90件中 41 - 50件表示
  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た栃木SC

    宇都宮市が推進する「施設愛称によるプロスポーツ応援事業」の一環として、ホームアリーナである宇都宮市体育館を2009年5月より2013年3月まで愛称を「ブレックスアリーナ宇都宮」としている。これは施設命名権とは異なり市が無償で命名しているものであり、公共施設にチーム名が愛称として使用されるのは日本初である。同じく宇都宮市をホームとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する栃木SCが練習場に使用し、自転車チームの宇都宮ブリッツェンも協議に入っている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た駒澤大学

    2006年6月、栃木県出身の駒澤大学バスケットボール部OB、金井亨が中心となり運営母体「ドリームチームエンターテイメント栃木」(DTE栃木)を設立し新リーグへの参入を正式に申請する。いったんは参入の内定をもらったものの、諸事情により最終的には参戦に至らず。しかし、その後同年限りでバスケットボール日本リーグ撤退を決めていた大塚商会アルファーズから会員資格を譲渡され、「栃木ブレックス」として、新JBLの下部リーグとして旧日本リーグを受け継ぐ日本バスケットボールリーグ2部機構(JBL2)に参加する事が決定。これは大塚商会創業者である大塚実が栃木県出身である縁から、アルファーズ元スタッフがDTE栃木に参画していたことによるものである。経営コンサルティング会社のリンクアンドモチベーションとメインスポンサー契約を結び、社長には元アメリカンフットボール選手であり同社のコンサルタントを務める山谷拓志が就任。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た東日本大震災

    東日本大震災の影響でシーズン終盤は中止。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たケーブルテレビ

    地元テレビ局であるとちぎテレビではJBL2時代より中継を実施しており、JBL昇格後は開幕戦及び宇都宮で開催されたオールスターゲームの生中継も行った。2009-10シーズンはホームゲーム生中継が増加しただけでなく開幕戦を含むアウェーゲーム2試合も録画中継することになった。さらにプレーオフ進出に伴い、セミファイナル3戦を録画中継、ファイナル第3戦(これが優勝決定試合となった)は生中継が決定した。とちぎテレビではローカルニュース番組「イブニング6」内でブレックス応援コーナー「DUNK 愛LOVE BREX」が放送されている。現在もとちぎテレビでの主管試合中継をスカイ・エーとの共同制作により、栃木県内には生中継で、スカパー!や全国の契約ケーブルテレビ局では後日録画中継で放送されている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たインディアナ・ペイサーズ

    栃木県の姉妹提携州である米国インディアナ州にあるNBAチーム「インディアナ・ペイサーズ」のチームカラーを踏襲している。ペイサーズに敬意を表し、またNBAのプレーやエンターテイメントを手本としたいという思いを込めている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た京都ハンナリーズ

    2011-12シーズンはパーマーHCが続投、ACにbjリーグ・京都ハンナリーズ元HCの青野和人を迎え入れる。町田洋介が引退、並里成、大宮宏正らが移籍したものの、新戦力として北海道から山田大治、アイシンから網野友雄らが移籍加入した。外国人としてNBAでもプレー経験を持つナイジェリア出身のオルミデ・オイデジ、前日立のタイラー・スミスが加入。12月には「東日本大震災復興支援チャリティーゲーム・コジマ presents KIZUNAドリームマッチ2011」をブレックスアリーナ宇都宮で開催した。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たレバンガ北海道

    2011-12シーズンはパーマーHCが続投、ACにbjリーグ・京都ハンナリーズ元HCの青野和人を迎え入れる。町田洋介が引退、並里成、大宮宏正らが移籍したものの、新戦力として北海道から山田大治、アイシンから網野友雄らが移籍加入した。外国人としてNBAでもプレー経験を持つナイジェリア出身のオルミデ・オイデジ、前日立のタイラー・スミスが加入。12月には「東日本大震災復興支援チャリティーゲーム・コジマ presents KIZUNAドリームマッチ2011」をブレックスアリーナ宇都宮で開催した。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たNHK宇都宮放送局

    チーム関連のラジオ番組としては、栃木放送では「CRTプライムタイムズ」内コーナー「Best!BREX!」、RADIO BERRYでは「B・E・A・T」内コーナー「あやえもんのGO!GO!BREX!!」、NHK宇都宮放送局では「とちぎ6時です!」内コーナー「ブレックス応援リーグ」が放送されている。かつて在籍していた川村卓也はRADIO BERRY「川村卓也のたくやんちゃレディオ!」のメインパーソナリティも務めていた(川村の出身地にあるFM岩手へもネット)。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た下野新聞社

    パンツ:産電(右前上)、パン デ バルク(ホーム右前中)、リンクアンドモチベーション(右前下)、アルファクラブ(ホーム左前上)、タマボリ(アウェー左前上)、下野新聞社(左前下)、宇都宮市(左後ろ、「住めば愉快だ宇都宮」明記)リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見たスカイ・エー

    地元テレビ局であるとちぎテレビではJBL2時代より中継を実施しており、JBL昇格後は開幕戦及び宇都宮で開催されたオールスターゲームの生中継も行った。2009-10シーズンはホームゲーム生中継が増加しただけでなく開幕戦を含むアウェーゲーム2試合も録画中継することになった。さらにプレーオフ進出に伴い、セミファイナル3戦を録画中継、ファイナル第3戦(これが優勝決定試合となった)は生中継が決定した。とちぎテレビではローカルニュース番組「イブニング6」内でブレックス応援コーナー「DUNK 愛LOVE BREX」が放送されている。現在もとちぎテレビでの主管試合中継をスカイ・エーとの共同制作により、栃木県内には生中継で、スカパー!や全国の契約ケーブルテレビ局では後日録画中継で放送されている。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

90件中 41 - 50件表示
[an error occurred while processing this directive]