385件中 31 - 40件表示
  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリー種類:ニッケル・水素充電池 → リチウムイオン二次電池ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ニッケル・水素充電池

    ニッケル・水素充電池から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    各種携帯機器では、より大きな電気容量のリチウムイオン二次電池が好まれ、急速に置換えが進んだ。このため、Ni-MHの日本における出荷数量は2000年をピークに大幅に減少し、この領域での日本の主要メーカーは次々に撤退した。ニッケル・水素充電池 フレッシュアイペディアより)

  • DS2000

    DS2000から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    宇宙開発事業団(NASDA)(現宇宙航空研究開発機構(JAXA))が開発した、データ中継技術衛星こだま(DRTS)と技術試験衛星VIII型きく8号(ETS-VIII)を原型として開発されたものである。主に商用静止通信衛星や商用静止放送衛星の受注を想定しているが、気象観測衛星等にも使用可能である。他の静止衛星用標準衛星プラットフォームと比較し、リチウムイオン二次電池を標準搭載する等、電源系機器の小型化が図られている。DS2000 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たリン酸鉄リチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    リン酸鉄リチウムイオン電池(LiFe電池)は、リチウムイオン電池の一種で、正極材料にリン酸鉄リチウムを使う二次電池。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・ボルトEV

    シボレー・ボルトEVから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    ボルトは、GMが(かつてモーターショーに展示したり市場へ販売してきた)過去の電気自動車に搭載した電池に比べて構造が簡単で安価な液体冷却システムを用いた60kWhのバッテリーパックから構成される「ニッケルの存在比がリッチなリチウムイオン」の化学物質を使った電池を搭載しており、コストを減らしながら、より高温での使用に耐えられるようになっている。バッテリーパックはストレスメンバ (車にかかる応力を受ける部材)にもなっており、960ポンド(約435 キログラム)の重量がある。バッテリーパックは車の価格全体の23%を占め、(GMの他製品で使われているセルの形状にも似ているが、テスラで使われている円筒型の18650電池と21-70電池とは対照的である)288個の平らな「landscape(眺望)」と呼ばれる配列から成るセルの配置で構成されている。電池は、並列に接続された3つのグループに束ねられており、直列に接続された96のグループでバッテリーパックを構成している。アンペラ-eのバッテリーは、150kW/340Nmのモーターの制限を避けるため、160kWの出力を定格とした。50kWのSAE・コンボDCの急速充電は、車載のAC充電器が7.2kWであるのに対し、30分で90マイル(140 キロメートル)の航続距離分の充電が出来、1時間で満充電の80%分に相当する容量を充電する。ボルトのユーザーマニュアルには、80kWで充電している事例が載せられている。シボレー・ボルトEV フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・ゾエ

    ルノー・ゾエから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    ゾエ( ZOE ) は、フランスの自動車製造会社、ルノーが生産するスーパーミニクラスの5ドアハッチバックタイプの電気自動車である。ゾエのリチウムイオンバッテリーパックは22 kWhの容量を持ち、ヨーロッパ域内での燃費基準であるNEDC(新欧州ドライビングサイクル)基準で210 km走行できるとしている。2016年秋にマイナーチェンジしたゾエは、NEDC基準で400 km走行できるとしているルノー・ゾエ フレッシュアイペディアより)

  • パナソニック

    パナソニックから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    パナソニック株式会社()は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。家電業界で国内首位。家電、白物家電世界5位。リチウムイオン電池や航空電子機器、業務用プロジェクターで世界首位。パナソニック フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    FOMA 補助充電アダプタ 01/03(リチウムイオン電池を内蔵した繰り返し型充電アダプタ 三洋電機製)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・フィットハイブリッド

    ホンダ・フィットハイブリッドから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    パワートレインは、初代では1.3 Lと1.5 Lの排気量が設定されていたエンジンを「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を導入した1.5 Lに統一した。動弁系をDOHCにしアトキンソンサイクルを採用したLEB型に、22 kWの出力を持つH1型モーターを内蔵した7速DCT(主要部品はSchaeffler製)とリチウムイオンバッテリーを内蔵したIPU(インテリジェントパワーユニット)を組み合わせた新型ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用した事によって燃費性能を大幅に高め、36.4 km/L(JC08モード、「HYBRID」グレードのみ)を実現した。また、走行状況に応じて、エンジンとモーターの接続・切断を行うことで、「エンジンドライブ」・「ハイブリッドドライブ」・「EVドライブ」の3つの走行モードを実現させた。さらに、電動サーボブレーキシステムを採用したことで回生効率を改善し燃費性能を高めるとともに、可変サーボレシオ制御を採用したことで自然なブレーキフィールを実現させた。ホンダ・フィットハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • ジーエス・ユアサコーポレーション

    ジーエス・ユアサコーポレーションから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    ボーイング787ドリームライナー - ボーイング社が開発・製造する中型ジェット旅客機にリチウムイオン電池を供給。ジーエス・ユアサコーポレーション フレッシュアイペディアより)

385件中 31 - 40件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード