99件中 71 - 80件表示
  • 秋田県立能代工業高等学校

    秋田県立能代工業高等学校から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    加藤三彦(JBL、リンク栃木ブレックス前HC、前同校監督:1978-81年在学)秋田県立能代工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地勇樹

    菊地勇樹から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    高校は北陸高校など他県からの誘いもあったが、地元の名門能代工業に進学。入学直後センターからフォワードへコンバートされる。スリーポイントシュートを武器に田臥勇太(現リンク栃木ブレックス)、若月徹(現JR東日本秋田)と共に高校9冠に貢献。ジュニア日本代表にも選ばれ世界選手権も経験。菊地勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿沼総合体育館

    鹿沼総合体育館から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    日本バスケットボールリーグのリンク栃木ブレックスが鹿沼市とマザータウン協定を締結しており、練習拠点としているほかホームゲームを開催している。鹿沼総合体育館 フレッシュアイペディアより)

  • イブニング6 (とちぎテレビ)

    イブニング6 (とちぎテレビ)から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    栃木県のバスケットボールクラブリンク栃木ブレックスのチアダンスチーム「ブレクシー」のメンバーがアレンジした健康体操イブニング6 (とちぎテレビ) フレッシュアイペディアより)

  • プロフェッショナル

    プロフェッショナルから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    一方の旧JBLもbjリーグに対抗するべくこれまでのスーパーリーグを改組し、日本バスケットボールリーグ (JBL)を2007年より開始した。だが、リーグ構成はプロクラブと実業団の混成であり、完全なるプロリーグとはならず、その結果、プロ志向の強いオーエスジーフェニックス東三河(現・浜松・東三河フェニックス)が1シーズン限りでbjリーグへ転籍した。JBLでは選手の契約内容によって登録I種と登録II種に分けており、プロ契約は登録I種に属しているが全員がプロではなく、嘱託選手や学生なども含まれる。なお、レラカムイ北海道とリンク栃木ブレックスは全選手がプロ契約であり、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズは全選手が登録I種である。プロフェッショナル フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学第二中・高等学校

    法政大学第二中・高等学校から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    町田洋介 - プロバスケットボール選手(リンク栃木ブレックス法政大学第二中・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • アイシンシーホース

    アイシンシーホースから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2010年 - オールジャパン3連覇。3連覇を目指した日本バスケットボールリーグのプレーオフ・ファイナルでリンク栃木ブレックスに3連敗して、準優勝に甘んじる。アイシンシーホース フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボールリーグ

    日本バスケットボールリーグから見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2007年9月 - オーエスジーが2007-08シーズン限りでJBLより脱退し、bjリーグに転籍することが決定。栃木ブレックスの新規参入を承認。日本バスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 川村卓也

    川村卓也から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    川村 卓也(かわむら たくや、1986年4月24日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。岩手県盛岡市出身、ポジションはSG、日本バスケットボールリーグのリンク栃木ブレックス所属。身長193cm、体重86Kg。川村卓也 フレッシュアイペディアより)

  • 折茂武彦

    折茂武彦から見たリンク栃木ブレックスリンク栃木ブレックス

    2011年11月5日、対リンク栃木戦(あづま総合体育館)においてリーグ史上初の通算7000得点を達成。折茂武彦 フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示