170件中 51 - 60件表示
  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たJ-WAVE

    2006年10月25日、安めぐみとの音楽ユニット・リリメグが『おやすみ』でCDデビュー。もともと、J-WAVE『TR2 Wednesday』の番組内でリリー・フランキーの弾くギターにのせて安が歌うという企画から生まれたユニットで、フジテレビ系『新堂本兄弟』やテレビ朝日『ミュージックステーション』にゲスト出演したこともある。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たNHK北九州放送局

    ハレピョン(NHK北九州放送局80周年記念)リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たマガジンハウス

    マムシのanan(2003年・マガジンハウスリリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たキャプテンストライダム

    キャプテンストライダム『ブギーナイト・フィーバー』(出演、2009年)リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たカルチャー・クラブ

    ペンネームの「リリー」の由来は、大学時代の友人とあまりに仲が良く、周りの友人がこの2人に対し、「薔薇と百合(ローズ&リリー)みたい」と名付けた事から。また、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージが好きだった事から、自身も「男だか女だか判らない、日本人だか外国人だか判らない謎めいた名前にしたい」との理由で、「フランキー」を後に付けた。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た藤田恵美

    音楽関係の仕事は、1995年の宍戸留美(1991年にはラジオ番組の構成作家を担当していた)のインディーズアルバム『Set me Free』にて、作詞を4曲と作曲を1曲手がけたのが最初。以後、リリメグのデビューシングル『おやすみ』での作詞&作曲をはじめ、サディスティック・ミカ・バンド、「小野瀬雅生ショウ」、藤田恵美、高見沢俊彦、木村拓哉『君がいる』など、数多くのアーティストへの作詞提供をしている。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド

    一時期、正式なペンネームを“リリー・フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド”や、“リリー・フランキー・ジェット・シティ”などと語っていたが、あくまで『ココリコミラクルタイプ』のオープニングでも使用されている『RELAX』を歌うアーティスト「Frankie Goes To Hollywood」や、「ブランキー・ジェット・シティ」に引っ掛けた洒落である。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たブランキー・ジェット・シティ

    一時期、正式なペンネームを“リリー・フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド”や、“リリー・フランキー・ジェット・シティ”などと語っていたが、あくまで『ココリコミラクルタイプ』のオープニングでも使用されている『RELAX』を歌うアーティスト「Frankie Goes To Hollywood」や、「ブランキー・ジェット・シティ」に引っ掛けた洒落である。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見た柳美里

    2003年、福田和也、柳美里、坪内祐三との共同編集で、季刊の文芸誌『en-taxi』を創刊する。リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

  • リリー・フランキー

    リリー・フランキーから見たより子

    より子。『ほんとはね。』(出演、2002年)リリー・フランキー フレッシュアイペディアより)

170件中 51 - 60件表示

「リリー・フランキー」のニューストピックワード