128件中 41 - 50件表示
  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た電解質

    リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、)は、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言う。リチウムイオン二次電池という命名はソニー・エナジー・デバイスによる。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た有機溶媒

    リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、)は、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言う。リチウムイオン二次電池という命名はソニー・エナジー・デバイスによる。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た一次電池

    リチウム電池は、負極に金属リチウムを使う一次電池または二次電池。リチウムイオンが電気伝導を担うので定義的にはリチウムイオン電池の一種と言えるが、負極に金属リチウムを使うものはリチウムイオン電池と区別するのが一般である。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た黒鉛

    1974-1976年、ミュンヘン工科大学のベーゼンハルトは黒鉛内のリチウムイオンの可逆的な収納反応(インターカレーション)と陰極の酸化物へのインターカレーションを発見した。1976年、ベーゼンハルトはリチウム電池での応用を提案した。(ただし、黒鉛が層間にアルカリ金属などを取り込みをつくることは1926年から知られていた。)リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たコバルト酸リチウム

    1980年、オックスフォード大学のジョン・グッドイナフと水島公一らはリチウムと酸化コバルトの化合物であるコバルト酸リチウム () などのリチウム遷移金属酸化物を正極材料として提案した。これがリチウムイオン二次電池の正極の起源である。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た乾電池

    公称電圧(3.6-3.7 V)は、ニッケル水素電池(1.2 V)の3倍、鉛蓄電池(2.1 V)の1.5倍、乾電池(1.5 V)の2.5倍であり、高い電圧が必要な場合に直列につなぐ電池の使用本数を減らすことができるため、その分小さく軽くでき、機器設計上の利点となる。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た炭素

    リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、)は、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言う。リチウムイオン二次電池という命名はソニー・エナジー・デバイスによる。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た二次電池

    リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、)は、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言う。リチウムイオン二次電池という命名はソニー・エナジー・デバイスによる。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たリチウムイオンポリマー二次電池

    リチウムポリマー電池(LiPo電池)は、リチウムイオン電池の一種で、電解質にゲル状のポリマー(高分子)を使う二次電池。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た短絡

    1986年、カナダのにより、正極に硫化モリブデン、負極に金属リチウムを使用した金属リチウム二次電池が製品化されたが、金属リチウムの化学活性がきわめて高いため、可逆性(充電の過程で負極にリチウムのデンドライトが析出・成長しそれが正極に接して短絡する危険性)や反応性(ほんの少しでも水分にふれると激しく発熱し水素ガスを発生させて発火する危険性)に問題があった。1989年にはNTTのショルダー型携帯電話などで発火事故が相次ぎ、実用化されたとは言いがたく、金属リチウムを負極に使った一次電池は市販化されているが、二次電池への応用は危険とされ広く用いられることはなかった。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード