82件中 31 - 40件表示
  • 竜ヶ岳 (山梨県)

    竜ヶ岳 (山梨県)から見たリンドウリンドウ

    ダイヤモンド富士が展望できる山として知られていて、登山やハイキングの対象となる山である。山梨県により山梨百名山の一つに選定されている。かつては山頂部が深い笹に覆われていて登頂が困難であったが、2000年に笹原が切り開かれ登山道が整備された。山頂はなだらかな広場となっていて、テーブルとベンチが設置されている。2009年6月に登山家の田部井淳子が訪問していた。積雪したり、霜が張ることがある。以下のルートが開設されている。代表的な本栖湖キャンプ場からのコース(無雪期・天候良好時)は、山梨県により技術的難易度が「ランクA/(A-E)」(低い-中程度)、体力度が「2/1-10」(低程度、日帰りが可能)とされていて、途中に石仏を祀った祠と展望台となるあずまやが設置されている。南域の一部コースは東海自然歩道を兼ねている。他に南側の毛無山や雨ヶ岳から端足峠を経て天子山地を縦走するコースもある。北東山腹には本栖の森周遊歩道が整備されている。登山道脇では秋にアキノキリンソウやリンドウなどの花が見られる。竜ヶ岳 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • 毛抜形太刀 (重要文化財工第1354号)

    毛抜形太刀 (重要文化財工第1354号)から見たリンドウリンドウ

    毛抜形太刀の特徴でもある柄部分は、鉄地に銀装され、毛抜形の透かしの周囲にリンドウの唐草文様が浮き彫りになっている。また上下に銀覆輪が施され兜金と縁金でこれが固定され、柄頭の鵐目(しとどめ)から菖蒲革の手貫緒が垂れる。鍔部分は四つ葉形で内を透かし彫りされており、切羽(せっぱ)は2枚、鎺(はばき)には身を抜いて一小孔が穿たれており、いずれの金具も銀装で拵えている。現在の鞘は今白木を麻布でくくまれているが、集古十種編纂当時は錦裏であったとされる。帯取足金物の二の足と責金物一個は当時のまま、一の足、七つ金、渡巻柄の露金物は室町時代に補填されたものである。毛抜形太刀 (重要文化財工第1354号) フレッシュアイペディアより)

  • 観龍寺 (倉敷市)

    観龍寺 (倉敷市)から見たリンドウリンドウ

    江戸時代に2度伽藍を焼失するも、その都度復興し、現在、本堂・大師堂・山門・客殿・庫裏・位牌堂・淡島堂・妙見堂などを有する。再建された本堂の屋根瓦は古い物で約250年前のものとされ、三つ巴やリンドウ、キクなどの紋が刻まれている。鐘楼は昭和時代末に再建され、瓦は様々な紋様が使用された。この鐘楼からは倉敷美観地区が一望できる。観龍寺 (倉敷市) フレッシュアイペディアより)

  • デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレーボール

    デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレーボールから見たリンドウリンドウ

    一方、かすみの「ベゴニア」「りんどう」、ティナの「アステローペ」「カノープス」「ポラリス」、レイファンの「(スカート)」「ウッドペッカー」、あやねの「ラミナ」「バンシー」、エレナの「ミントフラッペ」、ヒトミの「ユニコーン」「タウルス」、リサの「ソフィア」などが『2U』『O』『D』といった格闘ゲーム側に移植された。デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • ツルリンドウ

    ツルリンドウから見たリンドウリンドウ

    和名は、リンドウに似たつる性であることに由来する。ツルリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • カンパリ

    カンパリから見たリンドウリンドウ

    カンパリの製法は明らかではないが、ビター・オレンジ、キャラウェイ、コリアンダー、リンドウの根など、60種類にのぼる材料が使われていると言われる。リキュールの中ではビター系リキュールに入る。カンパリ フレッシュアイペディアより)

  • 牛伏山 (群馬県)

    牛伏山 (群馬県)から見たリンドウリンドウ

    牛伏山では1983年(昭和58年)から公園化に向けた整備が行われている。当時の多野郡吉井町は牛伏山を町民の憩いの場として、また野外活動や文化活動に役立てられる場とするよう、公園化計画を策定した。山頂には約1,000平方メートルの駐車場や休憩所、展望台、地に伏す牛の石像、『青い山脈』の歌碑、洞窟観音、NHKやエフエム群馬の電波塔(前橋FM送信所)があり、群馬展覧館が8合目に設けられた。ふもとから山頂へのハイキングコースとしては5つ設定されており、藤岡市上日野から牛伏山を経て吉井町馬庭に至る道は「小梨峠から牛伏山へのみち」として、関東ふれあいの道の一つに選定されている。林道脇に連なる桜並木は千本桜と呼ばれ、開花時期には夜間もライトアップされて花見客を楽しませる。6月中旬から7月上旬にかけてはアジサイ約1,400株が見頃となる。このほか、ツツジ・アザミ・リンドウなども見られる。牛伏山 (群馬県) フレッシュアイペディアより)

  • 那須高原

    那須高原から見たリンドウリンドウ

    東北自動車道や東北新幹線が通じており、東京から日帰り可能な日本有数のリゾート地域となっている。雄大な自然に恵まれ、夏は涼しく、春はレンゲツツジ、秋のリンドウ、紅葉など四季折々に変化に富んだ美しさと泉質が各地で異なる那須温泉郷を楽しむことができる。那須高原 フレッシュアイペディアより)

  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たリンドウリンドウ

    旧久住町:夏秋トマト、花き(リンドウ)、久住高原味噌、豊後牛、しいたけ、生ハム一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • 霊仙山

    霊仙山から見たリンドウリンドウ

    山頂部にはカエデ属のオオイタヤメイゲツ、クマザサやススキなどが分布している。中腹下部では炭焼きに利用されていたブナなどの広葉樹林の二次林があり、下部一帯はスギの植林地となっている。田中澄江により『花の百名山』に選定されていて、その著書で代表する花として「ヒロハノアマナ」が紹介された。春には石灰岩質の西南尾根にフクジュソウ(福寿草)の群落やニリンソウ、ベンケイソウ科のヒメレンゲ、ヤマシャクヤクなどが見られ、夏から秋には山頂一帯にイブキアザミ、イブキトラノオ、トリカブトやリュウノウギク、リンドウなどが咲き。山頂部直下北側にあるお虎ヶ池ではヒルムシロが見られる。登山道の周辺では、春から初夏にかけてアカモノ、イチリンソウ、エビネ、キツリフネ、サワギク、スミレ、チゴユリ、バイケイソウ、ハシリドコロ、ヒトリシズカ、ヒロハノアマナ、フウロソウ属のヒメフウロ、ホウチャクソウ、ミスミソウなどの花も見られる。霊仙山 フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示

「リンドウの花情報」のニューストピックワード