68件中 41 - 50件表示
  • 岩倉高等学校

    岩倉高等学校から見たリンドウリンドウ

    「岩倉」の校名は、鉄道創設に貢献した明治時代の政治家・岩倉具視に因んだものである。学校の校章は岩倉家の家紋「笹竜胆」と鉄道の「レール」を組み合わせている。岩倉高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 霊仙山

    霊仙山から見たリンドウリンドウ

    山頂部にはカエデ属のオオイタヤメイゲツ、クマザサやススキなどが分布している。中腹下部では炭焼きに利用されていたブナなどの広葉樹林の二次林があり、下部一帯はスギの植林地となっている。田中澄江により『花の百名山』に選定されていて、その著書で代表する花として「ヒロハノアマナ」が紹介された。春には石灰岩質の西南尾根にフクジュソウ(福寿草)の群落やニリンソウ、ベンケイソウ科のヒメレンゲ、ヤマシャクヤクなどが見られ、夏から秋には山頂一帯にイブキアザミ、イブキトラノオ、トリカブトやリュウノウギク、リンドウなどが咲き。山頂部直下北側にあるお虎ヶ池ではヒルムシロが見られる。登山道の周辺では、春から初夏にかけてアカモノ、イチリンソウ、エビネ、キツリフネ、サワギク、スミレ、チゴユリ、バイケイソウ、ハシリドコロ、ヒトリシズカ、ヒロハノアマナ、フウロソウ属のヒメフウロ、ホウチャクソウ、ミスミソウなどの花も見られる。霊仙山 フレッシュアイペディアより)

  • 御池岳

    御池岳から見たリンドウリンドウ

    1968年(昭和43年)7月22日に、鈴鹿山脈の主な山域は鈴鹿国定公園指定された。山頂周辺ではササ枯れが進んでいて、オオイタヤメイゲツ(学名:Acer shirasawanum )が点在している。1983年(昭和58年)に朝日新聞社と森林文化協会により、山頂部の北側に分布する「御池岳オオイタヤメイゲツ群落」が『21世紀に残したい日本の自然100選』の一つに選定されている。1980年(昭和55年)に田中澄江は御池岳を花の百名山のひとつに選定し、代表する花としてヤマエンゴサクなどを紹介した。他にもアケボノソウ、イワカガミ、エンレイソウ、カタクリ、キクザキイチゲ、サワギク、タチツボスミレ、トリカブト、ニリンソウ、バイケイソウ、フクジュソウ、リンドウなど多くの花が登山道周辺で見られる。石灰岩帯特有の植物が多い。周辺の山域にはイヌワシ、クマタカ、ニホンカモシカ、ニホンジカが生息し、「御池岳鳥獣保護区」に指定されいる。鈴北岳との鞍部にある鞍部付近の平坦地は笹枯れが進みコケ類が絨毯のように生育し、その様相から「日本庭園」と呼ばれている。御池岳 フレッシュアイペディアより)

  • うさぎドロップ

    うさぎドロップから見たリンドウリンドウ

    「りん」という名前は宋一が、自分が好きだったリンドウの花の名からつけた。うさぎドロップ フレッシュアイペディアより)

  • シナヤ

    シナヤから見たリンドウリンドウ

    シナヤの町と周囲は、植物を切ったり摘んだりすることに制限が課せられている。木を倒すことも許可されていない。全ての高山植物は採取が禁止されている。ボタン、エーデルワイス、リンドウなど、これらの植物を収集して店で売ることには厳しい懲罰が課せられる。観光のキャンプは、キャンプ地に指定された場所でのみ、必要で必須の保護基準に従って許可される。シナヤ フレッシュアイペディアより)

  • 竜胆瀉肝湯

    竜胆瀉肝湯から見た竜胆リンドウ

    漢方の古典といわれる中国の医書『薜氏十六種』に記載がある。清熱瀉火である竜胆を主薬とし、清熱の山梔子、黄苓、清熱利水の車前子、沢潟、木通、補血の地黄・当帰により処方は構成される。中医学では肝胆火旺(肝火上炎)に用いる。脈は弦滑数、舌質は紅、舌苔は黄膩。膀胱炎、膣炎、子宮内膜症など主に尿路疾患に用い、排尿痛、頻尿、残尿感、尿のにごり、陰部のかゆみなどに効果がある。また、自律神経の過亢進を抑制する作用があることから、これを原因とする不眠、いらいら、怒りっぽさ、目の充血、はげしい頭痛などにも効果がある。竜胆瀉肝湯 フレッシュアイペディアより)

  • BLEACH

    BLEACHから見たリンドウリンドウ

    四番隊:竜胆(りんどう)【悲しんでいるあなたを愛する】BLEACH フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県立第二高等学校

    熊本県立第二高等学校から見たリンドウリンドウ

    校花でもある「竜胆」を意匠化した中央に「高」の文字(旧字体)を配する。熊本県立第二高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 9月17日

    9月17日から見たリンドウリンドウ

    リンドウ:花言葉は「さびしい愛情」9月17日 フレッシュアイペディアより)

  • 碓氷峠

    碓氷峠から見たリンドウリンドウ

    植生は付近にあって標高の近い浅間山山麓部分と似ており、ブナやコナラなどの落葉樹、およびモミやカラマツといった針葉樹が生えている。下草としてはゼンマイやススキ、リンドウ、ニッコウザサなどがある。浅間山との違いとしては、ムラサキやシモツケソウ、モウセンゴケが多いことが挙げられる。碓氷峠 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「リンドウの花情報」のニューストピックワード