123件中 41 - 50件表示
  • ジャン=ジャック・ベネックス

    ジャン=ジャック・ベネックスから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1981年、初の長編作品『ディーバ』を監督。翌年のセザール賞で新人作品賞、撮影賞、音楽賞、録音賞の4部門を受賞し、鮮烈なデビューを飾る。ベネックスは同年代にデビューしたリュック・ベッソン、レオス・カラックスとともに「恐るべき子供たち」(ジャン・コクトーの同名小説と映画からの命名)「BBC」と呼ばれ、ヌーヴェル・ヴァーグ以後のフランス映画界に「新しい波」をもたらした。日本でも「ニュー・フレンチ・アクション・シネマ」として紹介され、現在でも製作30周年の2011年にDVDが再発売されるなど、カルト的な人気を誇っている。ジャン=ジャック・ベネックス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・バダルコ

    マイケル・バダルコから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    その後は俳優として順調にキャリアを積んでいる。スパイク・リーやコーエン兄弟監督作品には多く出演しているほか、リュック・ベッソン監督『レオン』ではナタリー・ポートマン演じる少女マチルダの父親を演じた。マイケル・バダルコ フレッシュアイペディアより)

  • 小家山晃

    小家山晃から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 The Lady(2012年、角川映画、リュック・ベッソン 監督、フランス/イギリス) - 日本からの使節 役小家山晃 フレッシュアイペディアより)

  • アンジェラ (2005年の映画)

    アンジェラ (2005年の映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『アンジェラ』(原題:Angel-A)は、2005年のフランス映画。監督はリュック・ベッソンアンジェラ (2005年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • マッシヴ・アタック

    マッシヴ・アタックから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2004年にマッシヴ・アタックは3Dに加えニール・デーヴィッジ、アレックス・スウィフトを迎え入れた。この編成で映画『ダニー・ザ・ドッグ (Danny The Dog)』(プロデュースはリュック・ベッソン)のサウンド・トラックが制作された。翌年2005年には映画『ブリット・ボーイ (Bullet Boy)』のサウンド・トラックへ参加した。マッシヴ・アタック フレッシュアイペディアより)

  • アーサーと魔王マルタザールの逆襲

    アーサーと魔王マルタザールの逆襲から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』(原題:Arthur et la Vengeance de Maltazard、英題:Arthur and the Revenge of Maltazard)は、2009年のフランス映画(日本公開は2010年)。実写と3Dアニメーションとで構成されたファンタジー映画である、リュック・ベッソン監督・原作による三部作の第一作目「アーサーとミニモイの不思議な国」に続く二作目の続編である。アーサーと魔王マルタザールの逆襲 フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ヴァイヨン

    ミシェル・ヴァイヨンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    映画版『ミシェル・ヴァイヨン』(Michel Vaillant)は、2003年にフランスで製作された。監督はルイ=パスカル・クヴレール。脚本はリュック・ベッソンとジル・マランソンが手がける。ミシェル・ヴァイヨン フレッシュアイペディアより)

  • フルスロットル (映画)

    フルスロットル (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『フルスロットル』(原題: Brick Mansions)は、2014年のフランス・カナダ合作のアクション映画。2004年のフランス映画『アルティメット』をハリウッドでリメイクした作品。原作でも脚本と製作を担当したリュック・ベッソンが脚本を務め、長編映画はこれが初めてとなるカミーユ・ドゥラマーレが監督を務めた。フルスロットル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち

    クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たちから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』(クリムゾン・リバーツー もくしろくのてんしたち、、)は、2004年のフランス映画。『クリムゾン・リバー』の続編となるサスペンス・スリラー。前作はの小説『Les Rivières pourpres』を原作としているが、本作はそのキャラクターを使っただけの、リュック・ベッソン脚本によるオリジナルストーリーである。クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ、きみを愛してる!

    フィリップ、きみを愛してる!から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『フィリップ、きみを愛してる!』(原題: I Love You Phillip Morris)は、2009年のアメリカ・フランス映画。主演はジム・キャリーとユアン・マクレガー。製作総指揮はリュック・ベッソン。第62回カンヌ国際映画祭監督週間部門、第25回サンダンス映画祭プレミア部門出品作品。フィリップ、きみを愛してる! フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード