123件中 81 - 90件表示
  • フランスの映画

    フランスの映画から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    ジャン=ジャック・ベネックスが『ディーバ』(1981)を完成させたとき、80年代のフランス映画ブームが始まったと言える。ベネックスの『ベティ・ブルー』(1986)、リュック・ベッソンの『グラン・ブルー』(1988) 、レオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』(1991)などBBCと呼ばれる3人が製作を始めた。フランスの映画 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンヌ・ダルク (映画)

    ジャンヌ・ダルク (映画)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『ジャンヌ・ダルク』(原題: The Messenger: The Story of Joan of Arc)は、1999年に公開されたフランス・アメリカ合作の伝記映画。リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョボヴィッチ主演で、ジャンヌ・ダルクの生まれから処刑までを描いた歴史映画である。ジャンヌ・ダルク (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 96時間/リベンジ

    96時間/リベンジから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リーアム・ニーソンをはじめとするキャスト陣は続編が作られるかどうかは分からないとしていたが、20世紀フォックスと本作のプロデューサーであるリュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメンは続編に意欲を見せている。2013年6月24日に、ベッソンとケイメンが第3作の脚本を執筆していることが発表された。2014年1月29日に、オリヴィエ・メガトン監督の続投が発表された。96時間/リベンジ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィア・フークス

    シルヴィア・フークスから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2017年にフークスはSF映画『ブレードランナー 2049』でレプリカントのラヴを演じた。撮影にあたって彼女は一日6時間、週6日間のウエイトと格闘技のトレーニングを行った。同年にはリュック・ベッソン製作のアクション映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』に出演した。シルヴィア・フークス フレッシュアイペディアより)

  • NIKITA / ニキータ

    NIKITA / ニキータから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    本作はリュック・ベッソン監督の映画『ニキータ』(1991年)、『アサシン 暗・殺・者』(1993年のリメイク版映画)および『ニキータ (テレビドラマ)』(1997年のテレビシリーズ)を基にした、アクション・シリーズである。1話完結方式のエピソードと、シリーズ全体を通してのストーリーが絡み合って展開する。NIKITA / ニキータ フレッシュアイペディアより)

  • 96時間/レクイエム

    96時間/レクイエムから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『96時間/レクイエム』(きゅうじゅうろくじかん レクイエム、原題:Taken 3、別題:Tak3n)は、2014年にフランスで制作されたアクションスリラー映画。リーアム・ニーソン主演、リュック・ベッソンとロバート・マーク・ケイメン脚本による『96時間シリーズ』の第三作目。監督は前作『96時間/リベンジ』のオリヴィエ・メガトン。96時間/レクイエム フレッシュアイペディアより)

  • U.K. (タレント)

    U.K. (タレント)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2007年には、『初恋net.com〜忘れられない恋のうた〜』(朝日放送で土曜深夜に放送されていたドラマ)で準主役に抜擢されたほか、オムニバス映画『歌謡曲だよ、人生は』の一編『これが青春だ』にも出演。さらに、『アーサーとミニモイの不思議な国』(リュック・ベッソン監督)の日本語吹替版では、初めて声優を務めた。FM-FUJIでレギュラー番組を担当したり、音楽チャンネルの特別番組でMCを務めたりするなど、大学時代を過ごした関東地方にも活動の場を広げている。U.K. (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・モレル

    ピエール・モレルから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソンがプロデューサーを務める作品に数多く携わっている。ピエール・モレル フレッシュアイペディアより)

  • インシディアス 第2章

    インシディアス 第2章から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    本作はリュック・ベッソン監督の新作『マラヴィータ』と同じ週に封切られ、公開初週末に3200万ドルから3500万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが、実際の数字はそれを上回るものであった。2013年9月13日、本作は全米3049館で公開され、公開初週末に4027万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった。この数字は前作の公開初週末の興行収入(1327万ドル)の3倍以上の数字であった。インシディアス 第2章 フレッシュアイペディアより)

  • 神経神話

    神経神話から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    日本のテレビドラマでは、木村拓哉主演の『MR.BRAIN』(2009年,TBS。脳は全体の5%しか活動をしてない、という前提が設定に含まれている)など、海外の映画では、リュック・ベッソン監督による『LUCY/ルーシー』(2014年。人類の脳は10%しか使われておらず、それを100%用いることによって超人的な力が発揮される、という設定)などがその典型例である。神経神話 フレッシュアイペディアより)

123件中 81 - 90件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード