123件中 71 - 80件表示
  • アンジェラ

    アンジェラから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    アンジェラ (2005年の映画) - リュック・ベッソン監督の映画作品。アンジェラ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤俊輔 (俳優)

    伊藤俊輔 (俳優)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    WASABI(2001年、ジュラール・クラウジック監督、リュック・ベッソン制作総指揮)伊藤俊輔 (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • アーサーとミニモイの不思議な国

    アーサーとミニモイの不思議な国から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『アーサーとミニモイの不思議な国』(原題:Arthur et les Minimoys、英題:Arthur and the Invisibles)は、2006年のフランス映画。実写と3Dアニメーションとで構成されたファンタジー映画である。リュック・ベッソン監督・原作による三部作の第一作。アーサーとミニモイの不思議な国 フレッシュアイペディアより)

  • キャロル・ブーケ

    キャロル・ブーケから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソン制作のジャン・レノ主演の『WASABI』では広末涼子と共演している。キャロル・ブーケ フレッシュアイペディアより)

  • 96時間

    96時間から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『96時間』(きゅうじゅうろくじかん、原題:Taken)は、2008年制作のフランス映画。脚本はリュック・ベッソンとロバート・マーク・ケイメン、監督はピエール・モレル。リュック・ベッソンのヨーロッパ・コープ製作。2012年に続編『96時間/リベンジ』が、2014年には第3作目『96時間/レクイエム』が製作された。96時間 フレッシュアイペディアより)

  • エステラ・ウォーレン

    エステラ・ウォーレンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    シャネルの5番のCMを監督したリュック・ベッソンの勧めもあり、女優としてデビューすることになる。エステラ・ウォーレン フレッシュアイペディアより)

  • イングロリアス・バスターズ

    イングロリアス・バスターズから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『イングロリアス・バスターズ』は何種類かの異なる形態での映像化が検討され、脚本は何度も書き直された。この間、タランティーノは映画化に何度も言及している。2002年には、『イングロリアス・バスターズ』が予定よりも長くなってしまうことや、何人もの監督たちが第二次世界大戦をテーマにした作品にすでに取り掛かっていることに悩まされていると答えた。2003年には、『イングロリアス・バスターズ』とは、処刑される直前に生き延びるチャンスを与えられた第二次世界大戦の軍人たちの物語であり、「第二次世界大戦という一大事に投げ込まれた、今までにあったような普通のヒーローものではない」とだけその構想を明らかにした。2003年の別のインタビューでは、ほぼ完成したといってよい脚本を三本も執筆し、しかもそれらは今まで書いた中で最高の出来のものであったにもかかわらず、「エンディングが一つも思い浮かばない」と答えている。結局、『イングロリアス・バスターズ』は諦め、2部作の『キル・ビル』の監督業に専念することになった 。『キル・ビル』を撮り終えた2004年11月のインタビューでは、『イングロリアス・バスターズ』は脚本が長くなりすぎているために『キル・ビル』同様、2部作に仕立てることを検討しており、その前に北京語のみのカン・フー映画というもっと小さな作品をやりたいと答えている。この計画も頓挫した2005年のインタビューでは、その代わりに一部を監督することになった『グラインドハウス』を完成させた後に『イングロリアス・バスターズ』に取り掛かることになるだろうと答えている。2008年、『グラインドハウス』を完成させたタランティーノは下書き段階にあった最初の構想に戻り、それを全部で12時間程度のテレビ・シリーズに作りかえることを思いついた。この考えを改めさせたのは、リュック・ベッソンの「君は、私を映画館に向かわせる数少ない監督の一人なのに、次の映画まで5年はお預けだなんてがっかり」という一言であった。物語を練り直し、『パルプ・フィクション』の脚本を長さの目安にしながら、脚本を縮めていった。映画終盤のショシャナが発火しやすい可燃性のニトロセルロース製映画フィルムで劇場を炎上させるシーンを思いついたのもこの時期であり、比喩としてではなく文字通り映画が第三帝国を打倒する様を映像化できることに興奮したという。イングロリアス・バスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・マイヨール

    ジャック・マイヨールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1983年、母親の葬儀に参列するためにマルセイユに行った折にリュック・ベッソンと出会う。1988年、自伝をもとにした映画『グラン・ブルー』が同監督により製作され、世界中の人にその存在を知られる。ジャック・マイヨール フレッシュアイペディアより)

  • LEON (雑誌)

    LEON (雑誌)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    「LEON」及び「NIKITA」を仕掛けた岸田一郎編集長は、リュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』(1990年)及び『レオン』(1994年)を気に入っており、いつか使おうと二誌の創刊以前にLEONとNIKITAを雑誌の名称として登録していた。LEON (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • グラン・ブルー (映画)

    グラン・ブルー (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『グラン・ブルー』(Le Grand Bleu)は、1988年に公開されたフランスとイタリアの合作映画。監督はリュック・ベッソングラン・ブルー (映画) フレッシュアイペディアより)

123件中 71 - 80件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード