66件中 41 - 50件表示
  • ミーン・ガールズ

    ミーン・ガールズから見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    『ミーン・ガールズ』(原題: Mean Girls)は、2004年のアメリカ合衆国の映画。リンジー・ローハン主演の学園コメディ。ミーン・ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • アイルランド系アメリカ人

    アイルランド系アメリカ人から見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    リンジー・ローハン:女優。アイルランド・イタリア系アイルランド系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • 松本恵奈

    松本恵奈から見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    2010年6月発売の雑誌『Happie nuts〔ハピーナッツ〕』の表紙に単独で登場(8月号)。ブランドプロデューサーとしての登場でこれは前代未聞のことであった。同年には『JJ』誌の表紙にも初登場し注目を集めている。さらにその翌2011年にもハピーナッツ誌の表紙に登場。峯村優衣と並んでの登場で、誌面では6ページに及ぶ特集の題材となった。この年には米国にまで赴いたうえでの女優のリンジー・ローハンのプロデュースなども注目を集め、自ら表紙を飾った『JJ』4月号にてそれが特集の題材となるなどしている。松本恵奈 フレッシュアイペディアより)

  • アグリー・ベティ

    アグリー・ベティから見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    キミー・キーガン - リンジー・ローハンアグリー・ベティ フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原 亜里沙

    小笠原亜里沙から見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    リンジー・ローハンの吹き替え】小笠原亜里沙 フレッシュアイペディアより)

  • ティーン・ポップ

    ティーン・ポップから見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    1996年に女性歌手グループ・スパイス・ガールズがリリースした『ワナビー』のヒットをきっかけに、ハンソン、バックストリート・ボーイズ、イン・シンク、ロビン、オール・セインツなどが有名になっていった。1999年におけるブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ジェシカ・シンプソン、マンディ・ムーアの成功をオールミュージックは“ポップロリータ”トレンドと呼んだ。その後、ウィラ・フォード、A*Teens、リンジー・ローハン、ヒラリー・ダフ、アトミック・キトゥンなどティーン向けのポップ歌手やバンドが急増していった。ティーン・ポップ フレッシュアイペディアより)

  • パリス・ヒルトン

    パリス・ヒルトンから見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    。パリス、リンジー・ローハン、ブリトニー・スピアーズをまとめて「ブリット・パック(Bullitt Pack)」と言う。また、その素行の悪さから「バッドガール(Bad Girl)」とも言われる。パリス・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • 菊地ゆうみ

    菊地ゆうみから見たリンゼイ・ローハンリンジー・ローハン

    『ファミリー・ゲーム/双子の天使』、『スーパードール パパが人形に恋をした』、『探偵少女レクシー』と、リンゼイ・ローハンのスクリーンデビューから三作連続で声を担当した。菊地ゆうみ フレッシュアイペディアより)

  • 小悪魔はなぜモテる?!

    小悪魔はなぜモテる?!から見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    『シカゴ・サンタイムズ』の映画評論家のロジャー・イーバートは4つ星満点で3つ星半を与えた。また、Us Weeklyのジョン・グリフィスは4つ星満点で2つ星半を与え、「ハスキーボイスで燃えるような色の髪のストーンは、昔のリンジー・ローハンのようで壮観だ」と褒めたが、その後「ストーリーは薄く、笑いの要素はわずかだ」と続けた。小悪魔はなぜモテる?! フレッシュアイペディアより)

  • 幸せのルールはママが教えてくれた

    幸せのルールはママが教えてくれたから見たリンジー・ローハンリンジー・ローハン

    『幸せのルールはママが教えてくれた』(しあわせのるーるはままがおしえてくれた 原題: )は、2007年に公開されたコメディ映画。監督はゲイリー・マーシャル。ジェーン・フォンダ、リンジー・ローハン、フェリシティ・ハフマン主演。幸せのルールはママが教えてくれた フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「リンジー・ローハン」のニューストピックワード