385件中 51 - 60件表示
  • アウディ・e-tron

    アウディ・e-tronから見たリチウムイオン蓄電池リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン蓄電池を前後に搭載する事により走行距離は約で 充電時間は家庭のコンセントから充電した場合6-8時間かかる。セラミックブレーキディスクと同様に回生ブレーキも備えておりエネルギーを回収する。 この車両を基に限定生産車であるR8 e-tronが開発中であると報告された。アウディ・e-tron フレッシュアイペディアより)

  • スペースシステムズ/ロラール

    スペースシステムズ/ロラールから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    SS/Lはその前史から技術刷新を行っており、フィリコ時代の1960年にはフィリコの製作したが世界で最初の通信中継衛星になった。近年ではの電気推進機関の研究で先駆しており、リチウムイオン電池や先進的複合材を商業衛星に利用しており、これはサイズと衛星のペイロード能力のかなりの増加と衛星の軌道上での長寿命化を可能にしている。また、利用者直通アプリケーションや、衛星と地上インフラを利用してモバイル機器利用者にサービス区域と容量性能の向上を提供するための地上からのビーム形成のための超出力システム応用のようなサービス向上のための技術を開発している。スペースシステムズ/ロラール フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサフルオロリン酸リチウム

    ヘキサフルオロリン酸リチウムから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    ヘキサフルオロリン酸リチウム (lithium hexafluorophosphate) は、化学式がLiPF6 と表される無機化合物である。白色の結晶性粉末で、水に触れるか空気中の湿気によって速やかに加水分解する。リチウム/リチウムイオン二次電池で使用される電解質を構成するリチウム塩として代表的なものである。ヘキサフルオロリン酸リチウム フレッシュアイペディアより)

  • バッテリー式電動輸送機器

    バッテリー式電動輸送機器から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリー式電気自動車は新しいバッテリーテクノロジー(リチウムイオン)の発達に伴いますます人々の興味を喚起し、そのバッテリーテクノロジーはよりハイパワーで高いエネルギー密度(換言すると、より少量のバッテリーで、より大きな加速が可能であり、より広範囲である)を持ち、石油より高価である。バッテリー式電動輸送機器 フレッシュアイペディアより)

  • キヤノン EOS 5D Mark II

    キヤノン EOS 5D Mark IIから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリーグリップBG-E6(オプション)装着時は、縦位置撮影用シャッターボタン、電子ダイヤル、AEロックボタン、AFフレーム選択ボタンが追加され、リチウムイオンバッテリー2個または、単3形電池6個の使用が可能キヤノン EOS 5D Mark II フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ランドグライダー

    日産・ランドグライダーから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    モーターは2つ搭載され、左右の後輪をそれぞれ駆動させるシステムをとっている。またバッテリーにはリチウムイオン電池が採用され、床下に配置されている。日産・ランドグライダー フレッシュアイペディアより)

  • ベタープレイス

    ベタープレイスから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    最初の試作車は、燃料タンクの代わりに電池を、内燃機関の代わりに電動モーターを装備したルノー・ラグナである。その電池はリン酸鉄リチウムイオン装置である。1つの電池だけで自動車が走る距離は、およそ から である。サービスステーションで電池を交換することにより、充電スポット同士のより長い距離は電池交換インフラストラクチャーの地理的分布によってのみ制約を受ける。ベタープレイス フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad G

    ThinkPad Gから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    低価格だが発熱量の多いデスクトップパソコン用のCPUを搭載することを前提とした大きな筐体であり、ベイデバイスを含めた重量は4.1kgにも達する。最大120wの消費電力に対応し、ACアダプタも大容量の専用品となっている。モバイル用途はほとんど考慮されていないものの、急な停電時などで1 - 2.5時間程度は内蔵バッテリーで運用可能である。ThinkPad G フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラ・モーター

    ウルトラ・モーターから見たリチウムイオン蓄電池リチウムイオン二次電池

    足がかりとして、AECFを2007年9月に買収した。価格はインドよりも高く、2200ドル製品も投入が予定されている。リチウムイオン蓄電池を搭載するなど、性能が高い。顧客は、都市住民、郊外通勤客など。ウルトラ・モーター フレッシュアイペディアより)

  • ドレメル

    ドレメルから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    片手サイズのコードレスハイスピードロータリーツール。グリップが独創的な形にデザインされ、正確な操作と使いやすさを向上させている。充電式リチウムイオンバッテリー7.2V内蔵。ドレメル フレッシュアイペディアより)

385件中 51 - 60件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード