前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
385件中 1 - 10件表示
  • 電気自動車

    電気自動車から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    電池を用いた方式は構造が単純であるため、自動車の黎明期から今日まで遊園地の遊具、フォークリフト、ゴルフカートなどに多く使用されてきた。日本では築地市場などで運搬に利用される、ターレットトラックでもその数を増やしている。しかし、従来の二次電池は、出力やエネルギーあたりの体積と質量が大きく、コストも高く、寿命も不十分であった。また、急速な充電を避ける必要もあり、稼働時間に対し長い充電時間も短所であった。そのため、交通機関の主流たりえなかった。近年、出力・エネルギー密度が高く、繰り返しの充放電でも劣化の少ないリチウムイオン二次電池の発展により、電気自動車が注目されている。電気自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 電気自動車

    電気自動車から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    ガソリンの質量エネルギー密度(単位質量あたりのエネルギー量)は約42MJ/kgであるが、リチウムイオン電池では100 - 200Wh/kg (0.36M - 0.72MJ/kg) と、60 - 120倍もの差がある。しかし、ガソリン車の車両効率は20〜30%程度であるのに対し、電気自動車は80%以上の効率を持つ。仮に60倍の差があると仮定した場合、実質的に取り出せるエネルギー量の差は15倍にまで縮まる。(こうした考えを 車両効率:Tank to Whell Efficiency と呼ぶ)電気自動車 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオンポリマー二次電池

    リチウムイオンポリマー二次電池から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    リチウムイオンポリマー二次電池(リチウムイオンポリマーにじでんち)またはLiPo、Li-Po、リポ、リチウムポリマー、ポリマー電池は、リチウムイオン二次電池の一種である(以下ポリマー電池と記す)。リチウムイオンポリマー二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • フロー電池

    フロー電池から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    レドックス(酸化還元)フロー電池は、電気化学種が電解液に溶解している二次電池であり、再充電が可能である。従来型電池のような固体内拡散やインターカレーションではなく、不均一電子移動反応を用いるため、化学電池というより燃料電池といったほうがより適切である。産業的には、燃料電池は H2/O2 型のように一次電池と考えられることが多いが、それに限られるものではない。NASAのヘリオス試作機に搭載されたも可逆型燃料電池の例として挙げられる。ではレドックスフロー電池 (H01M8/18C4) を再生型燃料電池 (H01M8/18) の下位分類として位置付けている。レドックスフロー電池の例として、バナジウムレドックスフロー電池や (Regenesys)、ウランレドックスフロー電池が挙げられる。レドックス燃料電池は商業的にはあまり一般的ではないが、多くのシステムが提案されている。フロー電池 フレッシュアイペディアより)

  • 水島公一

    水島公一から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    水島公一(みずしま こういち、1941年1月30日 - )は、日本の物理学者、材料科学者。リチウムイオン二次電池の陽極材であるコバルト酸リチウム(LiCoO)など、一連の物質を発見した。現在、東芝リサーチ・コンサルティング(株)シニアフェロー。東京都北区出身。水島公一 フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation Portable

    PlayStation Portableから見たリチウムイオンバッテリーリチウムイオン二次電池

    内蔵リチウムイオンバッテリー(3.6V/1,800mAh。別売りで2,200mAhもある)PlayStation Portable フレッシュアイペディアより)

  • 吉野彰

    吉野彰から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    携帯電話やパソコンなどに用いられるリチウムイオン二次電池の発明者の一人。吉野彰 フレッシュアイペディアより)

  • リチウム

    リチウムから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    1817年にヨアン・オーガスト・アルフェドソンがペタル石の分析によって発見した。アルフェドソンの所属していた研究室の主催者であったイェンス・ベルセリウスによって、ギリシャ語で「石」を意味する lithos に由来してリチウムと名付けられた。アルフェドソンは金属リチウムの単離には成功せず、1821年にウィリアム・トマス・ブランドが電気分解によって初めて金属リチウムの単離に成功した。1923年にドイツのメタルゲゼルシャフト社が溶融塩電解による金属リチウムの工業的生産法を発見し、その後の金属リチウム生産へと繋がっていった。第二次世界大戦の戦中戦後には航空機用の耐熱グリースとしての小さな需要しかなかったが、冷戦下には水素爆弾製造のための需要が急激に増加した。その後冷戦の終了により核兵器用のリチウムの需要が大幅に冷え込んだものの、2000年代までにはリチウムイオン二次電池用のリチウム需要が増加している。リチウム フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    20世紀後半になると導電性プラスチックポリアセチレンの発見に端を発する高性能なリチウムイオン二次電池や、小型で強力なモーターを可能にするネオジム磁石が相次いで日本で開発され、電気自動車に必要な技術が急速に発展した。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・FT-EV

    トヨタ・FT-EVから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    FT-EVは、2009年1月に北米国際オートショーにて発表された。リチウムイオン二次電池を搭載し、航続距離は約80kmとされる。乗車定員は4人。トヨタ・FT-EV フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
385件中 1 - 10件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード