385件中 61 - 70件表示
  • 個別要素法

    個別要素法から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    個別要素法(こべつようそほう、、DEM)または離散要素法(、DEM)は、解析の対象を自由に運動できる多角形や円形・球の要素の集合体としてモデル化し、要素間の接触・滑動を考慮して、各時刻におけるそれぞれの要素の運動を逐次追跡して解析する手法である。もとは岩盤工学に適用するためにPeter A. Cundall (1971)およびCundall and Strack (1979)により発表された論文に端を発しており、現在は液状化や土石流など地盤の挙動解析やコンクリート構造物、粉体(化学工学、リチウムイオン電池、薬学、農学など)、磁気相互作用力を有する電子写真システムのトナーの挙動解析などに用いられている。個別要素法 フレッシュアイペディアより)

  • エリーカ

    エリーカから見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    日本電池製のリチウムイオン電池を使用しており、電池をアルミ押し出し材のフレーム内部に収納する構造を採用している。エリーカプロジェクトの一環として、元銀行役員が電池会社を起業し、リチウムイオン電池の生産を開始している。エリーカ フレッシュアイペディアより)

  • 無線操縦ヘリコプター

    無線操縦ヘリコプターから見たリチウムイオンバッテリーリチウムイオン二次電池

    無線操縦ヘリコプター (RC ヘリコプター) は、ラジコン模型航空機の一種で、無線機によって遠隔操作されるヘリコプターである。趣味としてだけではなく、産業用にも用いられている。原動機には通常、2サイクルのグローエンジンや、モーターとリチウムイオンバッテリーを搭載した電動式が用いられる。電動式は排気ガスを出さない為、屋内での飛行も可能である。無線操縦ヘリコプター フレッシュアイペディアより)

  • KOHJINSHA SA

    KOHJINSHA SAから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    A5サイズ・7型ワイド液晶画面の1スピンドルミニノートパソコン。標準バッテリーの持続時間がSA1F***は公称5時間、SA5SX***は公称4時間であり、バッテリーによる長時間運用ができる。標準バッテリー装着時の重量が1kg未満と軽量であることも特徴であり、リアルモバイル運用が想定されている。 携帯情報端末(ハンドベルドPC)では物足りず、パソコン用OSで動作する端末が欲しいが、フルスペックのノートパソコンほどの機能・性能は無くてもよいとしているユーザーをターゲットとしている。KOHJINSHA SA フレッシュアイペディアより)

  • アルファバス

    アルファバスから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    100Vと50Vの制御バス、4枚から6枚パネルのヒ化ガリウム太陽電池及びリチウムイオン二次電池モジュールによる発電、配電システム。アルファバス フレッシュアイペディアより)

  • ベクトリックス (オートバイ)

    ベクトリックス (オートバイ)から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    VX-1/Li/Li+ - 日本では「軽二輪車」扱いとなり、運転免許はAT限定普通自動二輪車免許の区分となる。 Li はリチウムイオン電池仕様。ベクトリックス (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • BYD・e6

    BYD・e6から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    最高時速140km/h、1充電あたり最大走行距離330km。バッテリーは、最新鋭のリン酸鉄リチウムイオン電池を約7,000本並列で接続している。BYD・e6 フレッシュアイペディアより)

  • WS009KE

    WS009KEから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリ - リチウムイオン二次電池 650mAh/3.7VWS009KE フレッシュアイペディアより)

  • スペキュラム合金

    スペキュラム合金から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    銅-スズの合金は青銅と呼ばれるが、現在では、一般的に実用合金としてのスズの成分比は10%程度までのものが用いられる。銅-スズ合金の組織は、スズの成分比が多くなると、銅の成分比が80at%のδ相(Cu4Sn)、75at%のε相(Cu3Sn)、54.5at%のη相(Cu6Sn5)などの金属間化合物相が現れる。金属間化合物の存在が、ガラスにくらべて空気中の水分を吸着しにくく曇りにくい性質をもたらすので反射鏡の材料として選ばれたと思われる。性能を上げるためにヒ素が添加された。しかしながら酸化による反射率の低下がみられることや、もともと銅合金がアルミニウムなどに比べて反射率が高くないことから、その後反射望遠鏡の材料はガラスに銀めっきまたは、アルミニウムのめっきにコーティングという方法に変わっていく。機械的な性質は硬くてもろい合金である。最近は、金属アレルギーの原因であるニッケルめっきの代替皮膜や、リチウムイオン電池の新しい負極材料としてスペキュラム合金が再度着目されている。スペキュラム合金 フレッシュアイペディアより)

  • シクロヘキシルベンゼン

    シクロヘキシルベンゼンから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    フッ化シクロヘキシルベンゼンは、リチウムイオン二次電池の過充電防止剤として利用される。リチウム塩を溶解させた電解液にフッ化シクロヘキシルベンゼンを添加すると、過充電時に自身が酸化されることにより過充電の進行を止めることができる。シクロヘキシルベンゼン フレッシュアイペディアより)

385件中 61 - 70件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード