61件中 41 - 50件表示
  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たCRTイヴニングタイムズ

    チーム関連のラジオ番組としては、栃木放送では「CRTイヴニングタイムズ」内コーナー「Best!ブレックス!」、RADIO BERRYで「B-BOX」内コーナー「あやえもんのGO!GO!BREX!!」、川村卓也がメインパーソナリティの「川村卓也のたくやんちゃレディオ!」(川村の出身地にあるFM岩手へもネット)、NHK宇都宮放送局では「とちぎ6時です!」内コーナー「ブレックス応援リーグ」が放送されている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た鹿沼市

    7月30日には鹿沼市との間で「マザータウン」協定を締結。2007年より鹿沼総合体育館(フォレストアリーナ)を練習拠点として活動してきたが、締結後はマザータウンとして鹿沼市での活動をより積極化する。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た浜松・東三河フェニックス

    オーエスジーフェニックス東三河が2007-2008シーズン限りでJBLからbjリーグへ転籍したため、2008-09シーズンよりJBLに昇格。昇格にあたりチーム名の命名権をメインスポンサーのリンクアンドモチベーションに売却し、4月1日より「リンク栃木ブレックス」とする。またヘッドコーチに秋田県立能代工業高等学校で監督を務めた加藤三彦が就任。山谷はゼネラルマネージャーも兼任する。新入団選手に加藤の高校の後輩かつ教え子でもある高久順ら、移籍選手として日本代表の川村卓也、元日本代表の伊藤俊亮、地元出身の大宮宏正らを獲得した。さらに2008年8月31日、加藤の高校の後輩かつ教え子である元NBA選手の田臥勇太を獲得した。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たゼネラルマネージャー

    オーエスジーフェニックス東三河が2007-2008シーズン限りでJBLからbjリーグへ転籍したため、2008-09シーズンよりJBLに昇格。昇格にあたりチーム名の命名権をメインスポンサーのリンクアンドモチベーションに売却し、4月1日より「リンク栃木ブレックス」とする。またヘッドコーチに秋田県立能代工業高等学校で監督を務めた加藤三彦が就任。山谷はゼネラルマネージャーも兼任する。新入団選手に加藤の高校の後輩かつ教え子でもある高久順ら、移籍選手として日本代表の川村卓也、元日本代表の伊藤俊亮、地元出身の大宮宏正らを獲得した。さらに2008年8月31日、加藤の高校の後輩かつ教え子である元NBA選手の田臥勇太を獲得した。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たイブニング6 (とちぎテレビ)

    地元テレビ局であるとちぎテレビではJBL2時代より中継を実施しており、JBL昇格後は開幕戦及び宇都宮で開催されたオールスターゲームの生中継も行った。2009-10シーズンはホームゲーム生中継が増加しただけでなく開幕戦を含むアウェーゲーム2試合も録画中継することになった。さらにプレーオフ進出に伴い、セミファイナル3戦を録画中継、ファイナル第3戦(これが優勝決定試合となった)は生中継が決定した。とちぎテレビではローカルニュース番組「イブニング6」内でブレックス応援コーナー「DUNK 愛LOVE BREX」が放送されている。現在もとちぎテレビでの主管試合中継をスカイ・エーとの共同制作により、栃木県内には生中継で、スカパー!や全国の契約ケーブルテレビ局では後日録画中継で放送されている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たB-BOX

    チーム関連のラジオ番組としては、栃木放送では「CRTイヴニングタイムズ」内コーナー「Best!ブレックス!」、RADIO BERRYで「B-BOX」内コーナー「あやえもんのGO!GO!BREX!!」、川村卓也がメインパーソナリティの「川村卓也のたくやんちゃレディオ!」(川村の出身地にあるFM岩手へもネット)、NHK宇都宮放送局では「とちぎ6時です!」内コーナー「ブレックス応援リーグ」が放送されている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た須賀川市

    2010年7月7日に本拠地であるブレックスアリーナ宇都宮にて開催されるバスケットボール男子日本代表VS東莞レオパーズの強化試合は、運営会社であるリンクスポーツエンターテインメントが主管して行われた。その後も、7月27日に(ブレックスが主催試合を開催した事のある)福島県須賀川市で開かれたレバノン戦も主管となった。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た東莞レオパーズ

    2010年7月7日に本拠地であるブレックスアリーナ宇都宮にて開催されるバスケットボール男子日本代表VS東莞レオパーズの強化試合は、運営会社であるリンクスポーツエンターテインメントが主管して行われた。その後も、7月27日に(ブレックスが主催試合を開催した事のある)福島県須賀川市で開かれたレバノン戦も主管となった。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た日本バスケットボールリーグ2部機構

    2006年6月、栃木県出身の駒澤大学バスケットボール部OB、金井亨が中心となり運営母体「ドリームチームエンターテイメント栃木」(DTE栃木)を設立し新リーグへの参入を正式に申請する。いったんは参入の内定をもらったものの、諸事情により最終的には参戦に至らず。しかし、その後同年限りでバスケットボール日本リーグ撤退を決めていた大塚商会アルファーズから会員資格を譲渡され、「栃木ブレックス」として、新JBLの下部リーグとして旧日本リーグを受け継ぐ日本バスケットボールリーグ2部機構(JBL2)に参加する事が決定。これは大塚商会創業者が栃木県出身である縁から、アルファーズ元スタッフがDTE栃木に参画していたことによるものである。経営コンサルティング会社のリンクアンドモチベーションとメインスポンサー契約を結び、社長には元アメリカンフットボール選手であり同社のコンサルタントを務める山谷拓志が就任。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た日本プロサッカーリーグ

    宇都宮市が推進する「施設愛称によるプロスポーツ応援事業」の一環として、ホームアリーナである宇都宮市体育館を2009年5月より2013年3月まで愛称を「ブレックスアリーナ宇都宮」としている。これは施設命名権とは異なり市が無償で命名しているものであり、公共施設にチーム名が愛称として使用されるのは日本初である。同じく宇都宮市をホームとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する栃木SCが練習場に使用し、自転車チームの宇都宮ブリッツェンも協議に入っている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「リンク栃木ブレックス」のニューストピックワード