842件中 21 - 30件表示
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ

    スーペルコパ・デ・エスパーニャから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    スーペルコパ・デ・エスパーニャ(Supercopa de España)は、リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイの優勝クラブがホーム・アンド・アウェイ方式で戦うスペインのサッカー大会である。例年、リーガ・エスパニョーラの開幕前に開催されるが、2012年は開幕後に開催される。リーガとコパの2冠を達成するクラブが出た場合は、そのクラブとコパ・デル・レイの準優勝クラブが対戦する。スーペルコパ・デ・エスパーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトール・バルデス

    ビクトール・バルデスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ビクトル・バルデス(Víctor Valdés Arribas, 1982年1月14日 - )は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県ロスピタレート・デ・リョブレガート出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ポジションはゴールキーパー。ビクトール・バルデス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    2006-07シーズン終了後、多くのビッグクラブが獲得に動くも、交渉はまとまらずに残留。移籍騒動が長期化したこともあり、2007-08シーズンの公式戦初出場はリーガ・エスパニョーラ開幕直後に行われたUEFAスーパーカップ、ACミラン戦からとなった。キャプテンのハビ・ナバーロが全休したこともあり、キャプテンマークを巻き、チームのUEFAチャンピオンズリーグベスト16入りを支えた。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・イルレタ

    ハビエル・イルレタから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    アトレティコ・マドリードとアスレティック・ビルバオの2クラブでリーガ・エスパニョーラ通算344試合に出場して70得点を挙げた。アトレティコ・マドリードではアデラルド・ロドリゲスやルイス・アラゴネス、ホセ・エウロヒオ・ガラテらとともにプレーし、1970年代初頭にクラブの黄金時代をもたらした。現役引退後は指導者の道に進み、特にデポルティーボ・ラ・コルーニャでは2000年代初頭に一時代を築いた。ガリシア州の2大クラブ(セルタ・デ・ビーゴ、デポルティーボ)とバスク自治州の2大クラブ(アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダ)のすべてで監督を務めた唯一の人物である。ハビエル・イルレタ フレッシュアイペディアより)

  • ギュンター・ネッツァー

    ギュンター・ネッツァーから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    1973年、リーガ・エスパニョーラの外国人枠が復活した年にレアル・マドリードへと移籍。その年、ヨハン・クライフがFCバルセロナへ移籍。当初はクライフの要求する移籍金にバルセロナは難色を示しており、それを知ったレアル・マドリードは獲得の可能性を模索。その動きを知ったバルセロナは直ちに移籍金を支払い、バルセロナへの移籍が決定した。クライフの獲得に失敗したレアル・マドリードはネッツァーを獲得した。1973-74シーズンのスペイン国王杯優勝。1975年 : レアル・マドリードの一員としてリーガ・エスパニョーラ、スペイン国王杯の二冠を達成。翌年もリーグ連覇。ギュンター・ネッツァー フレッシュアイペディアより)

  • オロフ・メルベリ

    オロフ・メルベリから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    エリク・オロフ・メルベリ(Erik Olof Mellberg, 1977年9月3日 - )は、スウェーデン・ヴェストラ・イェータランド県グルスペン出身のサッカー選手。スウェーデン代表である。リーガ・エスパニョーラ・ビジャレアルCF所属。ポジションはディフェンダー。オロフ・メルベリ フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月24日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    カルラス・プジョル・サフルカーダ(Carles Puyol Saforcada IPA:pu?jol i s?fu??kað?, 1978年4月13日 - )は、スペインカタルーニャ州ラ・ポブラ・デ・セグール出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。スペイン代表である。ポジションはDF(センターバック、右サイドバック)。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・サビオラ

    ハビエル・サビオラから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ハビエル・ペドロ・サビオラ・フェルナンデス(Javier Pedro Saviola Fernández, 1981年12月11日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身、リーガ・エスパニョーラのマラガCFに所属するアルゼンチン代表のサッカー選手。ハビエル・サビオラ フレッシュアイペディアより)

  • 原博実

    原博実から見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    Jリーグでは、浦和レッドダイヤモンズ(1998年 - 1999年途中)、FC東京(2002年 - 2005年、2007年)の監督を務める。リーガ・エスパニョーラに関し、造詣が深い。原博実 フレッシュアイペディアより)

842件中 21 - 30件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード