94件中 81 - 90件表示
  • ジャック・マイヨール

    ジャック・マイヨールから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1983年、母親の葬儀に参列するためにマルセイユに行った折にリュック・ベッソンと出会う。1988年、自伝をもとにした映画「グラン・ブルー」が同監督により製作され、世界中の人にその存在を知られる。ジャック・マイヨール フレッシュアイペディアより)

  • U.K.

    U.K. (タレント)から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2007年には、『初恋net.com〜忘れられない恋のうた〜』(ABCテレビで土曜深夜に放送されていたドラマ)で準主役に抜擢されたほか、オムニバス映画『歌謡曲だよ、人生は』の一編『これが青春だ』にも出演。さらに、『アーサーとミニモイの不思議な国』(リュック・ベッソン監督)の日本語吹替版では、初めて声優を務めた。U.K. (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・レノ

    ジャン・レノから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    リュック・ベッソン監督の多くの映画に出演。同監督の『グラン・ブルー』(1988年)と『レオン』(1994年)は彼に大きな成功をもたらした。アメリカでは、『フレンチ・キス』(1995年)でメグ・ライアンとケビン・クラインと共演、『ミッション:インポッシブル』(1996年)でトム・クルーズと共演、『RONIN』(1998年)でロバート・デ・ニーロと共演した。アメリカで活動する一方で、『おかしなおかしな訪問者』(1993年)や『クリムゾン・リバー』(2000年)などのフランス映画への出演も果たしている。2006年公開の話題作『ダ・ヴィンチ・コード』にも出演。ジャン・レノ フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ヴァイヨン

    ミシェル・ヴァイヨンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    映画版『ミシェル・ヴァイヨン』(Michel Vaillant)は、2003年にフランスで製作された。監督はルイ=パスカル・クヴレール。脚本はリュック・ベッソンとジル・マランソンが手がける。ミシェル・ヴァイヨン フレッシュアイペディアより)

  • ナタリー・ポートマン

    ナタリー・ポートマンから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    1994年にオフ・ブロードウェイでの舞台『Ruthless!!』でデビューし、リュック・ベッソン監督の『レオン』で2000人以上の候補者からマチルダ役に選ばれ、映画デビューも果たす。マチルダは国際的に称賛され、ハリウッド・リポーター誌が後援するヤング・スター賞のドラマ部門最優秀女優賞を受賞。1996年公開の「ビューティフル・ガールズ」でも批評家の絶賛を集めた。『レオン』で一気に注目を集めたが、『ロリータ』のロリータ役を拒否するなど、ロリータ的イメージやラブシーンを敬遠する。1997年に95年刊行の新版を基に新たな視点で描いた『アンネの日記』の主役アンネ役を演じる。ナタリー・ポートマン フレッシュアイペディアより)

  • 鬼束ちひろ

    鬼束ちひろから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2月2日 「螺旋」が挿入歌として使用されたリュック・ベッソン監督、ジャン・レノ主演の映画『WASABI』公開。鬼束ちひろ フレッシュアイペディアより)

  • The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

    The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』(ザ・レイディ アウンサンスーチー ひきさかれたあい、原題: The Lady)は、2011年のフランス・イギリス合作映画。リュック・ベッソン監督。ミシェール・ヨー主演。ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者アウンサンスーチーの半生を描いたドラマ映画。The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・アテンザ

    マツダ・アテンザから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    また、スポーツモデルの23Z(セダン除く)発売記念としてリュック・ベッソン監督が手がけた、ショートムービー「RUSH」(ラッシュ)もネット上で公開された。マツダ・アテンザ フレッシュアイペディアより)

  • 郷ひろみ

    郷ひろみから見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    2009年 (平成21年) 、リュック・ベッソン製作・脚本の人気映画シリーズ最新作『トランスポーター3 アンリミテッド』 (8月15日公開)の本編先付け映像のナレーターに起用された郷ひろみ フレッシュアイペディアより)

  • フランスの映画

    フランスの映画から見たリュック・ベッソンリュック・ベッソン

    ジャン=ジャック・ベネックスが『ディーバ』(1981)を完成させたとき、80年代のフランス映画ブームが始まったと言える。ベネックスの『ベティ・ブルー』(1986)、リュック・ベッソンの『グラン・ブルー』(1988) 、レオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』(1991)などがそれに続いた。フランスの映画 フレッシュアイペディアより)

94件中 81 - 90件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード