94件中 71 - 80件表示
  • エステラ・ウォーレン

    エステラ・ウォーレンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    シャネルの5番のCMを監督したリュック・ベッソンの勧めもあり、女優としてデビューすることになる。エステラ・ウォーレン フレッシュアイペディアより)

  • サン=ドニ

    サン=ドニから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    この地区はまず第一にトゥール・プレイエル周辺のビジネス地区、次いで住宅地である。この128mのビジネス・タワーはかつてプレイエル工場があった位置に1973年に建てられた。タワーの正面はフランス電力公社の重要な場所に向いている。2007年より、地区はかつての発電所跡をシテ・デュ・シネマ(fr、リュック・ベッソンが先頭に立つ映画村構想)とする計画を受け入れている。サン=ドニ フレッシュアイペディアより)

  • NIKITA / ニキータ

    NIKITA / ニキータから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    本作はリュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』(1991年)、『アサシン 暗・殺・者』(1993年のリメイク版映画)および『ニキータ (テレビドラマ)』(1997年のテレビシリーズ)を元にした、アクション・シリーズである。1話完結方式のエピソードと、シリーズ全体を通してのストーリーが絡み合って展開する。AXNによる公式サイトでは、ベッソン監督版『ニキータ』の「誰も知らない’’3年後’’の物語」となっているが、1997年のテレビ版のキャラクターも登場するなど、細かい設定が異なる。NIKITA / ニキータ フレッシュアイペディアより)

  • トランスポーター (映画)

    トランスポーター (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『TAXi』シリーズ等で知られるリュック・ベッソンが製作・脚本を手掛け、ジェイソン・ステイサムが主人公を務める。トランスポーター (映画) フレッシュアイペディアより)

  • トランスポーター3 アンリミテッド

    トランスポーター3 アンリミテッドから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『トランスポーター3 アンリミテッド』(仏題: Le Transporteur 3, 英題: Transporter 3)は、2008年のリュック・ベッソン製作・脚本のカーアクション映画。トランスポーター3 アンリミテッド フレッシュアイペディアより)

  • リシャール・ボーランジェ

    リシャール・ボーランジェから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リシャール・ボーランジェ(Richard Bohringer, 1941年1月16日 - )はフランス出身の俳優である。ジャン=ジャック・ベネックスやリュック・ベッソン、ピーター・グリーナウェイなど、個性的な監督達の作品に出演。リシャール・ボランジェ、リチャード・ボーリンジャーとも呼ばれる。リシャール・ボーランジェ フレッシュアイペディアより)

  • イングロリアス・バスターズ

    イングロリアス・バスターズから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『イングロリアス・バスターズ』は何種類かの異なる形態での映像化が検討され、脚本は何度も書き直された。この間、タランティーノは映画化に何度も言及している。2002年には、『イングロリアス・バスターズ』が予定よりも長くなってしまうことや、何人もの監督たちが第二次世界大戦をテーマにした作品にすでに取り掛かっていることに悩まされていると答えた。2003年には、『イングロリアス・バスターズ』とは、処刑される直前に生き延びるチャンスを与えられた第二次世界大戦の軍人たちの物語であり、「第二次世界大戦という一大事に投げ込まれた、今までにあったような普通のヒーローものではない」とだけその構想を明らかにした。2003年の別のインタビューでは、ほぼ完成したといってよい脚本を三本も執筆し、しかもそれらは今まで書いた中で最高の出来のものであったにもかかわらず、「エンディングが一つも思い浮かばない」と答えている。結局、『イングロリアス・バスターズ』は諦め、2部作の『キル・ビル』の監督業に専念することになった 。『キル・ビル』を撮り終えた2004年11月のインタビューでは、『イングロリアス・バスターズ』は脚本が長くなりすぎているために『キル・ビル』同様、2部作に仕立てることを検討しており、その前に北京語のみのカン・フー映画というもっと小さな作品をやりたいと答えている。この計画も頓挫した2005年のインタビューでは、その代わりに一部を監督することになった『グラインドハウス』を完成させた後に『イングロリアス・バスターズ』に取り掛かることになるだろうと答えている。2008年、『グラインドハウス』を完成させたタランティーノは下書き段階にあった最初の構想に戻り、それを全部で12時間程度のテレビ・シリーズに作りかえることを思いついた。この考えを改めさせたのは、リュック・ベッソンの「君は、私を映画館に向かわせる数少ない監督の一人なのに、次の映画まで5年はお預けだなんてがっかり」という一言であった。物語を練り直し、『パルプ・フィクション』の脚本を長さの目安にしながら、脚本を縮めていった。映画終盤のショシャナが発火しやすい可燃性のニトロセルロース製映画フィルムで劇場を炎上させるシーンを思いついたのもこの時期であり、比喩としてではなく文字通り映画が第三帝国を打倒する様を映像化できることに興奮したという。イングロリアス・バスターズ フレッシュアイペディアより)

  • アモルゴス島

    アモルゴス島から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソン監督の映画「グラン・ブルー」のロケが行われた。アモルゴス島 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ジロー

    ジャン・ジローから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    フィフス・エレメント(リュック・ベッソン監督、1997年) - コンセプトデザインジャン・ジロー フレッシュアイペディアより)

  • 3月18日

    3月18日から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1959年 - リュック・ベッソン、映画監督3月18日 フレッシュアイペディアより)

94件中 71 - 80件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード