前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示
  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たフジテレビジョン

    2006年10月25日、安めぐみとの音楽ユニット・リリメグが『おやすみ』でCDデビュー。もともと、J-WAVE『TR2 Wednesday』の番組内でリリー・フランキーの弾くギターにのせて安が歌うという企画から生まれたユニットで、フジテレビ系『新堂本兄弟』やテレビ朝日『ミュージックステーション』にゲスト出演したこともある。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た松竹

    4年の歳月をかけて母親との半生を綴った、自身初の長編小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』が、自身も編集に携わる『en-taxi』上で連載。2005年に単行本が扶桑社から発売されると、「泣き顔を見られたくなければ電車で読むのは危険」などの口コミで、200万部を突破する大ベストセラーとなった。同作は全国の書店員が「最も売りたい本」を投票で選ぶ「本屋大賞2006」の大賞も受賞。更には、テレビドラマ化、松竹による映画化、舞台化がされた。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た松田優作

    尊敬する人物は松田優作で、NHK教育『知るを楽しむ・私のこだわり人物伝』中において、彼に対する思いを熱く語った。ちなみに彼がいい男を書く際に、基本的に松田優作を真似て書くようである。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た森高千里森高 千里

    森高のファンクラブ会報にイラストを描いていたのが縁で、1994年1月25日に発売された森高千里のシングルCD『ロックン・オムレツ』のカバーイラスト&PVアニメを担当。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た是枝裕和

    そして父になる(2013年9月28日、監督:是枝裕和、配給:ギャガ) - 斎木雄大 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た橋口亮輔

    ぐるりのこと。(2008年6月7日、監督:橋口亮輔、企画・製作:シグロ、配給:ビターズ・エンド) - 佐藤カナオ 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たWOWOW

    サウスパーク(1999年10月 - 、WOWOW・AXNなど) - イエス・キリスト 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たギャガ

    そして父になる(2013年9月28日、監督:是枝裕和、配給:ギャガ) - 斎木雄大 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たテレビ東京

    モテキ(2010年、テレビ東京) - 墨田 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たリリメグ

    1991年に宍戸留美のラジオ番組の構成を担当した縁で、宍戸の楽曲制作に携わる。これが音楽関係の仕事の足掛かりとなる(アルバム『プンスカ』(1992年)で宍戸と共同作詞、インディーズアルバム『Set me Free』(1995年)で作詞を4曲、作曲を1曲担当)。以後、リリメグのデビューシングル『おやすみ』での作詞&作曲をはじめ、サディスティック・ミカ・バンド、「小野瀬雅生ショウ」、藤田恵美、高見沢俊彦など、数多くのアーティストへの作詞提供をしている。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示

「リリー・フランキー」のニューストピックワード