前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1056件中 1 - 10件表示
  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    レアル・マドリード・クラブ・デ・フットボール()は、スペインのマドリードをホームタウンとするスポーツクラブである。通称はレアル・マドリード(Real Madrid)であり、サッカー部門ではスペイン国内のプロサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラに加盟するプロサッカークラブチーム。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    リオネル・アンドレス・メッシ(Lionel Andrés Messi , 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人サッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。アルゼンチン代表。ポジションはフォワード。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クライフ

    ヨハン・クライフから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    引退後は指導者に転身し古巣のアヤックスや、FCバルセロナの監督を務めると、バルセロナではリーガ・エスパニョーラ4連覇やUEFAチャンピオンズカップ優勝などの実績を残し監督としても成功を収めた。その後は監督業から退いていたが2009年から2013年までカタルーニャ選抜の監督を務めた。相手のタックルを柔軟なボールタッチやフェイントで飛び越えたプレースタイルに由来する「空飛ぶオランダ人(フライング・ダッチマン)」、スペイン語で救世主を意味する「エル・サルバドール」など、様々なニックネームを持つ。ヨハン・クライフ フレッシュアイペディアより)

  • ケイロル・ナバス

    ケイロル・ナバスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ケイロル・アントニオ・ナバス・ガンボア(、 1986年12月15日 - )は、コスタリカ・サンホセ州ペレス・セレドン出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。コスタリカ代表。ポジションはゴールキーパー。日本では「ケイラー・ナバス」と表記されることもある。ケイロル・ナバス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    レアル・マドリードの下部組織出身。1999年にトップチームに昇格すると、その後16シーズンで公式戦725試合に出場(ラウール・ゴンザレスに次いでクラブ歴代2位)して18タイトルを獲得した。スペイン代表として歴代最多出場、UEFAチャンピオンズリーグ歴代最多出場記録、UEFA主催クラブ大会歴代最多出場などの記録を持っている。リーガ・エスパニョーラやコパ・デル・レイ、スーペルコパなどの国内タイトルのほか、FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップなどのメジャータイトルを主将として獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ OIH(、1985年2月5日 - )は、ポルトガル・フンシャル出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポルトガル代表。ポジションはフォワード。愛称はCR7、ロニー。日本のメディアからはクリロナとも呼ばれる。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・デル・ボスケ

    ビセンテ・デル・ボスケから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    選手としてはキャリアの大半をレアル・マドリーで過ごした。在籍中はいわゆるキンタ・デル・ブイトレの前の時代に相当し、守備的ミッドフィールダー、ディフェンダーとしてチームを支え、リーガ・エスパニョーラ優勝5回、コパ・デル・レイ優勝4回を経験した。スペイン代表としてはUEFA欧州選手権1980に出場した。現役引退後は指導者の道に進み、レアル・マドリードの下部組織等で指導にあたる。1999年から2003年までは、レアル・マドリードのトップチームを指揮。この4年間に、リーガ・エスパニョーラ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝2回、インターコンチネンタルカップ優勝1回など、名門レアル・マドリードの歴史の中でも顕著な戦績を挙げている。2008年にはスペイン代表の指揮官に就任すると、2010 FIFAワールドカップを制し、母国を悲願の世界王者に導いた。更に、大会後も引き続き代表を指揮し、UEFA EURO 2012でもチームを優勝に導く。これによりスペイン代表は、史上初となるUEFA欧州選手権連覇に加え、UEFA EURO 2008、2010 FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2012の主要国際大会三連覇という前人未到の記録を成し遂げた。また、デル・ボスケ個人も、FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグの三冠を達成した史上初の監督となっている。ビセンテ・デル・ボスケ フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷保雄

    倉敷保雄から見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    サッカー実況を担当するようになったのは、Jリーグが開幕した1993年。文化放送時代の人脈を通じてJリーグ中継の実況を単発で担当し、その映像を当時スポーツ・アイのサッカー中継に関わっていた会社の人物に持って行ったところ、同局のエールディヴィジ(オランダ)とカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル)の中継を担当することになる。その後担当したリーガ・エスパニョーラ(スペイン)中継で金子達仁とのコンビで話題になる。倉敷保雄 フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・ムニョス

    ミゲル・ムニョスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    マドリード近郊の複数のジュニアチームでプレーした後、ログロニェス、サンタンデール、セルタ等でプレー。その後1948年にレアル・マドリードと契約。その後10年間にわたってプレーし、リーガ・エスパニョーラ優勝4回、UEFAチャンピオンズカップ優勝3回を経験した。スペイン代表選出も7キャップを数える。ミゲル・ムニョス フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・マルチェナ

    カルロス・マルチェナから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    セビージャFCユースで育ち、1997年にトップチーム・デビューした。そのため、今でも熱烈なセビジスタである。1999-2000シーズンにはプリメーラ・ディビシオンに昇格したチームで主力として活躍したが、2000-01シーズンにはわずか1シーズンでのセグンダ・ディビシオン降格を経験した。2000-01シーズンはベンフィカに在籍。その後、2001年夏にズラトコ・ザホビッチとのトレードでバレンシアCFへ移籍し、31シーズンぶりのリーガ・エスパニョーラ優勝に貢献した。2003-04シーズンにはリーガ・エスパニョーラとUEFAカップの二冠獲得を果たした。リーガ・エスパニョーラ屈指の堅さを誇るバレンシアCF守備陣の中心選手の1人であったが、足元の技術の高さと、ときおり見せる不安定なプレーがCBとしては問題であることから、守備的なピボーテとして起用されることが多かった。2007-08シーズンにはコパ・デル・レイで優勝した。カルロス・マルチェナ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1056件中 1 - 10件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード