68件中 31 - 40件表示
  • 竹紋

    竹紋から見たリンドウリンドウ

    『大要抄』に「篠丸」と称する車文として登場するのが、紋としての初見である。葉を主とした「笹」と幹を主とした「竹」、タケノコを図案化した「筍」の図案がある。いずれも、雀、笠、雪などを添える図案がある。形状がリンドウを図案化した龍胆紋の「笹龍胆」の葉に似るため、龍胆紋は竹・笹紋と混同されることがある。竹紋 フレッシュアイペディアより)

  • 風待通りの人々

    風待通りの人々から見たリンドウリンドウ

    通常、植物のリンドウは竜胆と表記する。風待通りの人々 フレッシュアイペディアより)

  • スーズ

    スーズから見たリンドウリンドウ

    スーズ(Suze)とはフランス原産のリキュールである。主な原材料はリンドウ科の植物であるゲンチアナの根。この植物はノルマンディーやオーヴェルニュ地方の高地に生息しており、大きくなるまでに20年かかるという。スーズには消化を促進する効果があるといわれており、フランスでは食前酒としてよく飲まれている。スーズ フレッシュアイペディアより)

  • 観龍寺 (倉敷市)

    観龍寺 (倉敷市)から見たリンドウリンドウ

    江戸時代に2度伽藍を焼失するも、その都度復興し、現在、本堂・大師堂・山門・客殿・庫裏・位牌堂・淡島堂・妙見堂などを有する。再建された本堂の屋根瓦は古い物で約250年前のものとされ、三つ巴やリンドウ、菊などの紋が刻まれている。鐘楼は昭和時代末に再建され、瓦は様々な紋様が使用された。この鐘楼からは倉敷美観地区が一望できる。観龍寺 (倉敷市) フレッシュアイペディアより)

  • ポプリ

    ポプリから見たリンドウリンドウ

    ミモザ、カーネーション、タンポポ、アネモネ、パンジー、シクラメン、リンドウなど彩りに使う花。ポプリ フレッシュアイペディアより)

  • 雨乞岳 (滋賀県)

    雨乞岳 (滋賀県)から見たリンドウリンドウ

    各方面から登山道が開設されている。整備状況により、クマザサなどのヤブで歩きにくい場合がある。甲津畑からのルートなどでは夏期にヤマビルが現れる。1964年(昭和39年)から34年間、近畿日本鉄道、朝日新聞社及び名古屋テレビが中心となり鈴鹿セブンマウンテンの登山大会が始まり、その一座であった。登山道周辺ではアザミ、アセビ、イワカガミ、イワウチワ、キランソウ、スミレ、センブリ、ツルアリドオシ(Mitchella undulata)、ツルリンドウ、トリカブト、ホンシャクナゲ、ママコナ、マムシグサ、リンドウなどの花が見られる。周辺の尾根や東雨乞岳山頂などからは琵琶湖や周辺の鈴鹿山脈の山並みを見渡すことができる。東雨乞岳は雨乞岳と比較して開放的で見晴らしが良い。コクイ谷沿いのコクイ谷出合からクラ谷の区間では道迷いによる遭難が多発していて、滋賀県警察と東近江市山岳遭難対策協議会による注意標識が設置されている。雨乞岳 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウオオマルハナバチ

    セイヨウオオマルハナバチから見たリンドウリンドウ

    本種の特徴的な習性である花筒が長い花に穴を開ける盗蜜行動は、花の雌雄生殖器官に触れることなく蜜を採取する(つまり花粉がハチの体につくことがない)ため、本来はハチなど昆虫類に送受粉を依存する野生植物の繁殖が阻害される悪影響が懸念される。盗蜜行動が植物の種子生産量を低下させることは、エゾエンゴサクなどで実証されている。また、野生の植物だけでなく、観賞用に栽培されるリンドウでも、盗蜜によって花が傷つき商品価値が低下する農業被害が報告されている。オーストラリアのタスマニア島では年間30kmという驚異的な速さで分布域を拡大させ、21科66種の在来植物から採餌している。セイヨウオオマルハナバチ フレッシュアイペディアより)

  • 安代町

    安代町から見たリンドウリンドウ

    リンドウの生産に力を入れ、ぞの生産量は日本一である。安比高原スキー場、田山スキー場、安比温泉を中心として、観光レジャー施設も充実する。キャッチフレーズは、「花とスキーと温泉の町」であった。2005年(平成17年)9月1日に、同じ岩手郡の西根町、松尾村と合併し、八幡平市となった。安代町 フレッシュアイペディアより)

  • 石鳥谷町

    石鳥谷町から見たリンドウリンドウ

    石鳥谷町(いしどりやちょう)は、平成17年(2005年)まで岩手県稗貫郡にあった町。現在の花巻市のうち石鳥谷町を冠する各大字にあたる。特産品はリンゴ・リンドウ・日本酒など。特に日本酒については町内の歴史民族資料館・南部杜氏伝承館で伝統的な酒造技術の資料を展示し、「南部杜氏の里」としてアピールしていた。石鳥谷町 フレッシュアイペディアより)

  • 上田ジェンシャン

    上田ジェンシャンから見たリンドウリンドウ

    1981年、上田市のサッカー愛好者を中心に結成される。「ジェンシャン(Gentian)」とは英語で長野県花のリンドウを意味する。塩沢勝吾などを輩出した県内有数の古豪ながら、北信越リーグのレベルアップに伴い、2007年シーズンは1勝も出来ずに降格。2008年は北信越リーグ2部で優勝し、1部へ返り咲く。上田ジェンシャン フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「リンドウの花情報」のニューストピックワード