94件中 31 - 40件表示
  • ジャン=マルク・バール

    ジャン=マルク・バールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1986年からパリで舞台から俳優活動を始める。1988年、リュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』の主人公ジャック・マイヨール役にオーディションで選ばれ、映画のヒットと共に大きな注目を集める。他には、ラース・フォン・トリアー監督作品への出演が多い。ジャン=マルク・バール フレッシュアイペディアより)

  • LEON (雑誌)

    LEON (雑誌)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    「LEON」及び「NIKITA」を仕掛けた岸田一郎編集長は、リュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』(1990年)及び『レオン』(1994年)を気に入っており、いつか使おうと二誌の創刊以前にLEONとNIKITAを雑誌の名称として登録していた。LEON (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • シャノン・ブリッグス

    シャノン・ブリッグスから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2005年に制作されたリュック・ベッソンの映画、『トランスポーター2』には役者として出演した。シャノン・ブリッグス フレッシュアイペディアより)

  • 第41回カンヌ国際映画祭

    第41回カンヌ国際映画祭から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    グラン・ブルー ? リュック・ベッソン (フランス)第41回カンヌ国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 第15回東京国際映画祭

    第15回東京国際映画祭から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソン(映画監督、プロデューサー)第15回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • サブウェイ (映画)

    サブウェイ (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソンの出世作であり初めてハリウッドから招いたスターを使った映画でもあった。 主演には当初、スティングとシャーロット・ランプリングが予定されていたが、二人の降板により、当時ノリに乗っていたクリストファー・ランバートとイザベル・アジャーニが出演することとなった。他にはこの映画以降スター街道を昇るジャン=ユーグ・アングラードやリシャール・ボーランジェ、ジャン・レノも出演。サブウェイ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ (曲)

    アンジェラ (曲)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    表題曲「アンジェラ」は、リュック・ベッソン監督の映画『アンジェラ』のオマージュ・ソング。来日した監督に、山崎が花束を贈呈するシーンがテレビなどで流れた。アンジェラ (曲) フレッシュアイペディアより)

  • エリック・セラ

    エリック・セラから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソン監督作品の音楽や、『007 ゴールデンアイ』の音楽で有名。エリック・セラ フレッシュアイペディアより)

  • ミア・ファロー

    ミア・ファローから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2007年9月現在、日本公開の最新作はリュック・ベッソン監督のファンタジー映画『アーサーとミニモイの不思議な国』(3部作)。他にも2007年に公開予定の完成作が数本待機中。その中の一本は、ミシェル・ゴンドリー監督、ジャック・ブラック、ダニー・グローヴァーと共演の『僕らのミライへ逆回転』。ミア・ファロー フレッシュアイペディアより)

  • アーサーとミニモイの不思議な国

    アーサーとミニモイの不思議な国から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『アーサーとミニモイの不思議な国』(原題:Arthur et les Minimoys、英題:Arthur and the Invisibles)は、2006年のフランス映画。実写と3Dアニメーションとで構成されたファンタジー映画である。リュック・ベッソン監督・原作による三部作の第一作。アーサーとミニモイの不思議な国 フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード