103件中 41 - 50件表示
  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た乾電池

    また高い発熱特性、制御回路と保護回路が必須、1セルあたりの電圧が高いなどの理由から、乾電池の代替用途には不向きであり普及していない。(ニッケル・水素充電池も参照)リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たノートパソコン

    1980年代、携帯電話やノートパソコンなどの携帯機器の開発により、高容量で小型軽量な二次電池(充電可能な電池)のニーズが高まったが、従来のニッケル水素電池などでは限界があり新型二次電池が切望されていた。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た黒鉛

    このため金属リチウムを代替する材料の探索が進められることとなる。1981年に、三洋電機から黒鉛炭素質を負極材料とする二次電池の特許が出願された。一方、1982年、ラシド・ヤザミ(Rachid Yazami)らは固体電解質を用いて、黒鉛にリチウムイオンを電気化学的に吸蔵放出させることを実証した。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た電圧

    加えて、アルミ箔を正極集電体に用いる技術、安全性を確保するための機能性セパレータなどの本質的な電池の構成要素に関する技術を確立し、さらに安全素子技術、保護回路・充放電技術、電極構造・電池構造等の技術を開発し、安全でかつ、電圧が金属リチウム二次電池に近い電池の実用化を成功させ、現在のLIBの構成をほぼ完成させた。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たリチウムイオンポリマー二次電池

    リチウムイオンポリマー二次電池は、電解質として電解液のかわりに高分子ゲルを使う。化学系に違いはなく、リチウムイオン電池の一種である。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た酸化物

    リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、)とは、非水電解質二次電池の一種で、電解質中のリチウムイオンが電気伝導を担う二次電池である。現在では、正極にリチウム金属酸化物を用い、負極にグラファイトなどの炭素材を用いるものが主流となっている。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBともいう。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た絶縁テープ

    電極のタブその物やタブ取り付け部に絶縁テープを貼りタブのエッジからの内部短絡を防止するリチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たリチウム電池

    リチウム電池(一次電池)は、負極に金属リチウムを使う。電解質中のリチウムイオンが電気伝導を担うことは共通だが、金属リチウムを使うためリチウムイオン電池には含めない。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たニッケル

    リチウムイオン二次電池のコストは正極材料に使われる希少元素のコバルトがその7割を占めているが、近年、大幅な低コストを目指して正極材料にマンガン、ニッケル、リン酸鉄などを使うものが開発されつつある。(ニッケルは希少元素だがコバルトより安い、マンガンは商業的にレアメタルとされているが厳密には希少元素ではない。)。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た短絡

    金属リチウム二次電池に対する最大の利点は、充放電の繰り返しに伴い電極にデンドライト状(樹枝状晶)リチウムが析出し、電極を短絡させる現象がほぼ発生しないことにある。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

103件中 41 - 50件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード