119件中 81 - 90件表示
  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見たアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン

    マイク・シノダ(Mike Shinoda)とブラッド・デルソン(Brad Delson)は、ロサンゼルスのアゴーラ・ヒルズ(Agoura Hills)にある中学、高校からの親友であった。鑑賞したパブリック・エナミーとアンスラックスのコンサートに衝撃を受け、バンドの結成を決意した2人は、1996年のアゴーラ高校(Agoura High School)卒業時に友人だったロブ・ボードン(Rob Bourdon)を誘い、バンドSuper Xeroを結成する(ブラッドとロブは、かつて「Relative Degree」というバンドで共に活動していた)。その後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でブラッドがアパートをシェアしていたルームメイトのフェニックス(Dave "Phoenix" Farrell)と、マイクがパサデナ(Pasadena)のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインで知り合ったジョー・ハーン(Joe Hahn)(イラストの勉強をしていた。)が加入した。2人の加入後、バンド名は短縮されXeroとなる。5人組となった彼らは、さらにマーク・ウェイクフィールドを加え、初のデモテープを自主制作した。リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見たフェニックス (アリゾナ州)

    結成当初(1996年頃)は、メンバーがバンド活動・学業・仕事の両立に四苦八苦していた上、活動は上向かず、ライヴの客入りは寂しかった。1998年にはリードボーカルを担当していたマークが脱退した。彼の後任を探していたメンバーは、Zomba Recordingsの有力スタッフだったジェフ・ブルーを通じて、9年間ソロや他のバンドで歌っていたアリゾナ州フェニックスのボーカリスト、チェスター・ベニントン(Chester Bennington)を知る。1999年、デモテープを受け取ったチェスターはその音響に感銘し、オーディションを受け加入が即決定した。オーディションの際、彼の卓越した歌声を聴いた他の候補者は帰って行ってしまったという。チェスターを迎えたのを機に、バンドのコンセプトを明確にするためバンド名をXeroからハイブリッド・セオリーに改名、ハイブリッド・セオリー名義でEP作品の『ハイブリッド・セオリーEP』(Hybrid Theory EP)を1000枚自主制作した。フェニックスは、1999年から2000年後半に掛けて他のバンドのツアーに参加するため、バンドから一時離れたが、2001年の「Crawling」のPV撮影から復帰した。リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見たアメリカン・ミュージック・アワード

    アメリカン・ミュージック・アワード - オルタナティヴ・ロック最優秀アーティストリンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見たドラムセット

    ロブ・ボードン(1996年 - 現在)ドラムス担当。リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見た日本武道館

    10月21日 - 横浜アリーナ, 22日 - 大阪城ホール, 24日・25日・27日 - 日本武道館リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見たバレンタイン (映画)

    2000年10月、ドン・ギルモアのプロデュースで1stフルアルバム『ハイブリッド・セオリー』(Hybrid Theory)をリリース。ビルボード・アルバムチャート(Billboard 200)で初登場16位、最高位2位を記録(以下、「全米○位」と表記)。アメリカで2001年に最も売れたアルバムに認定され、現在までに世界で2000万枚近く売り上げている。収録曲のいくつかは、映画『ドラキュリア』『リトル★ニッキー』『バレンタイン』などでフィーチャーされた。2001年にデビューシングル「One Step Closer」をリリースし、同年11月、初の映像作品集『フラット・パーティー』(Frat Party at the Pankake Festival)を、4thシングル「In the End」と同時にリリースした。リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見た名古屋レインボーホール

    11月23日・24日 - さいたまスーパーアリーナ, 26日 - 日本ガイシホール(旧:名古屋レインボーホール), 27日 - 大阪府立体育館リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見た赤十字

    2003年4月8日から行われたプロジェクト・レボリューションのツアーに、アメリカの軍人とその家族を特別ゲストとして招待、「国のために自ら犠牲を払っている人たちに対して、お返しをする必要があると思う」と述べ、軍人らを称えた。2004年に東南アジア地域がスマトラ島沖地震による災害に見舞われた際には、赤十字の協力のもとに基金団体「ミュージック・フォー・リリーフ(Music For Relief)」を設立、バンド自身も10万ドルを寄付し、ファンらにも寄付を呼びかけた。また2005年、チェスター・ベニントンは、アメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナの被害救済のチャリティー企画に参加した(モトリー・クルーのヒット曲「Home Sweet Home」を再レコーディングし、その売上げを被害救済に充てるというもの)。リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見たリヴィング・シングス

    2012年4月18日に5thアルバムからのリード・シングル「Burn It Down」を発表(アメリカでは4月16日、日本盤CDは5月23日)。およそ2か月後の6月には、前作から約2年ぶりの5thアルバム『リヴィング・シングス』(Living Things)を発売。自身最短のリリース間隔である。また、前2作に引き続き、リック・ルービンとマイク・シノダの共同プロデュースである。リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

  • リンキン・パーク

    リンキン・パークから見たヒップ・ホップ

    ラウドロックやヒップ・ホップ、ハードコア、インダストリアル、エレクトロニックなど様々な音楽要素の影響を受けていて、一般にはニューメタルやラップコアに分類される事が多い。しかし当人はラップ・ロック、ニューメタルといったジャンル分けにはうんざりしていた、と言い、フェニックスはかつて、楽曲中に融合されている複数の音楽要素について、「ここはヒップホップで、この部分はハードロック」などのように各ジャンルごとにカテゴライズされるのではなく、「リンキン・パークの音」だと言われたい、とコメントしている。3rdアルバムでは大きく音楽性を転向し、従来の楽曲に見られたマイクによるラップボーカル、チェスターのシャウト、ヘヴィなサウンドはほとんど姿を消し、哀愁感のあるロック・バラードが前面に出た作品になった。また、歌詞中にはfuckなどのいわゆるFワードが2ndアルバムまで含まれていないことも特徴だった(3rdアルバムの一部の曲(「ギヴン・アップ」等)には含まれる為、日本国外ではFワードのないclean版も発売された)。4thアルバムでは、一部の曲でマイクのラップボーカル、チェスターのシャウトが復活しているが、ヘヴィなギターサウンドは消極的になっている。リンキン・パーク フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「リンキン・パーク」のニューストピックワード