256件中 31 - 40件表示
  • WX320K

    WX320Kから見たリチウムイオン二次電池 リチウムイオン二次電池

    バッテリ リチウムイオン 750mAh/3.7VWX320K フレッシュアイペディアより)

  • 戸田工業

    戸田工業から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    戸田工業株式会社(とだこうぎょう)は、広島県大竹市に本社を置く化学メーカーである。トナー材料、着色剤、フェライト(磁性材料)、リチウムイオン二次電池材料などを製造販売し、磁気テープや切符などに実用化されている。戸田工業 フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad G

    ThinkPad Gから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    低価格だが発熱量の多いデスクトップパソコン用のCPUを搭載することを前提とした大きな筐体であり、ベイデバイスを含めた重量は4.1kgにも達する。最大120wの消費電力に対応し、ACアダプタも大容量の専用品となっている。モバイル用途はほとんど考慮されていないものの、急な停電時などで1 - 2.5時間程度は内蔵バッテリーで運用可能である。ThinkPad G フレッシュアイペディアより)

  • KOHJINSHA SA

    KOHJINSHA SAから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    A5サイズ・7型ワイド液晶画面の1スピンドルミニノートパソコン。標準バッテリーの持続時間がSA1F***は公称5時間、SA5SX***は公称4時間であり、バッテリーによる長時間運用ができる。標準バッテリー装着時の重量が1kg未満と軽量であることも特徴であり、リアルモバイル運用が想定されている。 携帯情報端末(ハンドベルドPC)では物足りず、パソコン用OSで動作する端末が欲しいが、フルスペックのノートパソコンほどの機能・性能は無くてもよいとしているユーザーをターゲットとしている。KOHJINSHA SA フレッシュアイペディアより)

  • WX321J

    WX321Jから見たリチウムイオン二次電池 リチウムイオン二次電池

    バッテリ リチウムイオン DC3.7V 780mAhWX321J フレッシュアイペディアより)

  • オリビン構造

    オリビン構造から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン電池の正極材として、オリビン構造を有するリン酸化合物を使用する方法が採用されている。オリビン構造 フレッシュアイペディアより)

  • TT41

    TT41から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    一方、電源として1000mAhという大容量なリチウムイオンバッテリーを搭載し、連続待受510時間、すなわち3週間というきわめて長い待受時間を実現した。TT41 フレッシュアイペディアより)

  • WS009KE

    WS009KEから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリ - リチウムイオン二次電池 650mAh/3.7VWS009KE フレッシュアイペディアより)

  • 充電器

    充電器から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    一般に充電器は、商用電源から充電用の直流電力を作り出す電源装置と、電池の充電を制御する充電制御回路からなる。ニッケル・カドミウム蓄電池などを標準充電するものなどでは充電制御回路が無い場合もあり、このようなものでは充電の終了を、その経過時間などから人間が判断して充電動作を停止させる必要がある。近年では、急速充電があたりまえとなっていることや、リチウムイオン二次電池など過充電に対するマージンが極端に少ない電池が一般化していることなどもあって、充電制御回路無しの充電器はあまり見かけなくなっている。なお、セリアなどにて扱われている、充電制御回路無しのニッケル水素蓄電池の充電器が現在でも安価にて入手可能であり、一定の需要がある。例えば現在では充電制御回路で保安目的の為、過放電や著しく不活性化した電池を不良ではじくケース(充電器の機種により異なる)があり、その再活性化を目的として用いられる事がある。充電器 フレッシュアイペディアより)

  • 米中電気自動車イニシアティブ

    米中電気自動車イニシアティブから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン電池の共同開発やテスト、プラグなど主要部品の設計の標準化も図られる。米中電気自動車イニシアティブ フレッシュアイペディアより)

256件中 31 - 40件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード