103件中 71 - 80件表示
  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たナトリウム

    まだアイデアの域を出ないものの「カルシウムイオン電池」というのも研究されている(一般乗用車に搭載されているカルシウム電極電池、通称「MFバッテリー」とは異なる)。この電池は電池の電圧がリチウムイオン電池よりやや落ちる(理論電圧は満充電で3.5V程度)が、リチウムイオン 1mol を両極間でやりとりするのに対してカルシウムイオン 1mol を両極間でやりとりする場合、2倍の電流密度が得られる(2価のため)という強みがある。電解液には Ca(ClO)、Ca1 などを非プロトン極性溶媒に溶解した液を用いる。電極材料としてはCaMn2O4/MoS2系が有望視されている。そのほか、マグネシウムやナトリウムを使うアイデアもある。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た電気分解

    非水系の電解液を使用するため、水の電気分解電圧を超える高い電圧が得られ、エネルギー密度が高い。メモリー効果が小さく、携帯電話やハイブリッドカーなどの継ぎ足し充電をする機器に適している。電解液に水溶液を使用しないため氷点下の環境でも使用できる。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た有機溶剤

    エネルギー密度が高いために短絡時には急激に過熱する危険性が大きい。さらに、有機溶剤の電解液が揮発し、発火事故を起こす恐れがある。短絡は外力が加わることで電池内部で発生する場合もあり、衝撃に対する保護も必要である。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た台湾

    リチウムイオン電池はかつては日本メーカーのシェアが高く、9割以上を占めた時代もあった。三洋電機、三洋GSソフトエナジー、ソニー、パナソニック エナジー社、日立マクセル、NECトーキンなどが主なメーカーとして知られている。一方、韓国(サムスンSDI、LG化学)、中国 (BYD)、台湾などで生産量が増えてきている。朝日新聞によると世界市場シェアについては三洋電機を含めてパナソニック26%、韓国サムスン20%、韓国LG14%、ソニー11%、中国BYD6%、その他23%となっている。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たポリマー

    1998年頃より、電解質にゲル状のポリマーを使うリチウムイオンポリマー電池が市場に登場する。最初はポリマー電池開発メーカー・ベルコアの特許を購入して多くの会社が研究に参入したが、一社としてベルコアタイプのポリマーを実用化した会社は無いと思われる。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た交通事故

    2012年、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用した電気自動車、BYD・e6が交通事故を起こし炎上。炎上の原因にリチウムイオン電池が関与した可能性が、BYD幹部より示唆されている。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たサーミスタ

    内部短絡などで温度が上がり、内圧が上昇した場合には電流遮断機能付き安全弁を内蔵することで爆発を予防している。この安全弁は正極の凸部にあり、一定以上の圧力がかかるとガスを外部に放出する。また、円筒形電池のトップカバーには、温度上昇により内部抵抗が増大するPTC素子が内蔵されており、温度上昇が起こった際には電流を電気的に遮断する構造になっている。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たビデオ

    現在、リチウムイオン二次電池(LIB)は携帯電話、ノートパソコン、デジタルカメラ・ビデオ、携帯用音楽プレイヤーを始め幅広い電子・電気機器に搭載され、2010年にはLIB市場は1兆円規模に成長した。小型で軽量なLIBを搭載することで携帯用IT機器の利便性は大いに増大し、迅速で正確な情報伝達とそれにともなう安全性の向上・生産性の向上・生活の質的改善などに多大な貢献をしている。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見たマンガン

    リチウムイオン二次電池のコストは正極材料に使われる希少元素のコバルトがその7割を占めているが、近年、大幅な低コストを目指して正極材料にマンガン、ニッケル、リン酸鉄などを使うものが開発されつつある。(ニッケルは希少元素だがコバルトより安い、マンガンは商業的にレアメタルとされているが厳密には希少元素ではない。)。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

  • リチウムイオン二次電池

    リチウムイオン二次電池から見た金属

    1983年に吉野彰らは、2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹博士が発見した電気を通すプラスチックポリアセチレンに注目し、1981年に有機溶媒を用いた二次電池の負極に適していることを見いだした。また、正極には1980年にジョン・グッドイナフ (J.B.Goodenough) らが発見したコバルト酸リチウム (LiCoO) などのリチウム遷移金属酸化物を用いて、リチウムイオン二次電池の原型を創出した。リチウムイオン二次電池 フレッシュアイペディアより)

103件中 71 - 80件表示

「リチウムイオン電池」のニューストピックワード