256件中 81 - 90件表示
  • ルノー・フルエンスZ.E.

    ルノー・フルエンスZ.E.から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    2010年4月にはフルエンスZ.E.の詳細が発表され、専用ウェブサイトを通じた先行予約を顧客向けに開始した。販売価格は?21,300と公表されており、それは欧州における価格が?33,000ほどの日産・リーフや?35,000ほどの三菱・i-MiEVと比べても大幅に低価格であるが、それは電池をリース方式としているために実現している。フルエンスZ.E.は22kWhのリチウムイオン電池が搭載され、航続可能距離は160kmを実現し、最高速は135km/hと公称されている。2011年にはイスラエル、デンマークおよびヨーロッパの他地域で発売が予定されている。ルノー・フルエンスZ.E. フレッシュアイペディアより)

  • LG化学

    LG化学から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    LG化学が2010年に販売される米国GMの電気自動車用リチウムイオンバッテリーを単独供給する事が決定している。供給期間は2010年から6年間。LG化学 フレッシュアイペディアより)

  • TAシリーズ

    TAシリーズから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    ブラシレスモータ、リン酸鉄リチウムイオン電池などの新しいパワーソースに対応するために重量バランスを見直し、TRFのノウハウを投入した2011年現在最新のTAシリーズ。モノコックフレームはセンター縦置きバッテリー・リヤモーターを採用。駆動系はリヤ駆動をギヤダウン方式とした2ベルト4WD。フロントサスペンションにインボードタイプを選択した場合、ショックアブソーバーはシャーシ上部に進行方向と平行に搭載 。バッテリーは、シャーシ下部にある4本のネジで止められたカバーを開閉し着脱する。TAシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • スピネル

    スピネルから見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    マンガン酸リチウム - LiMn2O4、リチウムイオン二次電池の正極材料スピネル フレッシュアイペディアより)

  • トリクル充電

    トリクル充電から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    無停電電源装置や非常用電源として二次電池を使用する場合、いつ停電が発生しても対応できるよう、常に満充電に保っておく。また、ノートパソコンでも、通常は商用電源に繋いで機器を稼働させつつトリクル充電を行い、屋外に持ち出す際には満充電の二次電池で稼働させる運用を行う。ただしノートパソコン等に多く使われているリチウムイオン二次電池はあまり使用せずに100%の充電状態が続くと、劣化を早める場合があるため、注意が必要である。対象のバッテリーがトリクル充電に適しているかを確認する必要がある。トリクル充電 フレッシュアイペディアより)

  • バッテリー式電動輸送機器

    バッテリー式電動輸送機器から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    バッテリー式電気自動車は新しいバッテリーテクノロジー(リチウムイオン)の発達に伴いますます人々の興味を喚起し、そのバッテリーテクノロジーはよりハイパワーで高いエネルギー密度(換言すると、より少量のバッテリーで、より大きな加速が可能であり、より広範囲である)を持ち、石油より高価である。バッテリー式電動輸送機器 フレッシュアイペディアより)

  • ガム型電池

    ガム型電池から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    当時のポータブルオーディオは乾電池のみを使用していたが、一次電池であるがゆえのランニングコストや、本体サイズが乾電池の大きさに制約されるという欠点があった。ランニングコストに関しては乾電池型蓄電池の利用によりある程度軽減できていたものの、本体サイズが乾電池のサイズに制約されるという問題は変わらず、小型乾電池は容量の減少→再生時間短縮につながるという欠点もあった。そこでソニーが携帯ステレオ用に開発したのがこの電池である。1985年発売のウォークマン・WM-101で初採用され、その後多数のメーカーからガム型電池採用モデルが発売された。当初はメーカーごとにサイズや仕様にばらつきがあったものの、次第にソニーが開発したNC-5WMのサイズ・仕様がデファクトスタンダードとなり、以降は各社ともソニー規格で発売された。ガム型電池としての蓄電池はニッケル・カドミウム蓄電池・ニッケル・水素充電池・リチウムイオン二次電池、鉛蓄電池(アイワのみ)などが販売された。ガム型電池 フレッシュアイペディアより)

  • 電気用品安全法

    電気用品安全法から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    これまで電安法の対象となっていたのは、主として商用電源を直接用いる機器に限られていたが、近年発生したリチウムイオン二次電池による事故等を受け、2007年の法改正に合わせ一部の蓄電池も規制の対象となった。電気用品安全法 フレッシュアイペディアより)

  • 博多港

    博多港から見たリチウムイオン電池リチウムイオン二次電池

    香椎パークポートの対岸に造成された港内最新のターミナル。貨物取扱量増加や船舶大型化に対応し、5万トン級のコンテナ船1隻と6万トン級のコンテナ船2隻が同時に接岸できる。大型ガントリークレーン3基やトランスファークレーン(門型移動クレーン)17基を備える。2010年7月から、港湾荷役時の二酸化炭素排出削減を図る国の実証実験事業としてトランスファークレーンの電動化を行うこととなり、ターミナル内のクレーンの走行路に剛体架線を設置し、7月時点で使用中のディーゼル電気駆動クレーン13基を地上給電方式併用に順次改造した。2010年11月には、世界初となるリチウムイオン電池搭載の完全電動型クレーン4基が新たに導入され、2010年12月20日から電動化クレーン17基体制での本格稼働を開始した。博多港 フレッシュアイペディアより)

  • リン酸鉄(III)

    リン酸鉄(III)から見たリチウムイオン二次電池リチウムイオン二次電池

    リン酸鉄(III)(リンさんてつ、英Iron(III) phosphateもしくはferric orthophosphate)は鉄のリン酸塩の一種で、組成式がFePO4で表される無機化合物である。リン酸第二鉄とも呼ばれる。有機農業において、ナメクジやカタツムリの駆除に用いられるが、従来使われていたメタアルデヒドに比べ、ペットや野生動物に対する毒性は低い。リン酸鉄リチウムイオン電池の正極に使われるリン酸鉄リチウムの原料ともなる。五水和物の形で市販されている。リン酸鉄(III) フレッシュアイペディアより)

256件中 81 - 90件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード