171件中 11 - 20件表示
  • 鎌田眞吾

    鎌田眞吾から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    鎌田 眞吾(かまた しんご、1977年9月5日 - )は、日本の元男子バスケットボール選手、実業家。栃木ブレックス代表取締役社長兼ゼネラルマネージャー。東京都中央区出身。白鴎大学経営学部経営学科卒業。鎌田眞吾 フレッシュアイペディアより)

  • 鵤誠司

    鵤誠司から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    鵤 誠司(いかるが せいじ、1994年1月8日 - )は、日本のバスケットボール選手である。ポジションはポイントガード。栃木ブレックス所属。鵤誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 安齋竜三

    安齋竜三から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2007年、JBL2の栃木ブレックスへ移籍。事実上の古巣復帰となる。主将も務める。安齋竜三 フレッシュアイペディアより)

  • ニコロス・ツキティシュビリ

    ニコロス・ツキティシュビリから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    ニコロス・ツキティシュビリ(、、1983年4月14日 - )は、ジョージア(旧称グルジア)のプロバスケットボール選手。ソビエト連邦グルジアトビリシ出身。ポジションはパワーフォワード/センター。213cm、111kg。リンク栃木ブレックス所属。ニコロス・ツキティシュビリ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本晃佑

    橋本晃佑から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    橋本 晃佑(はしもと こうすけ、1993年5月6日 - )は、日本の男子バスケットボール選手である。栃木県出身。ポジションはセンターフォワード。リンク栃木ブレックス所属。203cm、107kg。橋本晃佑 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡大晴

    片岡大晴から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    在学中の2007年、栃木ブレックスに育成選手として入団。片岡大晴 フレッシュアイペディアより)

  • 富山グラウジーズ

    富山グラウジーズから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    比留木謙司(三遠)、嶋田基志(仙台)、山崎稜(栃木)などが退団する一方、サンロッカーズ渋谷からは大塚裕土を、千葉ジェッツからは上江田勇樹、大阪エヴェッサからは橋本尚明を、栃木ブレックスからは2017-18シーズン末までの期限付移籍で青木ブレイクを獲得した。富山グラウジーズ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀レイクスターズ

    滋賀レイクスターズから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    ドラフト会議を前に小島佑太、小川伸也、町田洋介をプロテクト指名したが、町田はリンク栃木ブレックスに移籍した。藤原隆充と佐藤浩貴はFA権を取得したが残留。ドラフト会議では1巡目で板倉令奈を指名して優先交渉権を獲得したが入団には至らず、東京アパッチの持つ城宝匡史の仮保有権及び2010年ドラフト会議での1順目指名権をトレードし、城宝匡史を獲得した。チームトライアウトで堀川竜一を獲得。外国人はゲイリー・ハミルトン、マイク・ホール、ルーク・ゼラー、クリス・シュラッターを獲得する。アン・ソンスが退団し、外国籍のアジア人枠に該当する選手はゼロとなる。滋賀レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 喜多川修平

    喜多川修平から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    喜多川 修平(きたがわ しゅうへい、1985年10月1日 - )は、日本の男子バスケットボール選手である。ポジションはG/F。神奈川県出身で栃木ブレックス所属。喜多川修平 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ジェッツふなばし

    千葉ジェッツふなばしから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    特に富樫勇樹はチームにとって頼もしい存在だった。第92回天皇杯 全日本総合バスケットボール選手権大会では準々決勝に栃木、準決勝に三河を破り、決勝戦では川崎を88-66で破り、見事初優勝を飾った。創設6年目にして、クラブ史上初のタイトルを手にした快挙だった。また旧bjリーグに加盟していたチームの優勝も史上初である。千葉ジェッツふなばし フレッシュアイペディアより)

171件中 11 - 20件表示
[an error occurred while processing this directive]