94件中 11 - 20件表示
  • ジャン=クロード・メジエール

    ジャン=クロード・メジエールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    フランスに戻ると、メジエールは幼なじみのピエール・クリスティンと組み、SFの長大作『Valérian and Laureline』の制作をはじめる。これは彼の作品で最もよく知られているもので、『スターウォーズ』をはじめ数多くのSF、ファンタジー作品に影響を与えている。メジエールはまたいくつかの映画でコンセプトデザインを手掛けており(1997年のリュック・ベッソン監督作品『フィフス・エレメント』が有名)、その一方で新聞、雑誌、広告のイラストレーションを多数制作した。彼はまたパリ第8大学で漫画制作の講義も受け持っていた。ジャン=クロード・メジエール フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・シニジェ

    クリスチャン・シニジェから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『WASABI』 Wasabi : 監督リュック・ベッソン、2001年 - 出演クリスチャン・シニジェ フレッシュアイペディアより)

  • 文春きいちご賞

    文春きいちご賞から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    第9位:アンジェラ(リュック・ベッソン監督)文春きいちご賞 フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ノタ

    ケイト・ノタから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソンの出演依頼により、2005年に『トランスポーター2』で映画デビュー。ケイト・ノタ フレッシュアイペディアより)

  • CREATORS

    CREATORSから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    第50回 - リュック・ベッソン(映画監督)CREATORS フレッシュアイペディアより)

  • NIKITA

    NIKITAから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2004年9月28日創刊。毎月28日発売。男性誌『LEON』の女性版という位置づけで、30代の女性をメイン・ターゲットとした。『LEON』と同じく岸田一郎が編集長を務め、艶女(アデージョ)、艶男(アデオス)などの流行語を生み出した。『NIKITA』という誌名は、岸田がリュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』を気に入っていたことから付けられた。NIKITA フレッシュアイペディアより)

  • ティエリー・アルボガスト

    ティエリー・アルボガストから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    ティエリー・アルボガスト(Thierry Arbogast, 1957年 - )はフランス出身の映画撮影監督。30年以上のキャリアがあり、特にリュック・ベッソン監督作品を手がけたことで知られているが、アメリカ映画の撮影も担当したことがある。『プロヴァンスの恋』、『フィフス・エレメント』、『ボン・ヴォヤージュ』の3本でセザール賞を受賞している。ティエリー・アルボガスト フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・レテリエ

    ルイ・レテリエから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1997年にジャン=ピエール・ジュネの『エイリアン4』の製作補佐をする。その後フランスに戻り、リュック・ベッソンと共にコマーシャルの製作を行う。2002年には『ミッション・クレオパトラ』に第2助監督として参加。ルイ・レテリエ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・バダルコ

    マイケル・バダルコから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    その後は俳優として順調にキャリアを積んでいる。スパイク・リーやコーエン兄弟監督作品には多く出演しているほか、リュック・ベッソン監督『レオン』ではナタリー・ポートマン演じる少女マチルダの父親を演じた。マイケル・バダルコ フレッシュアイペディアより)

  • ゴーモン

    ゴーモンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    現在もハリウッド・メジャーの傘下に属しないインディペンデント系の映画会社で、リュック・ベッソンらの娯楽大作映画やジャン=リュック・ゴダールらの作品も手がける世界有数の規模の映画製作会社である。またフランスにおいて映画配給も行っている。ゴーモン フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード