455件中 61 - 70件表示
  • 松本藩

    松本藩から見たリストラリストラ

    水野家改易後の10月、かつて松本藩主であった松平康長の系統を継いでいた志摩鳥羽藩主の松平光慈が6万石で入り、以後戸田松平家9代の支配を経る。松平光慈の移封に関してはこの2ヶ月前の8月(あるいは9月)に光慈が老中松平乗邑に鳥羽の地は領分が狭くて収納も少なく勝手向も甚だ難渋して家来の撫育も行き届かず、公務も甚だ心許ないとして自ら請願して松本への移封を望んだといわれる。だが入封直後の享保12年(1727年)閏1月1日には本丸御殿が火災に見舞われた。光慈は戸田十五郎を登用して享保の財政改革を行なった。既に戸田松平家は前の火災をはじめ、引越し費用に合計2500両の借財も重ねており、財政難はこの時から始まっていた。光慈は自ら藩財政の危急を家中に訴え、倹約やリストラを推し進めた。一方で領民に対しても法度を制定して治世の基本法とした。光慈は早世して弟の光雄が第2代藩主となり、彼は武芸を重んじて奨励した。だが光雄も若死し、2代の藩主が連続して早々に不幸が相次いだ物入りのため、借財は1万8000両に膨らむことになった。このため宝暦7年(1757年)から家臣の俸禄減知が行なわれ、その後も明和から文久まで3年から5年の期間で減知が繰り返された。このため領民からの御用金、いわゆる拝借金への依存度が高まり、以後廃藩まで戸田松平家は御用金頼みの財政が続いた。安永期にも財政再建を目的とした藩政改革が第5代藩主光悌により行なわれたが、あまり効果はなかった。松本藩 フレッシュアイペディアより)

  • たんていぶ

    たんていぶから見たリストラリストラ

    将来は公務員になってリストラとは無縁の平穏な人生を送る事を望んでいるが、その不運な体質のせいでクラスメイト達からは「無理」と一蹴される。たんていぶ フレッシュアイペディアより)

  • 工藤正

    工藤正から見たリストラリストラ

    同行発足直後、勘定系システムに障害が発生。責任を追及され、対処にあたった。また不良債権問題も深刻化し、みずほコーポレート銀行と共同して企業再生プロジェクトを進め、自行でもリストラやシステム全面統合を行い経費の節減を図った。さらには、みずほインベスターズ証券との共同店舗設置やクレディセゾンやオリコとの提携など、収益力とリテール分野の強化にも取り組んだ。工藤正 フレッシュアイペディアより)

  • シスター・ルカは祈らないで!!

    シスター・ルカは祈らないで!!から見たリストラリストラ

    髪をツインシニヨン(ツインテールとシニヨンを合わせたような髪型)にした少女。初登場時は紙袋をかぶり、リストラされた48歳のおっさんの変装(?)をして登場し、その際漏らしたが本人は否定。ルカと過去に因縁があり、ルカと対決しようとしたが、後に教会で働くようになる。シスター・ルカは祈らないで!! フレッシュアイペディアより)

  • 労働移動支援助成金

    労働移動支援助成金から見たリストラリストラ

    労働移動支援助成金(ろうどうしゃいどうしえんじょせいきん)とは厚生労働省によって行われている政策の一つ。これは企業が事業規模を縮小させるなどで労働者の離職を余儀無くする場合に、その企業が労働者等に対しての再就職支援を職業紹介会社に委託したり、労働者に求職活動のための休暇を付与する場合に企業に助成金を支給するというもの。この制度に対しては政府がリストラを推奨しているという批判が存在する。当初はこの制度は中小企業のみが対象であったが、2014年3月より対象を大企業にまで拡大している。そしてこの政策の予算規模は2億円程度であったのが約300億円にまで拡充された。この制度によって労働者をリストラをする企業も再就職を斡旋する企業も恩恵を受けることができるようになるものの、リストラされた労働者だけが恩恵を受けることができないと見られている。金額は再就職が決まった場合に支援会社への委託費用のうち最大60万円が支給される。再就職が決まらなかった場合にでも支援会社に委託をしただけで10万円が支給される。このことから企業は労働者を解雇して、その労働者を再就職支援会社に紹介するだけで金銭を得られ、リストラをするコストを国が負担してくれるということになる。労働移動支援助成金 フレッシュアイペディアより)

  • 企業内教育

    企業内教育から見たリストラリストラ

    企業内教育は、従業者が業務を適正にこなせるようにするものである。しかし、まれに自主退職などの形で従業者を辞めさせるべく精神的に追い込むために、無理な条件を提示したり、無味乾燥な作業に従事させることを「教育」と称し、リストラ対象とされた従業者を苦しめる行為も報道され、社会問題として問題視された例もある。企業内教育 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正任

    井上正任から見たリストラリストラ

    元禄5年(1692年)11月12日に美濃郡上藩に移封された。このとき、財政上の理由から家臣団をリストラしている。元禄6年(1693年)9月2日、家督を次男の正岑に譲って隠居した。元禄13年(1701年)12月16日に死去した。享年71。井上正任 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄ミュージックジャーニー

    沖縄ミュージックジャーニーから見たリストラリストラ

    幸田は当初から放送期間を2年間に設定し、当時の公式サイトで「2年間で沖縄の音楽史を一通り巡る」という趣旨のコメントを載せていた。このため、2012年9月を以って“予定通り”に番組は終了となった。ただ、NHKのリストラにより、『うちなぁジョッキー』の定時放送再開は無い。沖縄ミュージックジャーニー フレッシュアイペディアより)

  • ポチ極道

    ポチ極道から見たリストラリストラ

    マー助の母。初めて付き合った男性がヤクザで処女を強姦同然に失う過去を持ちパパリストラ後にはパートタイマー、アパートの頃には造花の内職に精をだすようになる。ポチ極道 フレッシュアイペディアより)

  • SHOP自分

    SHOP自分から見たリストラリストラ

    柳沢には『瑠璃色ゼネレーション』や『妻をめとらば』など、サラリーマンを主題にする漫画が多い。しかし、連載されていた時期はリストラや就職氷河期等の雇用不安が増大した時期であり、本作では会社の倒産で職や住む所を失った男が生きるために奮闘する姿が描かれている。登場人物の多くは秘密を持っていて、主人公が惑わされる展開が多い。SHOP自分 フレッシュアイペディアより)

455件中 61 - 70件表示

「リストラ」のニューストピックワード