171件中 21 - 30件表示
  • 渡邉裕規

    渡邉裕規から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    渡邉 裕規(わたなべ ひろのり、1988年3月22日 - )は、神奈川県出身の日本のバスケットボール選手である。2009年にパナソニックトライアンズに入部し、2013-14シーズンにリンク栃木ブレックスに移籍。2016-17シーズン終了後に引退したが、2017年11月21日現役復帰することが発表された。身長180cm、体重74kgでポジションはポイントガード。渡邉裕規 フレッシュアイペディアより)

  • 命名権

    命名権から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    栃木SC宇都宮フィールド・ブレックスアリーナ宇都宮(栃木県宇都宮市) - いずれも宇都宮市営の施設だが、同市が推進する「施設愛称によるプロスポーツ応援事業」として、無償で宇都宮市を本拠地とするプロチーム名(栃木SC・リンク栃木ブレックス)を冠した名称としている。命名権 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ウィスマン

    トーマス・ウィスマンから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2008年、リンク栃木ブレックスコーチに就任。シーズン途中で解任された加藤三彦に代わりヘッドコーチに昇格し、低迷していたチームの順位を5位まで上げた。2009-10シーズンには初のプレーオフ、優勝に導いた。トーマス・ウィスマン フレッシュアイペディアより)

  • 菅澤紀行

    菅澤紀行から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2010年にリンク栃木ブレックスの下部組織TGI D-RISEと契約し、プロ選手となる。D-RISEに2シーズン所属した後、2012年にbjリーグのドラフト会議で群馬クレインサンダーズに1巡目で指名され、移籍。その後2013-14シーズンより秋田に所属している。菅澤紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田ノーザンハピネッツ

    秋田ノーザンハピネッツから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    中村HCが退任、富樫勇樹はNBA挑戦、佐野吉宗、小林祐太が契約解除となる一方、ドラフトで前和歌山の中島良史を獲得する。また福岡からFA宣言していた竹野明倫を獲得した。ヘッドコーチはテクニカルディレクターであった長谷川誠が就任する。8月には前東京の内村祥也を練習生として受け入れ、9月に選手契約が成立した。外国人選手はリチャード・ロビー とルーベン・ボイキン が昨年に引き続いて契約成立し、また、新たにタイラン・ウォーカー、ジャリッド・フェイマス と契約合意した。9月に行われたプレシーズンゲームでは富山と2戦して連敗、琉球にも破れ、東北カップでは初日岩手に敗戦、2日目の青森戦にも敗北、NBLのリンク栃木戦でも敗戦と、新チームとなってからなかなか結果を出せず、加えて家族の事情でチームを離脱したフェイマスとの契約が9月28日に未締結となったが、昨季途中に加入したディショーン・スティーブンス が開幕前に復帰した。秋田ノーザンハピネッツ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎ブレイブサンダース

    川崎ブレイブサンダースから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2013年、ナショナル・バスケットボール・リーグ参戦に伴いチーム名を「東芝ブレイブサンダース神奈川」とする。同リーグ初年度は優勝を果たし、前身のリーグ含め2004-05以来9シーズンぶりに優勝した。また、同リーグ最後のシーズンとなる2015-2016年において、レギュラーシーズン3位となる。プレーオフにおいて、レギュラーシーズン2位のリンク栃木ブレックスを退けファイナル進出、アイシンシーホース三河に2敗の後3連勝し優勝した。川崎ブレイブサンダース フレッシュアイペディアより)

  • 並里成

    並里成から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    スラムダンク奨学金の第1期生としてアメリカに留学、2009年に帰国しリンク栃木ブレックスと契約、プロ選手となる。JBL 2009-10シーズンは栃木で、bjリーグ 2011-12とbjリーグ 2013-14の2シーズンは琉球ゴールデンキングスで優勝メンバーとなった。並里成 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2014年7月、過去に三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ、リンク栃木ブレックス、アイシンシーホースに在籍し、日本代表とユニバーシアードの経験を持つ大宮宏正が加入。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 約束の2010

    約束の2010から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    横浜F・マリノスの中澤佑二に密着したドキュメンタリー。中澤はヴェルディ川崎に入団した1999年にJリーグ新人王を獲得するなど輝かしい記録を残し、サッカー日本代表にも選ばれた。2006 FIFAワールドカップ後に一度は腰痛などを理由に代表からの引退を決意したが、バスケットボール・田臥勇太(リンク栃木ブレックス)との出会いで再び代表を目指す決意をした。約束の2010 フレッシュアイペディアより)

  • ラマー・ライス

    ラマー・ライスから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2011年、JBLのリンク栃木ブレックスに入団。2012年、TGI D-RISEに移籍。その後豊田通商ファイティングイーグルスに移籍。2012年12月に契約解除。ラマー・ライス フレッシュアイペディアより)

171件中 21 - 30件表示
[an error occurred while processing this directive]