385件中 41 - 50件表示
  • SIMPURE L

    SIMPURE Lから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    コンパクトなボディには1,300mAhという大容量リチウムイオンバッテリを搭載している。SIMPURE L フレッシュアイペディアより)

  • SH900i

    SH900iから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    電池は3.7V、800mAhのリチウムイオン二次電池を採用しているが、900iシリーズでは780mAhのD900iに次いで容量が少ないものの、従来のシリーズに比べて全体的に電池の容量が増加したため、505iSシリーズと比較するとSHではSH505i及びSH505iSの700mAhから、100mAh増加している。充電時間は約120分で、専用のホルダーまたはFOMAシリーズ共通の充電プラグで充電が可能である。この電池では満充電時で音声電話が約140分、テレビ電話が約90分、連続待受時間が静止時で約480時間、移動時で380時間である。SH900i フレッシュアイペディアより)

  • WX320K

    WX320Kから見たリチウムイオン二次電池 リチウムイオン二次電池

    バッテリ リチウムイオン 750mAh/3.7VWX320K フレッシュアイペディアより)

  • WX321J

    WX321Jから見たリチウムイオン二次電池 リチウムイオン二次電池

    バッテリ リチウムイオン DC3.7V 780mAhWX321J フレッシュアイペディアより)

  • TT41

    TT41から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    一方、電源として1000mAhという大容量なリチウムイオンバッテリーを搭載し、連続待受510時間、すなわち3週間というきわめて長い待受時間を実現した。TT41 フレッシュアイペディアより)

  • 電池パック

    電池パックから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    以前は単三型のニッケルカドミウム二次電池を使ったものがほとんどだったが、近年は同じ単三型でもリチウムイオン二次電池が主流になった。電池パック フレッシュアイペディアより)

  • WX310K

    WX310Kから見たリチウムイオン二次電池 リチウムイオン二次電池

    バッテリ リチウムイオン 850mAh/3.7VWX310K フレッシュアイペディアより)

  • DIGITAL HiNote

    DIGITAL HiNoteから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリにはリチウムイオンバッテリーが採用され、3時間程度の駆動が可能だった。バッテリパックはキーボードスタンドを兼ねており、折り返してキーボードに傾斜を付けることができる。当時のノートPCはキーボードに傾斜を付けるために伸縮式のスタンドを底面に内蔵していることが多かったが、バッテリーを折り返してキーボードスタンドとするアイデアは革新的だった。DIGITAL HiNote フレッシュアイペディアより)

  • LFX-300

    LFX-300から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    一番の特徴は、車体にリチウムイオン二次電池を搭載し、架線のない平地区間では10km程度の距離を走行できる性能を有することである。架線のある区間で充電ができ、発電ブレーキによる回生電力を蓄えることもできる。LFX-300 フレッシュアイペディアより)

  • インフィニティ・エッセンス

    インフィニティ・エッセンスから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    既存のVQ37VHRにツインターボチャージャーを採用したガソリンエンジンと新開発の3Dモーターとを組み合わせた、インフィニティ初のパラレル・ハイブリッドシステムを搭載する。新開発の3Dモーターは、電磁コイルと永久磁石の配置を最適化したことで既存のモーター比の約2倍の高出力トルクを発生し、エンジンとトランスミッションの中間部に配置される。モーター用の二次電池には、リチウムイオンバッテリーが採用され、低速域や低負荷域でのモーター単独走行を実現したことでゼロ・エミッションを達成している。インフィニティ・エッセンス フレッシュアイペディアより)

385件中 41 - 50件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード