94件中 21 - 30件表示
  • ジャン=ピエール・バクリ

    ジャン=ピエール・バクリから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    初期の出演作のひとつはリュック・ベッソン監督の『サブウェイ』(1984年)である。ジャウイと共同でアラン・レネ監督の『スモーキング / ノー・スモーキング』の脚本を書き、セドリック・クラピッシュ監督の『家族の気分』、レネ監督の『恋するシャンソン』にジャウイと共同脚本・出演をし、1998年、セザール賞最優秀助演男優賞を受賞し、ジャウイが監督した『ムッシュ・カステラの恋』、『みんな誰かの愛しい人』でも共同脚本・出演をした。妻ジャウィとともに、セザール賞最優秀脚本賞を4回受賞、2004年に第57回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞、ヨーロッパ映画賞、そして2001年には、アカデミー・フランセーズが授与する永年功労賞であるルネ・クレール賞を受賞した。ジャン=ピエール・バクリ フレッシュアイペディアより)

  • ダンサー (2000年の映画)

    ダンサー (2000年の映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    ダンサー(The Dancer)はリュック・ベッソンが製作・脚本を担当した2000年の映画である。『レオン』と同じく舞台をニューヨークに設定し、肉体以外の何も必要としない芸術=ダンスの美しさを描いている。ダンサー (2000年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • グリフィン・ダン

    グリフィン・ダンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    しばらくして両親によりロサンゼルスへ移り住み、1970年代に再びニューヨークへ戻るまではコロラド州の学校にも在籍していた。ニューヨークへ移ってから、少しずつ映画や舞台に出演するようになり、1981年にジョン・ランディス監督のカルト映画『狼男アメリカン』や1985年のマーティン・スコセッシ監督の『アフター・アワーズ』へ出演した頃から徐々にその名が知られていく。その後も着々とキャリアを重ねてリュック・ベッソン監督の『グラン・ブルー』などの様々な映画に出演。テレビへの出演も数多く、ティム・バートン監督がまだ駆け出しの頃に監督した『ヒッチコック劇場』の1エピソードの主演などを務めた。グリフィン・ダン フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・コープ

    ヨーロッパ・コープから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2001年1月、リュック・ベッソンとピエランジュ・ル・ポギャムとの共同で映画スタジオ「ヨーロッパ・コープ」を設立。ヨーロッパ・コープは年間4?8本の映画を製作するとともに、劇場配給、ビデオ、音楽、出版、海外セールス等を展開する。日本ではアスミック・エースエンタテインメント、角川エンタテインメント、住友商事、シネマゲートとの共同出資で株式会社ヨーロッパ・コープ ジャパンを設立。代表作はTAXiシリーズ、トランスポーターシリーズなど。ヨーロッパ・コープ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・ライフ

    アメリカン・ライフから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2003年12月(欧州の一部など)、2004年3月(米国)発売。プロモーションビデオはリュック・ベッソンが監督したコンピュータグラフィックスを多用した作品。ビルボード総合チャートではランク外、ダンスチャート1位。全英チャート最高11位。アメリカン・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • ウィルコ (企業)

    ウィルコ (企業)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『WASABI』 : 脚本リュック・ベッソン、監督ジェラール・クラヴジック、配給日本ビクター、2001年 - 制作協力ウィルコ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インソムニア (鬼束ちひろのアルバム)

    インソムニア (鬼束ちひろのアルバム)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    アルバムリリース後、リュック・ベッソン監督のフランス映画『WASABI』の挿入歌として起用され、話題を呼んだ楽曲。監督はもともと親日家であり、ヒロインに広末涼子を起用したため、フランスの映画製作サイドが劇中で使用する挿入歌も日本の楽曲が良いとのことで日本人のアーティストの楽曲を使用したいと申し出、日本側がいくつか楽曲を送ったところこの楽曲が選ばれたという。ちなみにこの楽曲はもともと「My Fragile Life」というタイトルで、シングル『Cage』が2枚目のシングルとしてリリースされる際のカップリング曲として発表予定であり既に収録も済ませてあったが、発売自体がお蔵入りとなってしまい(『Cage』のプロモーション用CDのみに収録されていたが、非売品であることはおろか製品盤が発売中止となってしまったため入手できない)、聴くことは出来ない。このアルバム収録のために新たに収録し直した際に、本人曰く「塔の螺旋状の階段を上り、塔のてっぺんから飛び降りる映像が浮かんだ」とのことからタイトルが「螺旋」と変更されたという。インソムニア (鬼束ちひろのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・モレル

    ピエール・モレルから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソンがプロデューサーを務める作品に数多く携わっている。ピエール・モレル フレッシュアイペディアより)

  • セリ・ノワール

    セリ・ノワールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    ジム・トンプスンの『A Hell of a Woman』邦題『死ぬほどいい女 (三川基好訳・扶桑社)』をアラン・コルノーが映画化した作品。日本では劇場未公開となっており、リュック・ベッソンの計らいにより1997年にTSUTAYA限定で発売されたリュック・ベッソン・セレクションの1つに含まれており、ベッソンが若い頃に見て感銘を受けたという7本の映画の1本である。セリ・ノワール フレッシュアイペディアより)

  • 松本百合子

    松本百合子から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    アーサーと禁じられた王国 リュック・ベッソン 角川書店 2003.7松本百合子 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード