前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
256件中 1 - 10件表示
  • 電気自動車

    電気自動車から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    電池を用いた方式は構造が単純であるため、自動車の黎明期から今日まで遊園地の遊具、フォークリフト、ゴルフカートなどに多く使用されてきた。日本では築地市場などで運搬に利用される、ターレットトラックとしても用いられている。しかし、二次電池は出力やエネルギーあたりの質量が大きく、コストも高く、寿命も不十分であった。また、急速な充電を避ける必要もあり、稼働時間に対し長い充電時間も短所であった。そのため、交通機関の主流たりえなかった。近年、出力・エネルギー密度が高く、繰り返しの充放電でも劣化の少ないリチウムイオン二次電池の発展により、電気自動車が注目されるようになってきた。電気自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 電気自動車

    電気自動車から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    しかし近年三菱・i-MiEVや日産・リーフなどリチウムイオン電池を搭載した高性能な電気自動車が順調に販売を伸ばしており、2011年累計ではそれぞれ2290台、10310台である。電気自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    20世紀後半の1980年代になると導電性プラスチックポリアセチレンの発見に端を発する高性能なリチウムイオン二次電池や、小型で強力なモーターを可能にするネオジム磁石が相次いで日本で開発され、電気自動車に必要な技術が急速に発展した。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • 水島公一

    水島公一から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    水島公一(1941年1月30日 - )は、日本の物理学者、材料科学者。リチウムイオン二次電池の陽極材であるコバルト酸リチウム(LiCoO)など、一連の物質を発見した。現在、東芝リサーチ・コンサルティング(株)シニアフェロー。水島公一 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野彰

    吉野彰から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    携帯電話やパソコンなどに用いられるリチウムイオン二次電池の発明者の一人。吉野彰 フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation Portable

    PlayStation Portableから見たリチウムイオンバッテリーリチウムイオン二次電池

    内蔵リチウムイオンバッテリー(3.6V/1,800mAh。別売りで2,200mAhもある)PlayStation Portable フレッシュアイペディアより)

  • 国際化学オリンピック

    国際化学オリンピックから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    また、試験問題の中には、その国に関連した、いわゆる「ご当地問題」が出ることが多い。例として、2010年の日本大会では、リチウムイオン電池や、フグのテトロドトキシンについての問題が出題され、2005年の台湾大会ではアジア最大の金鉱山があることから、金の抽出に関する問題が、また2004年のドイツ大会では開催地のキールでオットー・ディールス教授と弟子のクルト・アルダーが発見したディールス・アルダー反応に関する問題が出題された。国際化学オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • OLPC XO-1

    OLPC XO-1から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    2セルの充電可能LiFePO4バッテリーパック。最小2800mAh、平均2900mAhで、100%まで使用可能。0から60℃で充電可能。OLPC XO-1 フレッシュアイペディアより)

  • 人造黒鉛

    人造黒鉛から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    黒鉛は一般的には天然黒鉛を指す。天然黒鉛は鉛筆など身近にもあるが、人造黒鉛はリチウムイオン電池の負極材、自動車のブレーキ材、人造黒鉛電極など、やや特殊な用途に使われている。人造黒鉛 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の電気式気動車

    日本の電気式気動車から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    システム的には電気式気動車に回生電力吸収用の蓄電池を設けた構造であり、日本における半世紀ぶりの電気式気動車とも言える。日本の電気式気動車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
256件中 1 - 10件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード