リュック・ベッソン ニュース&Wiki etc.

リュック・ベッソン(Luc Besson, 1959年3月18日 - )は、フランスの映画監督であり、脚本家、プロデューサーである。映画会社、ヨーロッパ・コープ社長。映画 『レオン』や、『トランスポーター』シリーズの製作などで知られる。 (出典:Wikipedia)

「リュック・ベッソン」Q&A

  • Q&A

    リュックベッソンの映画面白いですか?

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月10日 17:22

  • Q&A

    疲れていても観れる(リラックスできるような)映画はありますか? 疲れてる時にアクシ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月11日 14:03

  • Q&A

    リュック・ベッソン制作の「ロックアウト」という映画が、ジョン・カーペンターの「ニュー…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年7月31日 08:38

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「リュック・ベッソン」のつながり調べ

  • ジャン=ピエール・バクリ

    ジャン=ピエール・バクリから見たリュック・ベッソン

    初期の出演作のひとつはリュック・ベッソン監督の『サブウェイ』(1984年)である。ジャウイと共同でアラン・レネ監督の『スモーキング / ノー・スモーキング』の脚本を書き、セドリック・クラピッシュ監督の『家族の気分』、レネ監督の『恋するシャンソン』にジャウイと共同脚本・出演をし、1998年、セザール賞最優秀助演男優賞を受賞し、ジャウイが監督した『ムッシュ・カステラの恋』、『みんな誰かの愛しい人』でも共同脚本・出演をした。妻ジャウィとともに、セザール賞最優秀脚本賞を4回受賞、2004年に第57回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞、ヨーロッパ映画賞、そして2001年には、アカデミー・フランセーズが授与する永年功労賞であるルネ・クレール賞を受賞した。(ジャン=ピエール・バクリ フレッシュアイペディアより)

  • 鬼束ちひろ

    鬼束ちひろから見たリュック・ベッソン

    2月2日 「螺旋」が挿入歌として使用されたリュック・ベッソン監督、ジャン・レノ主演の映画『WASABI』公開。(鬼束ちひろ フレッシュアイペディアより)

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード