82件中 41 - 50件表示
  • 安代町

    安代町から見たリンドウリンドウ

    リンドウの生産に力を入れ、その生産量は日本一である。安比高原スキー場、田山スキー場、安比温泉を中心として、観光レジャー施設も充実する。キャッチフレーズは、「花とスキーと温泉の町」であった。安代町 フレッシュアイペディアより)

  • リュウタン

    リュウタンから見たリンドウリンドウ

    の3種が認められている。日本ではトウリンドウの1変種リンドウ が知られる。リュウタン フレッシュアイペディアより)

  • 石鳥谷町

    石鳥谷町から見たリンドウリンドウ

    石鳥谷町(いしどりやちょう)は、平成17年(2005年)まで岩手県稗貫郡にあった町。現在の花巻市のうち石鳥谷町を冠する各大字にあたる。特産品はリンゴ・リンドウ・日本酒など。特に日本酒については町内の歴史民俗資料館・南部杜氏伝承館で伝統的な酒造技術の資料を展示し、「南部杜氏の里」としてアピールしていた。石鳥谷町 フレッシュアイペディアより)

  • ヤクスト川

    ヤクスト川から見たリンドウリンドウ

    ヤクスト渓谷中流域には夏の乾燥に適応した典型的な植物相が見られる。チャボアザミ(Carlina acaulis)、リンドウの仲間(Gentiana cruciata)、ハクサンチドリの仲間(Orchis mascula)、セイヨウオキナグサ(Pulsatilla vulgaris)がある。森の中ではママコナの仲間(Melampyrum arvense)もそれほど珍しくない。森の中や周辺でもっとよく見られるのは、アルム(Arum)、キバナイチゲ(Anemone ranunculoides)、ヤブイチゲ(Anemone nemorosa)、ヘレボルスの仲間(Helleborus foetidus)であり、ここはこれら植物の主な分布域の東端にあたる。ヘレボルスの仲間Helleborus orientalisのかなり大きなコロニーは森にとって外来種が定着した物。Leucojum vernumもおそらく在来種ではない。特徴的なのはトモシリソウの仲間(Cochlearia pyrenaica)である。これは、バーデン=ヴュルテンベルク州北部ではヤクスト渓谷にしかない植物である。Orchis pallensはおそらく20世紀の初めに、アツモリソウ(Cypripedium calceolus)は1980年代の終わりにヤクスト渓谷中流域では絶滅してしまった。Orchis pallensは、近くの上流域に生息している。ヤクスト川の流れが緩やかなところでは、コウホネの仲間(Nuphar lutea)が生息している。流れが平らな箇所では、川いっぱいにカヤツリグサの仲間(Schoenoplectus lacustris)が生育している。ヤクスト川 フレッシュアイペディアより)

  • 上田ジェンシャン

    上田ジェンシャンから見たリンドウリンドウ

    1981年、上田市のサッカー愛好者を中心に結成される。「ジェンシャン(Gentian)」とは英語で長野県花のリンドウを意味する。塩沢勝吾などを輩出した県内有数の古豪ながら、北信越リーグのレベルアップに伴い、2007年シーズンは1勝も出来ずに降格。2008年は北信越リーグ2部で優勝し、1部へ返り咲く。上田ジェンシャン フレッシュアイペディアより)

  • 風物詩

    風物詩から見たリンドウリンドウ

    紅葉 - カエデ - イチョウ - 落葉 - ススキ - ハギ - 秋の七草 - ヒガンバナ - コスモス - キク - リンドウ - フジバカマ - キキョウ - ダリア - オミナエシ - ケイトウ - キンモクセイ - アザミ - セイタカアワダチソウ 風物詩 フレッシュアイペディアより)

  • 伊吹山

    伊吹山から見たリンドウリンドウ

    イブキジャコウソウ、ウツボグサ、オオヨモギ、オトギリソウ、カキドオシ、カワミドリ、ゲンノショウコ、シシウド、センブリ、ドクダミ、ミヤマトウキ、リンドウなど。伊吹山 フレッシュアイペディアより)

  • 神峯山寺

    神峯山寺から見たリンドウリンドウ

    ムクノキ、ケヤキ、ヒイラギ、ヤマツバキ、テイカズラ、スイセン、キンセイラン、リンドウ、キクなど神峯山寺 フレッシュアイペディアより)

  • 小秀山

    小秀山から見たリンドウリンドウ

    山頂付近はクマザサの笹原と針葉樹が混じる。山腹はヒノキなどの植林地が多く、落葉広葉樹が点在する。山頂付近にはウメバチソウ、ゴゼンタチバナ、コバイケイソウ、ツクバネソウ、ツマトリソウ、マイヅルソウなど植物が自生している。春にアカヤシオ、オオヤマレンゲ、初夏にサラサドウダン、タマアジサイ、ハクサンシャクナゲ、ホンシャクナゲなどの樹木の花が見られる。山域ではササユリ、リンドウなどの花や、オオルリ、ジョウビタキ、ヒガラ、ヤマガラなどの野鳥が見られる。山頂でオコジョが動き回る姿を見られることがある。小秀山 フレッシュアイペディアより)

  • 祖母山

    祖母山から見たリンドウリンドウ

    ブナ、ツガなどの原生林に覆われており、低地は照葉樹林帯、中腹は針葉樹林帯、山頂付近はスズタケ、ブナ帯が見られる。ウバタケニンジンは祖母山系と四国の一部にしか見られない植物で、祖母山を別名、姥岳(ウバタケ)と呼ぶことから、発見者の牧野富太郎がこのように名付けた。ミヤマキリシマやリンドウ、モミジも自生している。特別天然記念物のニホンカモシカの生息南限地帯とされているほか、ヤマネ、ニホンジカも見られる。祖母山 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「リンドウの花情報」のニューストピックワード