57件中 21 - 30件表示
  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たアデル/ファラオと復活の秘薬

    監督業についてはかねてから10作品程度で引退することを公言しており、2006年9月には『アーサーとミニモイの不思議な国』三部作をもって監督業を引退することを発表。同作の日本公開に伴うPR活動で2007年6月に来日した際も引退を宣言した。しかし、2010年公開の『アデル/ファラオと復活の秘薬』では再び監督を務め、プロモーション中のインタビューにて引退宣言を撤回した。リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たマツダ・アテンザ

    マツダ「アテンザ」 (2003) ※インターネットでショートフィルムも同時公開リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たフランスの映画

    ベッソンは同年代にデビューしたジャン=ジャック・ベネックス、レオス・カラックスとともに「恐るべき子供たち」(ジャン・コクトーの同名小説と映画からの命名)「BBC」と呼ばれ、ヌーヴェル・ヴァーグ以後のフランス映画界に「新しい波」をもたらした。日本でも「ニュー・フレンチ・アクション・シネマ」として紹介され、カルト的な人気を誇っている。リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たアルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ

    アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ Banlieue 13 - Ultimatum (2009)リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たニル・バイ・マウス

    ニル・バイ・マウス Nil by Mouth (1997)リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たThe Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

    The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 The Lady (2011)リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たトランスポーター3 アンリミテッド

    トランスポーター3 アンリミテッド Transporter 3 (2008)リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たグラン・ブルー (映画)

    グラン・ブルー Le Grand bleu (1988)リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たラストミッション

    ラストミッション 3 Days to Kill (2014)リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

  • リュック・ベッソン

    リュック・ベッソンから見たスキューバダイビング

    両親はともにスキューバダイビングのインストラクターであり、ベッソン自身もダイバーとして過ごしたが、17歳のときに潜水事故に遭いスキューバダイビングができなくなった。18歳のとき故郷のパリに戻り、そこで映画の雑用的な仕事をこなして映画製作のノウハウを学んだ。その後3年間アメリカへ移住、さらにフランスに戻って自身の映画製作会社を興した。後に会社はLes Films de Dauphins(イルカ映画社)と改名し、現在に至っている。リュック・ベッソン フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「リュック・ベッソン」のニューストピックワード