385件中 11 - 20件表示
  • クラスメイトPC

    クラスメイトPCから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    4-セル Li-ion電池(アダプタ付き) - 約2.5時間使用可能クラスメイトPC フレッシュアイペディアより)

  • 人造黒鉛

    人造黒鉛から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    黒鉛は一般的には天然黒鉛を指す。天然黒鉛は鉛筆など身近にもあるが、人造黒鉛はリチウムイオン電池の負極材、自動車のブレーキ材、人造黒鉛電極など、やや特殊な用途に使われている。人造黒鉛 フレッシュアイペディアより)

  • 改良型SEAL輸送システム

    改良型SEAL輸送システムから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    騒音問題を克服するために複合材料製の新型スクリューが開発された。銀-亜鉛電池を代替し海軍の要求水準を満足させるリチウムイオン電池の開発は進行中である。Yardney Technical Products社(Pawcatuck、コネチカット州)は、2009年5月までに改良された4基のリチウムイオン電池を供給する4400万ドルの契約を結んでいる。改良型SEAL輸送システム フレッシュアイペディアより)

  • 日立マクセルエナジー

    日立マクセルエナジーから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    日立マクセルエナジー株式会社(ひたちマクセルエナジー、)は、かつて存在した、リチウムイオン電池やボタン電池、乾電池などの製造・販売を販売する日立グループの会社である。日立マクセルエナジー フレッシュアイペディアより)

  • OLPC XO-1

    OLPC XO-1から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    2セルの充電可能LiFePO4バッテリーパック。最小2800mAh、平均2900mAhで、100%まで使用可能。0から60℃で充電可能。OLPC XO-1 フレッシュアイペディアより)

  • 空気マグネシウム電池

    空気マグネシウム電池から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    2014年7月11日、京都大学のグループがリチウムイオン二次電池と置き換え可能な高エネルギー密度マグネシウム金属二次電池の開発に成功したと発表。2014年7月11日午前10時 (英国時間)付けで、本論文がNature Publishing Groupのオンライン科学雑誌「Scientific Reports」に掲載された。マグネシウム電池は高い電圧を出せない課題があったが、新開発の正極と電解液を組み合わせて解決した。これにより、電気自動車(EV)や太陽光発電、風力発電の蓄電向けに大容量の大型電池を安く作れるようになり、企業と協力し実用化を目指す。空気マグネシウム電池 フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン EOS 7D Mark II

    キヤノン EOS 7D Mark IIから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    「バッテリーパック LP-E6」 - 形式:リチウムイオン電池・公称電圧:DC7.2V・放電容量:1,800mAh・質量:約80gキヤノン EOS 7D Mark II フレッシュアイペディアより)

  • アウディ・A1

    アウディ・A1から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    メトロプロジェクト・クワトロは1回リチウムイオン二次電池に充電した場合、62mph(100km/h)で走行した時の走行距離が最大62マイル(100km)で燃料消費を最大15%低減できる。両方の動力源は個別に使用可能で、前輪がマクファーソン・ストラットで4リンク式後部サスペンションの仕様、低消費エネルギーの電気機械式速度感応方パワーステアリング、磁力式緩衝装置や0?100km/h(0-62mph)が7.8秒という恩恵を運転者は享受できる。アウディ・A1 フレッシュアイペディアより)

  • シュアファイア

    シュアファイアから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    一部モデルでは瞬発力や耐衝撃性に優れたニカド電池の充電池を採用しているが、メモリー効果に注意する必要がある。2010年に発売された1つのモデルは、単三電池2本を用いたものがある。2013年以降は純正のリチウムイオン二次電池も発売され、低コストの運用も可能になった。シュアファイア フレッシュアイペディアより)

  • アシアナ航空991便墜落事故

    アシアナ航空991便墜落事故から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    この日の午前3時5分(韓国標準時)、アシアナ航空991便(ボーイング747-400F、機体記号:HL7604)は仁川国際空港を出発予定時刻より20分程遅れて離陸し、中華人民共和国の上海浦東国際空港に向かった。この便に使用されていた機体は、2006年2月に製造され、同年2月23日の就航後、事故まで26300時間飛行していた。この日の搭載貨物には液晶ディスプレイや半導体部品、織物などの一般貨物58トンと、火災の原因となりうるリチウムイオン電池、塗料、アミノ酸溶液や合成樹脂0.4トンなどが搭載されていた。アシアナ航空991便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

385件中 11 - 20件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード