前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 日本プロバスケットボールリーグ

    日本プロバスケットボールリーグから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    栃木県にプロバスケットボールチームを誘致する会 - 別団体がプロチーム「リンク栃木ブレックス」としてJBLに加盟。日本プロバスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 荒井尚光

    荒井尚光から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2007年、大塚商会の後継チームとして地元に誕生したリンク栃木ブレックスに移籍。荒井尚光 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    ドラフト会議1巡目で指名した板倉令奈の優先交渉権と、東京アパッチの持つ城宝匡史の仮保有権及び2010年ドラフト会議での1順目指名権をトレードし、城宝匡史を獲得する。トライアウトで堀川竜一を獲得する。小島佑太、小川伸也、町田洋介をプロテクト指名したが、町田はリンク栃木ブレックスに移籍する。藤原隆充と佐藤浩貴がFA権を取得したが、残留。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイク・ホール、ルーク・ゼラー、クリス・シュラッターを獲得する。アン・ソンスが退団し、外国籍のアジア人枠に該当する選手はゼロとなる。シーズン途中にレイ・シェファー、マイキー・マーシャルを獲得。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤俊亮

    伊藤俊亮から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    伊藤 俊亮(いとう しゅんすけ、1979年6月27日 - )は、神奈川県座間市出身のバスケットボール選手である。ポジションはセンター。204cm、112kg。リンク栃木ブレックス所属。ニックネームは「イートン」。伊藤俊亮 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川禎浩

    梁川禎浩から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    梁川 禎浩(やながわ ただひろ、1986年4月25日 - )は、韓国生まれ大阪府出身の男子プロバスケットボール選手である。リンク栃木ブレックスに所属。ポジションはG。身長183cm、体重74kg。背番号19。梁川禎浩 フレッシュアイペディアより)

  • 命名権

    命名権から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    栃木SC宇都宮フィールド・ブレックスアリーナ宇都宮(栃木県宇都宮市) - 宇都宮市が推進する「施設愛称によるプロスポーツ応援事業」として、無償で宇都宮市を本拠地とするプロチーム名(栃木SC・リンク栃木ブレックス)を冠した名称としている。命名権 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    田臥 勇太(たぶせ ゆうた、1980年10月5日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。ポジションはポイントガード。神奈川県横浜市金沢区出身。日本バスケットボールリーグのリンク栃木ブレックス所属。日本人初のNBAプレーヤーで、高校時代には世界ジュニア選抜に選ばれた。身長173cm、体重75kg、靴のサイズ29cm。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のバスケットボール

    2008年のバスケットボールから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    8月31日 リンク栃木ブレックス、元NBA選手の田臥勇太を獲得。2008年のバスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のバスケットボール

    2010年のバスケットボールから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    JBL、リンク栃木ブレックスがプロチームとして初となるプレーオフ進出を決める。2010年のバスケットボール フレッシュアイペディアより)

  • 安齋竜三

    安齋竜三から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2007年、JBL2の栃木ブレックスへ移籍。事実上の古巣復帰となる。主将も務める。安齋竜三 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「リンク栃木ブレックス」のニューストピックワード