94件中 51 - 60件表示
  • 小家山晃

    小家山晃から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 The Lady(2012年、角川映画、リュック・ベッソン 監督、フランス/イギリス)小家山晃 フレッシュアイペディアより)

  • グラン・ブルー (映画)

    グラン・ブルー (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『グラン・ブルー』(Le Grand Bleu)は、1988年に公開されたフランスとイタリアの合作映画。監督はリュック・ベッソングラン・ブルー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジャンヌ・ダルク (映画)

    ジャンヌ・ダルク (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『ジャンヌ・ダルク』(The Messenger: The Story of Joan of Arc)は、1999年に公開されたフランス・アメリカ合作映画。リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョボヴィッチ主演で、ジャンヌ・ダルクの生まれから処刑までを描いた歴史映画である。ジャンヌ・ダルク (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 1959年の映画

    1959年の映画から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    3月18日 - リュック・ベッソン、、映画監督・プロデューサー1959年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • ニキータ

    ニキータから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『ニキータ』(Nikita)は、1990年のフランス映画。監督はリュック・ベッソン。主演のアンヌ・パリローが、政府に隷属的に雇われる暗殺者を演じた。ニキータ フレッシュアイペディアより)

  • ニキータ (テレビドラマ)

    ニキータ (テレビドラマ)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    ストーリーはリュック・ベッソン監督のフランス映画『Nikita』をリメイクしたものである。しかしながら、シリーズ初期の設定と中盤に共通点を見いだせるのみで、基本的には独自のストーリーが展開する。このカナダ版のテレビドラマシリーズでは、ニキータとマイケルの微妙な恋愛感情や信頼関係、組織内での人間関係の理(あや)や駆け引きの描写に多くの時間が割かれており、映画版と様相が大きく異なっている。とりわけ、ニキータやマイケル、マデリンに相当する女性役などの最終的な処遇・結末が大きく変更されている。このテレビドラマシリーズは中盤以降、完全にオリジナルのストーリーが展開されていると言って何ら過言ではない。ニキータ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • アーサーと魔王マルタザールの逆襲

    アーサーと魔王マルタザールの逆襲から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』(原題:Arthur et la Vengeance de Maltazard、英題:Arthur and the Revenge of Maltazard)は、2009年のフランス映画(日本公開は2010年)。実写と3Dアニメーションとで構成されたファンタジー映画である、リュック・ベッソン監督・原作による三部作の第一作目「アーサーとミニモイの不思議な国」に続く二作目の続編である。アーサーと魔王マルタザールの逆襲 フレッシュアイペディアより)

  • レオス・カラックス

    レオス・カラックスから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    23歳になる1983年に『ボーイ・ミーツ・ガール』で長編デビューし、フランス映画界において、リュック・ベッソン、ジャン=ジャック・ベネックスと共に「恐るべき子供たち(Les Enfants Terribles)」と呼ばれ脚光を浴び、特にカラックスは『カイエ』誌での批評経験の経緯と、その難解さ、引用の複雑さ、そして何より斬新さから「ジャン=リュック・ゴダールの再来」と評される。レオス・カラックス フレッシュアイペディアより)

  • サミー・ナセリ

    サミー・ナセリから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    16歳で学校をやめて工事現場で働き始める。しかし、両親の離婚をきっかけに生活は荒み22歳で刑務所に入っている。その後、俳優学校で演技を学んだあと、1994年にリュック・ベッソンの『レオン』に端役で出演し、ベッソンの目にとまることになる。1995年には、トマ・ジル監督の『Rai』に出演。サミー・ナセリ フレッシュアイペディアより)

  • リー・エヴァンス

    リー・エヴァンスから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    コメディアン、俳優として知られるエヴァンスは、1964年にイギリスのブリストルに生まれる。父親はナイトクラブでパフォーマーとして活躍していたため、エヴァンスもショービジネスの世界を目指し始める。その後、スタンダップコメディアンとして地元で活動をはじめ、徐々に知名度を集めていく。そのうち、イギリス国内のテレビショーなどに出演し始めて、自身のレギュラー番組も持つようになった。その後、アメリカへ進出して俳優として映画にも出演。日本でもリュック・ベッソン監督の『フィフス・エレメント』やネイサン・レインと共演したドタバタコメディ映画『マウス・ハント』。香港出身のアクションスタージャッキー・チェンと共演の『メダリオン』などで知られる。脚本家としても自身のコメディーショーなどにクレジットされている。リー・エヴァンス フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード