455件中 41 - 50件表示
  • 世界で一番熱い夏

    世界で一番熱い夏から見たリストラリストラ

    ホームレスでリストラされた元会社員。妻から三行半を言い渡された。いつもスーツを着ている。世界で一番熱い夏 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木喬

    鈴木喬から見たリストラリストラ

    取締役を10人から5人に削減したり、品種削減、工場閉鎖などのリストラを行う一方、新商品を絞り込み、消臭剤「消臭ポット」、「消臭力」、「脱臭炭」、電子式消臭芳香剤の新商品をヒットさせる。疲労がつのり、2004年に1ヶ月間入院した。2005年には創業以来最高の純利益18億円を達成した。また、売上高を社長就任時から20パーセント増やし452億円とした。鈴木喬 フレッシュアイペディアより)

  • 口福の人

    口福の人から見たリストラリストラ

    表紙に「読むだけで元気! 日本全国食体験漫画!!」とあるように、日本全国からの食材を「口福レポート」として素材にした料理漫画である。主人公の美野川 愛(みのかわ あい)は『口福は幸福の素』をモットーにしている農水省のキャリアで省内一の才色(食)兼備のホープである。その彼女が配属されたのはリストラルームのような部署。飽食や美食を脱して21世紀に日本人の食卓と健康を支える日本の伝承食を探し出すプロジェクトを開始する。口福の人 フレッシュアイペディアより)

  • テンパリ!

    テンパリ!から見たリストラリストラ

    昔からこれと言って夢中になれるものがなかった面城菊子。夢も目標もないままOLを続けてきたが、30歳を目前に突然リストラされ、追い討ちを駆けるように彼氏にも捨てられてしまう。テンパリ! フレッシュアイペディアより)

  • 御用組合

    御用組合から見たリストラリストラ

    本来、被用者(労働者)によって組織されている労働組合は、労働組合法によって雇用者(使用者)側の直接の介入を禁じるものと定義づけられているが、間接的な介入によって合法的に、または監督機関の目を盗んでの直接的な介入によって雇用者側は労働組合を手中に収める事が可能である(例えば組合幹部へ出世を約束することを引き換えに首切りや給与増加保留に応じさせる、など)。こうして雇用者側に支配された労働組合をこのように呼ぶ。これらの行為は日本においては労働組合法で支配介入として禁止されている。御用組合 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター

    1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーターから見たリストラリストラ

    ご多分にもれず、時はバブル崩壊後の不景気の真っただ中、ここ最近業績を挙げていない幸輔は研究所から広報部の部長代理への移動(一応昇進で給与も少し上がるが、幸輔にすれば左遷されたも同じであった)の内示を受けるが、研究所で仕事をしたい気持ちと家族を養わなければならない(内示を断れば結局最終的にはリストラされてしまう)という現実のはざまで苦悩する。1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター フレッシュアイペディアより)

  • 不当解雇

    不当解雇から見たリストラリストラ

    使用者は法律等に定められた要件を満たしていれば基本的に解雇ができるとされているが、使用者自体が法律や労働慣例に詳しくなかったり(過失)、悪意(故意)を持っているなどで、必要な要件を満たさないまま不当解雇を行なうことも少なくない。現在では、不況に伴いリストラの最終手段としての人員整理において、不当解雇の存在が見逃せなくなっている。近年では、会社側が内部告発をした社員などに対し、逆に社員に言いがかりを付けて懲戒にする不当懲戒解雇も問題になっている。弁明の手続きがあっても、他の懲戒相当ケースと比べ明らかに重い処分をする場合は、不当懲戒処分である社員不平等扱いの可能性が高い。なお、退職強要も法律的な解釈から見れば、労働者の意思を制圧したことの要件が加わることになるので、不当解雇の要素の1つとなる。不当解雇 フレッシュアイペディアより)

  • 登石雋一

    登石雋一から見たリストラリストラ

    1971年(昭和46年)には東映本社の人事部長、岡田茂社長就任後の翌1972年(昭和47年)6月30日には東映動画の代表取締役社長に就任(兼任)、1974年(昭和49年)には東映の取締役企画製作部長・経営企画室長に就任している。東映動画社長時代は、就任1週間後の7月7日に希望退職の募集を開始、企業合理化を試みるとともに、1973年(昭和48年)3月17日公開の『パンダの大冒険』(監督芹川有吾)等を製作した。その傍らで、1977年(昭和52年)6月9日 - 同11日、三百人劇場で行われた東大演劇同窓会第1回公演『』(演出岩淵達治、原作ベルトルト・ブレヒト)に出演、成島庸夫、田村孟、佐藤純彌らとともに「貧民」役を演じたほか、劇映画においても、1979年(昭和54年)7月21日に公開された『わが青春のイレブン』(監督降旗康男)に出演し、「サッカー部長」を演じた。同月には、企画製作部長を退任して後任の高岩淡(1930年 - )に引き継ぎ、東映の取締役経営企画室長の役職を残し、当時東京証券取引所第2部上場企業であった東映関係会社・東映化学工業(1961年10月上場、2007年3月27日上場廃止)の専務取締役に就任した。登石雋一 フレッシュアイペディアより)

  • 組曲「天下御免の回り物」より 第一章カネ(マネーに捧ぐ)

    組曲「天下御免の回り物」より 第一章カネ(マネーに捧ぐ)から見たリストラリストラ

    1990年11月10日に発売されたアルバム「ORAGAYO 〜in the 7th heaven〜」には、本曲と共にこの曲の第二章として製作された「組曲『天下御免の回り物』より 第二章明日は晴れるだろう」が収録されている。本曲が明るい作風なのに比べ、第二章は不景気やリストラを一人の少年の目線で描いている。組曲「天下御免の回り物」より 第一章カネ(マネーに捧ぐ) フレッシュアイペディアより)

  • 東京近鉄観光バス

    東京近鉄観光バスから見たリストラリストラ

    しかし、近鉄本社のリストラの一環として、2001年10月に人材派遣・業務請負業大手のクリスタルに売却し、株式会社クリスタル観光バスとなった。車両の塗装は、東京近鉄時代のものを継承していた(クリスタルのロゴを入れるなどの小変更のみ)。以後クリスタルは大手私鉄系観光バス会社を次々と買収し規模を拡大したが、クリスタルはグッドウィルグループに移り、グッドウィルは本業の人材派遣業に特化させる観点上、それ以外の事業の切り離しのため2007年7月には親会社が大阪バスに移り、社名も東京バスに変わっている。東京近鉄観光バス フレッシュアイペディアより)

455件中 41 - 50件表示

「リストラ」のニューストピックワード

  • あの事件がなかったら、ゴーンの退場は5年早かったかもしれない

  • 絶対に反対だ。武田薬品の破滅をもたらす

  • 負けないようにやる