1056件中 41 - 50件表示
  • ルイス・エンリケ

    ルイス・エンリケから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    移籍当初はルイス・エンリケの加入に対して懐疑的なバルセロナのファンもいたが、彼のプレーはすぐにファンの心を掴み、1996-97シーズンは主に右サイドのポジションで17得点を挙げた。同シーズンは2位に終わったが、1997-98シーズンからはリーガ・エスパニョーラ2連覇の原動力として活躍し、バルセロナでの晩年はキャプテンも務めた。エル・クラシコで何度もゴールを決め、カタルーニャ語を学んだことでもファンの信頼度を高めた。プロ生活を通じてリーグ戦通算400試合に出場して102得点を挙げ、2004年8月10日、34歳の時に現役引退を発表した。同年にはペレが選ぶ『偉大なサッカー選手100人』(FIFA100)に選出された。ルイス・エンリケ フレッシュアイペディアより)

  • シャビ

    シャビから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    1998年8月18日、スーペルコパ・デ・エスパーニャのマジョルカ戦でトップチームデビューし、その試合で得点してタイトル獲得に貢献した。10月3日のビジャレアル戦でリーガ・エスパニョーラデビューし、3-1で勝利を飾った。デビューしてからしばらくはFCバルセロナBとトップチームを往復する日々が続いたが、バリャドリード戦で決勝点を決めて中位に低迷していたチームの巻き返しに一役買い、ルイ・ファン・ハール監督率いるチームで鍵となる選手に成長した。1999-2000シーズンはレギュラーのMFジョゼップ・グアルディオラが負傷で試合を欠場することが多く、シャビがプレーメーカーの一番手で起用されるようになった。2000-01シーズンまではグアルディオラとコンビを組むことが多く、グアルディオラが退団した2001-02シーズンはMFフィリップ・コクーとコンビを組むことが多かったが、2003-04シーズンには下部組織からMFアンドレス・イニエスタが昇格し、退団したコクーに代わってコンビを組むことが多くなった。2004年夏にはチームの副キャプテンに就任した。同年夏にはMFデコが加入し、イニエスタを含めた中盤の3人は抜群のコンビネーションを発揮し、2004-05シーズンのリーグ優勝に貢献した。2005年12月2日、練習中にグラウンドのぬかるみに足を取られて転倒し、左膝前十字靭帯を断裂する重傷を負った。手術では形成による靭帯の再生処置が施され、5ヶ月間のリハビリに取り組んだ。2006年4月のカディスCF戦でデコに代わって途中出場し、10分間プレーした。UEFAチャンピオンズリーグ決勝にも出場し、チームはリーグ戦とUEFAチャンピオンズリーグの2冠を達成したが、シャビ自身にとっては不完全燃焼のシーズンであった。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • アトレティコ・マドリード

    アトレティコ・マドリードから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビションに籍を置く。「アトレティコ」は「総合スポーツ (Athletic) 」の意。アトレティコ・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ヴァラン

    ラファエル・ヴァランから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ラファエル・ヴァラン(Raphaël Varane、1993年4月25日 - )は、フランス・リール出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。フランス代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。ラファエル・ヴァラン フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウバ・ジュニオール(Marcelo Vieira da Silva Júnior、1988年5月12日 - )は、ブラジル・リオデジャネイロ出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ブラジル代表。過去にブラジル代表、レアル・マドリードでプレーしたロベルト・カルロスの後継者と呼ばれる。マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • セルジ・ロベルト

    セルジ・ロベルトから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    セルジ・ロベルト・カルニセー(、1992年2月7日 - )は、スペイン・カタルーニャ州・レウス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。セルジ・ロベルト フレッシュアイペディアより)

  • プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ

    プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    『プロサッカークラブをつくろう! EUROPE CHAMPIONSHIP』は、セガ(現:セガゲームス)から2006年3月29日に発売されたサッカークラブ経営シミュレーションゲーム。通称『サカつくEU』。Jリーグが舞台だった従来の『プロサッカークラブをつくろう!』シリーズとは異なり、本作ではヨーロッパの6大リーグ(イングランド・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダ)を題材としている。プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • コパ・エバ・ドゥアルテ

    コパ・エバ・ドゥアルテから見たラ・リーガリーガ・エスパニョーラ

    コパ・エバ・ドゥアルテ()は、王立スペインサッカー連盟(RFEF)が開催していたスペインのサッカー大会の一つであり、ラ・リーガとコパ・デル・レイ(国王杯)の優勝クラブによって争われていた。1940年に「コパ・デ・カンペオネス Copa de Campeones」の名称で開催されたが、次に開催されたのは軍事政権との良好な関係によってアルゼンチン大使が「コパ・デ・オロ・アルヘンティーナ Copa de Oro Argentina」と呼ばれるトロフィーを提供した1945年のことであった。コパ・エバ・ドゥアルテ フレッシュアイペディアより)

  • エスタディオ・デ・メンディソロツァ

    エスタディオ・デ・メンディソロツァから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    エスタディオ・デ・メンディソロツァ()は、スペイン・バスク州アラバ県ビトリア=ガステイスにある市営スタジアム。リーガ・エスパニョーラに所属するデポルティーボ・アラベスのホームスタジアムであり、サッカーバスク代表が親善試合に使用することもある。19,840人を収容する。エスタディオ・デ・メンディソロツァ フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリオ・ベニト

    グレゴリオ・ベニトから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ベニトは10代の頃は陸上競技をしており、学生時代にやり投のチャンピオンとなったこともある。1963年の夏にレアル・マドリードの下部組織に加入した。1966年にラーヨ・バジェカーノへレンタル移籍し、そこで2年間プレーした後、レアル・マドリードへ復帰。公式戦420試合に出場し、6度のリーガ・エスパニョーラ、5度のコパ・デル・レイなどのタイトルを獲得した。グレゴリオ・ベニト フレッシュアイペディアより)

1056件中 41 - 50件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード