123件中 31 - 40件表示
  • The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

    The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』(ザ・レイディ アウンサンスーチー ひきさかれたあい、原題: The Lady)は、2011年のフランス・イギリス合作映画。リュック・ベッソン監督。ミシェール・ヨー主演。ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者アウンサンスーチーの半生を描いたドラマ映画。The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーモン

    ゴーモンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    現在もハリウッド・メジャーの傘下に属しないインディペンデント系の映画会社で、リュック・ベッソンらの娯楽大作映画やジャン=リュック・ゴダールらの作品も手がける世界有数の規模の映画製作会社である。またフランスにおいて映画配給も行っている。ゴーモン フレッシュアイペディアより)

  • YAMAKASI

    YAMAKASIから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『YAMAKASI』(原題:Yamakasi - Les samouraïs des temps modernes)は、2001年に公開されたアリエル・ゼトゥン監督、リュック・ベッソン原案・脚本のフランス映画。YAMAKASI フレッシュアイペディアより)

  • パリより愛をこめて

    パリより愛をこめてから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『パリより愛をこめて』(パリよりあいをこめて、)は、2010年のフランス映画。通算3回目となるピエール・モレル(監督)とリュック・ベッソン(原案)のタッグである。パリより愛をこめて フレッシュアイペディアより)

  • ダンサー (2000年の映画)

    ダンサー (2000年の映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    ダンサー(The Dancer)はリュック・ベッソンが製作・脚本を担当した2000年の映画である。『レオン』と同じく舞台をニューヨークに設定し、肉体以外の何も必要としない芸術=ダンスの美しさを描いている。ダンサー (2000年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ピエール・バクリ

    ジャン=ピエール・バクリから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    初期の出演作のひとつはリュック・ベッソン監督の『サブウェイ』(1984年)である。ジャウイと共同でアラン・レネ監督の『スモーキング / ノー・スモーキング』の脚本を書き、セドリック・クラピッシュ監督の『家族の気分』、レネ監督の『恋するシャンソン』にジャウイと共同脚本・出演をし、1998年、セザール賞最優秀助演男優賞を受賞し、ジャウイが監督した『ムッシュ・カステラの恋』、『みんな誰かの愛しい人』でも共同脚本・出演をした。妻ジャウィとともに、セザール賞最優秀脚本賞を4回受賞、2004年に第57回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞、ヨーロッパ映画賞、そして2001年には、アカデミー・フランセーズが授与する永年功労賞であるルネ・クレール賞を受賞した。ジャン=ピエール・バクリ フレッシュアイペディアより)

  • 1959年の映画

    1959年の映画から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    3月18日 - リュック・ベッソン、、映画監督・プロデューサー1959年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • サブウェイ (映画)

    サブウェイ (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソンの出世作であり初めてハリウッドから招いたスターを使った映画でもあった。 主演には当初、スティングとシャーロット・ランプリングが予定されていたが、二人の降板により、当時ノリに乗っていたクリストファー・ランバートとイザベル・アジャーニが出演することとなった。他にはこの映画以降スター街道を昇るジャン=ユーグ・アングラードやリシャール・ボーランジェ、ジャン・レノも出演。サブウェイ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • セリ・ノワール

    セリ・ノワールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    日本では、80年代は日仏学院のシネクラブ上映(英語字幕付16ミリプリント)で幾度か上映されていた。その後1997年に、リュック・ベッソンが若い頃に見て感銘を受けたという7本のフランス映画をベッソンのコメント付で深夜にテレビ放映するという企画の1本に選ばれた。それをTSUTAYA限定リュック・ベッソン・セレクションの1つとしてVHSリリースし、陽の目を見た。なお、2011年にはIVCがDVDリリースしている。セリ・ノワール フレッシュアイペディアより)

  • ディーバ (映画)

    ディーバ (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    本作は、50年代末から60年代のヌーヴェル・ヴァーグ映画以降、これといった話題に乏しかったフランス映画においてエポック・メーキングな作品とされ、通称BBCことベネックス自身の『ベティ・ブルー』(1986年)、リュック・ベッソン監督『グラン・ブルー』(1988年)、レオス・カラックス監督『ポンヌフの恋人』(1991年)ら、80年以降のフランス映画の幕開けとされている。ディーバ (映画) フレッシュアイペディアより)

123件中 31 - 40件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード