273件中 51 - 60件表示
  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たシネカノン

    歓喜の歌(2008年2月2日、監督:松岡錠司、配給:シネカノン) - スナックの常連客 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たテレビ朝日

    2006年10月25日、安めぐみとの音楽ユニット・リリメグが『おやすみ』でCDデビュー。もともと、J-WAVE『TR2 Wednesday』の番組内でリリー・フランキーの弾くギターにのせて安が歌うという企画から生まれたユニットで、フジテレビ系『新堂本兄弟』やテレビ朝日『ミュージックステーション』にゲスト出演したこともある。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たオリンパス

    オリンパス E-30 プロモーション(2009年、共演:宮崎あおい)リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たぴあ

    1994年から1999年まで、雑誌「ぴあ」誌上で「あっぱれB級シネマ」を連載(のちに『日本のみなさんさようなら』として刊行される)し、広く知られるようになる。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たHulu

    マジすか学園5第6話(2015年、Hulu) - 明智博臣 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た大根仁

    モテキ(2011年9月23日、監督:大根仁、配給:東宝) - 墨田卓也 役リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たナンシー関

    ナンシー関のファンであり、コラムなどで大きな影響を受けている。なお、自分の版画を彫ってもらっている。ナンシー関が亡くなったそのすぐ後にリリーとの対談が予定されていた。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た本屋大賞

    4年の歳月をかけて母親との半生を綴った、自身初の長編小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』が、自身も編集に携わる『en-taxi』上で連載。2005年に単行本が扶桑社から発売されると、「泣き顔を見られたくなければ電車で読むのは危険」などの口コミで、200万部を突破する大ベストセラーとなった。同作は全国の書店員が「最も売りたい本」を投票で選ぶ「本屋大賞2006」の大賞も受賞。更には、テレビドラマ化、松竹による映画化、舞台化がされた。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た北九州市

    リリー・フランキー(Lily Franky、1963年11月4日 - )は、日本のマルチタレントで、イラストレーター、ライター、エッセイスト、小説家、絵本作家、アートディレクター、デザイナー、ミュージシャン、作詞家、作曲家、構成作家、演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー、俳優など、非常に多種多才な顔を持つ。本名、中川 雅也(なかがわ まさや)。福岡県北九州市小倉生まれ。所属事務所は、ガンパウダー有限会社。武蔵野美術大学卒業。身長・174cm、体重・62kg、血液型・B型。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たNHK教育テレビジョン

    独特のタッチの絵で知られ、特に、絵本作品『おでんくん』はアニメ化され、『天才ビットくん』(NHK教育テレビ)のアニメコーナーになっている。また、リクルートの不動産情報雑誌『住宅情報』のTVCMにも、自身の自画像がアニメキャラクターという形で“出演”している(CM自体がアニメのみで製作されているため)。また、歌手木山裕策のニューシングル「home」のジャケットをデザインしている。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

273件中 51 - 60件表示

「リリー・フランキー」のニューストピックワード