123件中 21 - 30件表示
  • ジャン=クロード・メジエール

    ジャン=クロード・メジエールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    フランスに戻ると、メジエールは幼なじみのピエール・クリスタンと組み、SF長大作『ヴァレリアンとロレリーヌ』(Valérian and Laureline)の制作をはじめる。これは彼の作品で最もよく知られているもので、『スター・ウォーズ』をはじめ数多くのSF、ファンタジー作品に影響を与えている。メジエールはまたいくつかの映画でコンセプトデザインを手掛けており(1997年のリュック・ベッソン監督作品『フィフス・エレメント』が有名)、その一方で新聞、雑誌、広告のイラストレーションを多数制作した。彼はまたパリ第8大学で漫画制作の講義も受け持っていた。ジャン=クロード・メジエール フレッシュアイペディアより)

  • CREATORS

    CREATORSから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    第50回 - リュック・ベッソン(映画監督)CREATORS フレッシュアイペディアより)

  • NIKITA

    NIKITAから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2004年9月28日創刊。毎月28日発売。男性誌『LEON』の女性版という位置づけで、30代の女性をメイン・ターゲットとした。『LEON』と同じく岸田一郎が編集長を務め、艶女(アデージョ)、艶男(アデオス)などの流行語を生み出した。『NIKITA』という誌名は、岸田がリュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』を気に入っていたことから付けられた。NIKITA フレッシュアイペディアより)

  • オリヴィエ・メガトン

    オリヴィエ・メガトンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    パリでストリート・アーティストとして活動し、CM、ミュージックビデオ、短編映画、テレビドラマの製作に携わりながら、2000年にリュック・ベッソン製作総指揮による映画『EXIT』にて長編映画デビューする。独特の幻想的・幻覚的なビジュアルが特徴だが、『EXIT』以降はアクション映画なども手がけている。オリヴィエ・メガトン フレッシュアイペディアより)

  • 第50回カンヌ国際映画祭

    第50回カンヌ国際映画祭から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    フィフス・エレメント - リュック・ベッソン(フランス、アメリカ)第50回カンヌ国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 第41回カンヌ国際映画祭

    第41回カンヌ国際映画祭から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    グラン・ブルー ? リュック・ベッソン (フランス)第41回カンヌ国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・セラ

    エリック・セラから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソン監督作品の音楽や、『007 ゴールデンアイ』の音楽で有名。エリック・セラ フレッシュアイペディアより)

  • ミレーヌ・ファルメール

    ミレーヌ・ファルメールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1992年には、今までのシングルのリミックスを集めた『Dance Remixes』が発売される。その収録曲のうち、エイズ以降の時代の愛とセックスについて歌った『:en:Que mon cœur lâche』はシングルカットされ、PVはリュック・ベッソンが監督をした。ミレーヌ・ファルメール フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ポール・ルーヴ

    ジャン=ポール・ルーヴから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    アデル/ファラオと復活の秘薬 Les Aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec (2010年、 リュック・ベッソン監督、ジュスタン・ド・サン・ユベール役)ジャン=ポール・ルーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 文春きいちご賞

    文春きいちご賞から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    第9位:アンジェラ(リュック・ベッソン監督)文春きいちご賞 フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード