358件中 21 - 30件表示
  • 時短 (労働)

    時短 (労働)から見たリストラリストラ

    しかし、その後不況が長引く中、1990年代後半には多くの企業がリストラを断行し、正社員の数が急減した。そのため一人当たりの仕事量は増加し、過労問題はむしろ深刻化した。またサービス残業が広く行われるようにもなった。時短 (労働) フレッシュアイペディアより)

  • 小原敏人

    小原敏人から見たリストラクチャリングリストラ

    1986年日本碍子代表取締役社長、1994年代表取締役会長、2002年相談役、2007年特別顧問。多角化路線をとり、エンジニアリング事業、セラミックス事業、電子部品事業、金属事業などを展開し、収益の柱に育てた。一方、連結の経営悪化に伴い、子会社再建等、グループのリストラクチャリングにあたった。小原敏人 フレッシュアイペディアより)

  • 宝交通

    宝交通から見たリストラリストラ

    南営業所に統合され事業の再構築(リストラ)を進めている。宝交通 フレッシュアイペディアより)

  • 大慶油田

    大慶油田から見たリストラリストラ

    1960年代の開発時には、多数の労働者を人海戦術で投入。他国(少なくともアメリカ合衆国)の技術を用いずに施設を完成させたとして、労働者の模範的職場として賞賛され、「工業では大慶に学べ」というスローガンが生まれた。近代的な工業施設の象徴として、1970年代?1990年代の日本の地理の教科書にも掲載されていたが、中国のWTO加入により国際的な価格競争にさらされ、1990年代以降は著しい合理化が進められた。この結果、労働者の大量リストラ、レイオフが発生。中国では珍しい退職者も含めた大規模デモが発生した。また、大規模な天然ガス噴出事故に伴う労働災害が発生するなど、中国における労働者事情を語る上で、未だ頻出するキーワードの一つとなっている。大慶油田 フレッシュアイペディアより)

  • 仙石騒動

    仙石騒動から見たリストラリストラ

    第6代藩主仙石政美の代になると仙石藩の財政は逼迫し、藩政改革の機運が盛り上がった。仙石氏一門で行政の最高責任者の筆頭家老仙石左京は重商主義的産業振興策とリストラ策を掲げ、同じく一門で財政責任者である勝手方頭取家老仙石造酒は質素倹約令の励行という保守的な政策と大量に発行された藩札を回収することを主張し対立した。藩主政美は左京の政策を支持し、強い権限を与え藩政改革にあたらせた。それを背景に左京は藩士の俸禄の一部を強制的に借り上げるリストラ策と藩営の物産会所を設置し、御用商人以外を締め出す代わりに御用商人から徴収している運上金の金額を大幅に値上げするなどの改革を推進する。しかし、はかばかしい成果がなかなか上がらず、藩士や領外の商人、多額の運上金を課せられた御用商人からも反発が出、政美は左京の政策を一時停止させ、一時失脚していた造酒を復権させ藩政を執らせた。しかし、その直後に藩主政美が急死する。仙石騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利興

    前田利興から見たリストラリストラ

    延宝6年(1678年)5月27日、第2代藩主・前田正甫の次男として富山で生まれる。宝永3年(1706年)に父が死去したため、家督を継承して第3代藩主となる。藩主となってから財政再建を主とした藩政改革に着手し、60名の藩士のリストラ、年貢連帯責任制の強化、奢侈禁止令の実施、タバコ・醤油などの流通統制などを行なったが、正徳3年(1713年)の増上寺の手伝い普請をはじめ、正徳4年(1714年)の富山城本丸の焼失、享保8年(1723年)の富山城石垣普請などの出費で1万7000石の借財を作るなどしたことから、効果は無かった。前田利興 フレッシュアイペディアより)

  • 関義友

    関義友から見たリストラリストラ

    大阪市生まれ、兵庫県宝塚市で育つ。1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故に衝撃を受け、反原発活動に身を投じる。その後、市場調査会社・不動産会社などに勤務。留学生を講師とする韓国語・中国語・インドネシア語講座の開校に携わっていたが不動産会社をリストラされ、近隣の商店街関係者らと「関組★多文化共生事業部」を立ち上げたがこの際に関組長(せきくみちょう)を自称し、現在もこの通称を使用している。関義友 フレッシュアイペディアより)

  • 西條笑児

    西條笑児から見たリストラリストラ

    1966年、それまで勤務していた広告代理店をリストラされたことを機に兄とコンビを結成し漫才師デビュー。神戸を中心にラジオのパーソナリティーを長年勤めた。西條笑児 フレッシュアイペディアより)

  • くうねるところすむところ〜恋するニッカボッカ・ガール〜

    くうねるところすむところ〜恋するニッカボッカ・ガール〜から見たリストラリストラ

    ある日、梨央は上司の理不尽な態度に腹を立てて勤めていた商社を辞めてしまい、建設途中の家の足場でビールを飲んでいた。だが突然自分が足場の上にいることに気付き、慌てて右往左往しているところを徹男に助けられた。そのことで梨央は徹雄に淡い気持ちを抱き、徹男が勤める工務店にバイトとして雇ってもらう。ある日、現場監督だった人が会社を辞めてしまう。傾きかけた工務店に合併話が来ており、廃業せずに合併へ持っていきたい郷子は、何らかの失敗を起こしてくれるであろう梨央を現場監督にしてしまう。最初は、梨央を煙たがってい た大工たちだったが、梨央のやる気を認め、次第に現場監督して認め出す。そんな時、徹男の元に亮子から電話があり、娘の舞を返してほしいと言われて動揺し、現場で転落事故を起こしてしまう。大した怪我ではなかったが、一日入院を余儀なくなり、舞の世話を梨央に頼むことにした。しかし翌日、大工たちのいる前で梨央は郷子から合併を提案される。廃業するか2人リストラして合併するかの選択を迫られる中、自分の責任を感じた徹男は自ら辞めるといい、巌はボイコットを告げ、大工たちを引き連れ去ってしまう…くうねるところすむところ〜恋するニッカボッカ・ガール〜 フレッシュアイペディアより)

  • 社会参加

    社会参加から見たリストラリストラ

    もしフリーアルバイターだけで生活の糧が得られ、老後の貯えも出来るのであれば、他者がとやかく言う筋合いはない。高学歴者が、仕事以外にしたいことがあってフリーアルバイターになる場合はある。高校の勉強が出来ただけで、目標も自覚もないまま高学歴を得てしまい、フリーアルバイターになる場合もある。ただ、フリーアルバイターだけでは、職業技能の獲得に限界があり、リストラの標的になりやすいなど、生活が不安定になるのは周知のことである。社会参加 フレッシュアイペディアより)

358件中 21 - 30件表示

「リストラ」のニューストピックワード