385件中 71 - 80件表示
  • フォルクスワーゲン・ミラノ

    フォルクスワーゲン・ミラノから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    フォルクスワーゲン・ミラノ(Volkswagen Milano )は、2010年4月に開催されたハノーファー・メッセで披露された電気自動車のタクシーのコンセプトカーである。この車は85 kWの電動機と45 kWhのリチウムイオン二次電池を搭載する3ドアのバン形式の車で、市場への導入は2013年に計画されている。フォルクスワーゲン・ミラノ フレッシュアイペディアより)

  • モバHO!

    モバHO!から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    当初、携帯型受信機は東芝とシャープがそれぞれ発売した。このうち、東芝製の「モバビジョン」は2006年2月に「リチウムイオンバッテリーパックが膨らみ、バッテリーケースの蓋が閉まらない」というトラブルが起きることが判明したが、その後改善した。この東芝・シャープの製品は生産完了により終息し、モバイル放送社自身がカーキットと呼ばれる車載用、またホームキットという屋内受信用のセットを販売していた。モバHO! フレッシュアイペディアより)

  • PowerBook G4

    PowerBook G4から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    2005年と2006年に、PowerBook G4シリーズとiBook G4シリーズの一部で、LG Chem製と、ソニー製のリチウムイオンバッテリーに不具合が見つかり、アップルはそれらのバッテリーを自主回収・無償交換している。PowerBook G4 フレッシュアイペディアより)

  • ガム型電池

    ガム型電池から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    当時のポータブルオーディオは乾電池のみを使用していたが、一次電池であるがゆえのランニングコストや、本体サイズが乾電池の大きさに制約されるという欠点があった。ランニングコストに関しては同サイズの蓄電池の利用によりある程度軽減できていたものの、本体サイズが乾電池のサイズに制約されるという問題は変わらず、小型乾電池は容量の減少→再生時間短縮につながるという欠点もあった。そこでソニーが携帯ステレオ用に開発したのがこの電池である。1985年発売のウォークマン・WM-101で初採用され、その後多数のメーカーからガム型電池採用モデルが発売された。当初はメーカーごとにサイズや仕様にばらつきがあったものの、次第にソニーが開発したNC-5WMのサイズ・仕様がデファクトスタンダードとなり、以降は各社ともソニー規格で発売された。ガム型電池としての蓄電池はニッケル・カドミウム蓄電池・ニッケル・水素充電池・リチウムイオン二次電池、シール鉛蓄電池などが販売された。ガム型電池 フレッシュアイペディアより)

  • ユルゲン・オットー・ベーゼンハルト

    ユルゲン・オットー・ベーゼンハルトから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    ユルゲン・オットー・ベーゼンハルト(、1944年5月15日レーゲンスブルク生、2006年11月4日グラーツ没)は、ドイツの化学者(電気化学者)。ミュンスター大学および教授。特に、リチウム電池およびリチウムイオン二次電池の化学に貢献し、その分野の世界的権威とみなされている。ユルゲン・オットー・ベーゼンハルト フレッシュアイペディアより)

  • レシプロソー

    レシプロソーから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    切断作業が過酷な事が多くパワーの出る交流電源式が主流であるが、近年充電式の直流電源式も二次電池がニッケル・カドミウム蓄電池からニッケル・水素充電池そしてリチウムイオン二次電池へと、モーターがカーボンブラシモーターからブラシレスモーターの開発により高性能品が次々と製品化されている。水中で使用するエアー動力のレシプロソーもある(例えば、DIAMOND石原機械レシプロソーDRS-300XAエアーモータータイプ)。レシプロソー フレッシュアイペディアより)

  • 空気電池

    空気電池から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    正極側の活物質が酸素なので電池容器内に正極活物質を充填する必要が無い。そのために電池容器内の大部分の空間に負極側活物質を充填することができ、放電容量を大きくすることができる。これは原理的に化学電池の中で最も大きなエネルギー密度にできることを意味する。そのため、同規模の体積の場合リチウムイオン電池と比べても大容量化が可能である。一方、正極は空気を取り入れるので構造が複雑になる。電解液が徐々に蒸発するので密閉化(シールドバッテリー)が困難。空気電池 フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad 240

    ThinkPad 240から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリーは、小型(3セル)、大容量(6セル)、Full Day(9セル)の3タイプが用意された。 当初は小型のものが標準であり、後に一部モデルは大容量のものが標準となった。 Full Dayバッテリーはオプションだった。ThinkPad 240 フレッシュアイペディアより)

  • 光岡・ライクT3

    光岡・ライクT3から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    定格出力3.0 kW の電動機(モーター)を1つ搭載し、リチウムイオン二次電池を動力源とする。モーターの動力はディファレンシャルギアを介して後2輪に伝達される。最高時速はリミッターによって50 km/h に制限されている。荷台下にモーターとバッテリーを搭載することで重心を後輪側へ寄せ,走行安定性を高める工夫がなされた。その結果最大安定傾斜角42度と、3輪車ながら高い安定性を実現した。最大充電時間と航続距離はグレードで異なり、「S」グレードが4時間で40 km、「L」グレードが6時間で60 km となる。いずれも家庭用100 V コンセントから充電することができる。光岡・ライクT3 フレッシュアイペディアより)

  • WX340K

    WX340Kから見たリチウムイオン二次電池 リチウムイオン二次電池

    バッテリ リチウムイオン LD340K 750mAh/3.7VWX340K フレッシュアイペディアより)

385件中 71 - 80件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード