44件中 21 - 30件表示
  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たファミリー・ゲーム/双子の天使

    3歳よりフォード・モデル・エージェンシーに所属し、約60本ものコマーシャルに出演。その後ディズニー社のテレビシリーズや映画に出演し、子役として活躍。1998年に『ファミリー・ゲーム/双子の天使』で映画デビュー。この作品でヤング・アーティスト・アワードの主演女優賞を受賞し、人気子役となる。その後、学業を優先するために芸能活動を休業。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たリハビリ

    喫煙・飲酒がやめられないらしく、禁酒するためにセラピーを受けたりしている。また、ヴァニティ・フェア紙のインタビューで、取材時には「昔はドラッグをやめられなかった」と言ったものの、後日一転して本人は否定。ヴァニティ・フェア紙側は「インタビューを録音したカセットもある」と言っているが真相は不明である。2007年5月にアルコール依存症を克服するため、ブリトニー・スピアーズが入所していたリハビリ施設に入所した。同年7月に退所。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たセラピー

    喫煙・飲酒がやめられないらしく、禁酒するためにセラピーを受けたりしている。また、ヴァニティ・フェア紙のインタビューで、取材時には「昔はドラッグをやめられなかった」と言ったものの、後日一転して本人は否定。ヴァニティ・フェア紙側は「インタビューを録音したカセットもある」と言っているが真相は不明である。2007年5月にアルコール依存症を克服するため、ブリトニー・スピアーズが入所していたリハビリ施設に入所した。同年7月に退所。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見た俳優

    リンジー・ローヘン(, 1986年7月2日 - )は、アメリカ合衆国の女優、歌手。以前は「リンゼイ・ローハン」と表記されていたが、日本でのCD発売に際し、「リンジー・ローハン」に統一された(彼女の代表作『フォーチュン・クッキー』までは「リンゼイ」となっている)。苗字の発音はもとは1だったが、後に2とされている。実際の発音は「リンジー・ローヘン」。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たパンクト

    パンクト』 Punk'd (2003)リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たマキシム (雑誌)

    2007年に「マキシム」誌が発表した「世界で最もホットな人物 TOP100」の1位に選ばれた。同年公開された『I Know Who Killed Me』が酷評され、ゴールデンラズベリー賞のワースト主演女優賞とワースト・スクリーン・カップル賞を受賞(作品自体も8冠を制した)。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見た動物の倫理的扱いを求める人々の会

    保護観察期間中の薬物陽性反応によって年明けまでリハビリ施設で過ごすように命じられたリンジーだが、金欠状態で治療費の15万ドル(約1215万円)も払えない状態だという。2010年11月、米RadarOnlineによれば、そんなリンジーに2つ仕事のオファーがきているという。1つは成人向けウェブサイトのTube8.comでリンジーに5万ドル(約405万円)で仕事をオファーし、リンジーが入所しているBetty Fordクリニックでの治療費の援助を申し出たという。ポルノサイトからの仕事のオファーと言っても実際にリンジーが脱ぐわけではなく、マーケティング・コンサルタントとしてアダルト作品の販売における相談役を務めることになるという。さらに特別ボーナスとして同社の膨大なアダルトコレクションを無制限に視聴できるというオマケも付くという。このオファーはリンジーが実在したポルノ女優役で映画に出演することが決まっているため、それを意識してのアプローチだという。もう1つは世界最大の動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)でリンジーがヴィーガン(絶対菜食主義者)になれば1万ドル(約81万円)、それを続ければさらに1万ドルのボーナスを用意しているという。これまでも著名人を使ったメディア戦略を行ってきたPETAはリンジーがヴィーガンになることでイメージアップを狙っているようである。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たティーン・チョイスアワード

    2003年の『フォーチュン・クッキー』が全米で1億ドルを超える大ヒットを記録、一躍全米を代表するティーン・アイドルとなり、翌年公開の『ミーン・ガールズ』もヒットした。2004年にMTVムービー・アワードでホストを務め、ブレイクスルー演技賞を受賞。同年開催されたティーン・チョイスアワードでは、映画部門の女優賞(コメディ部門)を含む4冠を達成。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たアイルランド

    ニューヨーク市ブロンクス区にて生まれ、カトリックの家庭に育つ。祖先はアイルランドとイタリアの出身。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見た陰毛

    ヒラリー・ダフとは元恋人のアーロン・カーターを取り合って以降、犬猿の仲。アシュリー・シンプソンとも彼氏を巡って争っている。またパリス・ヒルトン、ニコール・リッチーとも仲が悪く、「パリスはビッチよ」などと彼女を非難する言葉をパパラッチに叫んだり、アザを見せては「パリスにやられた」などと発言。テレビの前でパリスの男性友人に口汚く罵られた(リンジーのあそこは赤毛など)。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「リンジー・ローハン」のニューストピックワード