚子が経営する会社の面接に臨み、会社の内容を知らされないまま、すぐに営業社員として採用される。しかし、そこは社員が女だけのエロゲー会社だった……。ぎゃるかん フレッシュアイペディアより)

  • ワング・ラボラトリーズ

    ワング・ラボラトリーズから見たリストラリストラ

    1986年、フレッド・ワングは36歳の若さでワング・ラボラトリーズの社長に就任した。1989年8月4日、アン・ワングは息子を解雇した。後任として1988年から勤めていた Richard W. Miller が社長に就任した。1989年12月、Miller はソフトウェアの各種業界標準を採用するという方針転換を発表した。アン・ワングが1990年3月に死去すると、大規模なリストラが敢行され、1990年8月には銀行からの借金を返済したが、年度としては赤字を記録した。ワング・ラボラトリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ターニャ・フォン・デグレチャフ

    ターニャ・フォン・デグレチャフから見たリストラリストラ

    元は日本に住む男性サラリーマン(声 - 鳥海浩輔)で管理職を務めており、職務に忠実な上に上昇志向の持ち主。リストラを通告した元同僚の逆恨みにより駅のホームにいたところを線路に突き落とされ、命を落とすこととなり、転生前に神を名乗る存在Xと謁見することになる。しかし無神論者である彼は、目の前の存在が本物の神である可能性を全否定してまともに取り合わず、その「不信心」に怒った存在Xによって「神への信仰を取り戻すように」と魔法の存在する、ヨーロッパに似た戦争前夜の異世界に女児(ターニャ・デグレチャフ)として転生させられる。?転生先の帝国は戦争不可避の開戦前夜の熱狂に包まれており、戦争は避けられない状況でターニャ自身に魔導師適性があるせいで将来的に確実に徴兵がくる身の上だとすれば、士官学校への入学して優秀な成績をおさめ、安全な後方勤務ができる軍官僚になろうと画策。?しかし士官学校の実地訓練にて北方の国境部隊に派遣されている時期にレドガニア協商連合の越境を確認。国境紛争が勃発し少尉となり観測任務を行うこととなる。しかし、観測任務最中に敵協商連合魔道中隊と接敵してしまい敵一個魔導中隊に単騎で600秒の遅滞戦闘を貫徹。スコア撃墜確実4・不明2と初戦でエース級の活躍を見せ、英雄しか生きて貰えないという銀翼突撃章を授与されてしまう。?その後、本国戦技教導隊付き、技術検証要員として出向するが、新型演算宝珠の試験テストでとんでもない代物だと発覚。そのためテストで自身の命の危険を悟り転属を何度も申し出る。やっと転属が認められるが、その転属間際に新型演算宝珠「エレニウム95式」のテストを強引に行われてしまう。制御不能で誘爆寸前であったが存在Xの祝福により95式は完成する。完成した95式をひっさげライン戦線にて第205強襲魔導中隊第3小隊長に就任する。魔導師としての戦闘技術や指揮能力は超一流で、一兵士・部隊長のいずれにおいても抜きんでた戦果を挙げ、中尉に昇進、軍大学へ入学する。軍大学では軍大学の成績上位12人に授与される「12騎士」に選ばれるほどの成績で「フォン」の称号を獲得。ターニャ・フォン・デグレチャフ フレッシュアイペディアより)

  • 生産技術

    生産技術から見たリストラリストラ

    売り上げが低下したときには、この損益分岐点を低くするためにリストラなどが行われることがある。生産技術 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の労働組合

    日本航空の労働組合から見たリストラリストラ

    日本航空の経営状況が悪化していた2008年当時でさえ、反会社側組合が、『安全のために十分に休息を取る必要性』を理由として、業務移動時のグリーン車やファーストクラス(同クラスの設定がない場合はビジネスクラス)の使用や通常出勤時のハイヤーの使用(なおこれらは同社内では管理職社員のみならず、役員でも行われていない)を要求し、実現させてきたことに対して、「会社の経営状況を省みない非常識ともいえる要求をしている」として、乗客や株主の中からも「危機感が欠如している」、「特権意識丸出しの労働貴族そのものの非常識な要求だ」などとの批判が会社側組合からされている。個人筆頭株主の糸山英太郎は、日本航空の会社更生法以前(2007年6月)に自身のウェブサイトで「元々高賃金の日本航空が存続をかけてリストラをしている最中に、一切の賃下げを認めない労組が八つとはお客様の理解が得られない」と発言していたとされる。日本航空の労働組合 フレッシュアイペディアより)

455件中 91 - 100件表示

「リストラ」のニューストピックワード

  • あの事件がなかったら、ゴーンの退場は5年早かったかもしれない

  • 絶対に反対だ。武田薬品の破滅をもたらす

  • 負けないようにやる