1056件中 51 - 60件表示
  • 佐伯夕利子

    佐伯夕利子から見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    また、西澤明訓がRCDエスパニョールに移籍した際や、レアル・マドリード、サッカースペイン代表が来日した際の通訳、J SKY SPORTS(現J SPORTS)で放送されていたリーガ・エスパニョーラ中継のコーディネーターを務めたことがある。佐伯夕利子 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・サンティステバン

    フアン・サンティステバンから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    セビリアに生まれ、少年時代にグアルディア・シビルの学校に入学するためマドリードへ引っ越した。現役時代はレアル・マドリードなどでプレーし、リーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズカップなどのタイトルを獲得した。フアン・サンティステバン フレッシュアイペディアより)

  • ゼ・カストロ

    ゼ・カストロから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ゼ・カストロ (Zé Castro) ことジョゼ・エドゥアルド・ローザ・ヴァレ・イ・カストロ(José Eduardo Rosa Vale e Castro, 1983年1月13日 - )は、ポルトガル、コインブラ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・ラーヨ・バジェカーノ所属。元ポルトガル代表である。ポジションはDF(センターバック)。ゼ・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ロドリゲス・ガルシア

    セルヒオ・ロドリゲス・ガルシアから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    2006年夏に出場機会増加を狙い、バルセロナを退団してデポルティーボ・ラ・コルーニャへと入団した。しかしここでもレギュラー定着には至らず、2007年1月にはUDアルメリアにレンタル移籍した。その後、ポルトガルやリーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオン以下のチームを渡り歩いた。2011年3月、ロシア・プレミアリーグに所属をする強豪FCスパルタク・モスクワに1年半の契約で移籍をした。移籍金は40万ユーロとsports.ruでは伝えられている。2012年からはリーガ・エスパニョーラのラーヨ・バジェカーノ所属。セルヒオ・ロドリゲス・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • アグスティン・ロドリゲス

    アグスティン・ロドリゲスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    レアル・マドリード・カスティージャ出身の選手であり、1980年にトップチームに加わった。そして、マリアノ・ガルシア・レモンの負傷により1981年4月4日のリーガ・エスパニョーラUDサラマンカでトップチームデビュー。アグスティン・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・ウッドゲート

    ジョナサン・ウッドゲートから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    才能を高く評価され、2004年8月21日に移籍金2000万ユーロ(約26億6000万円)でスペインのレアル・マドリードに加入した。前所属の2チームで怪我に苦しみ、実際に移籍時にも負傷していたウッドゲートをレアル・マドリードが獲得したことは多くのサッカーファンを驚かせた。リーガ・エスパニョーラ初挑戦で意気込んでいたが、開幕直前に古傷を負傷しシーズン中盤に復帰するも再び同じ箇所を負傷してしまい、その後完治することなく04-05シーズンは出場なしに終わった。チームはウッドゲートをDFラインに配置し、イバン・エルゲラを本職である中盤に戻すという構想が破綻してしまい、中盤に守備の選手が不在となり、シーズン序盤に大きく失速。冬にトーマス・グラベセンを獲得し、立て直しを図るも序盤の不調が響きチームは無冠に終わってしまう。リーガでのデビューは約1年後のアスレティック・ビルバオ戦となった。その試合ではオウンゴールを献上した上に累積警告で退場してしまったが、観客からは拍手と励ましを受けた。ジョナサン・ウッドゲート フレッシュアイペディアより)

  • イバン・デ・ラ・ペーニャ

    イバン・デ・ラ・ペーニャから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    古巣のFCバルセロナ、SSラツィオを再び経由して、2002年夏にFCバルセロナと同じくバルセロナを本拠地とするリーガ・エスパニョーラのRCDエスパニョールに移籍。移籍当初は中々出場機会に恵まれなかったが、ルイス・フェルナンデス監督の信頼を得てチームの司令塔としての役割を与えられると、かつての輝きを取り戻した。2003-04シーズンにはリーガのアシストランキングでトップに立つなど、チームの残留に貢献。2004-05シーズンには長年下位に低迷していたチームをUEFAカップ出場圏内の5位に押し上げ、2005年にはスペイン代表に初選出された。2005-06シーズンにはコパ・デル・レイ決勝のレアル・サラゴサ戦で優勝に貢献し、2006-07シーズンにはUEFAカップで、ドイツのヴェルダー・ブレーメンやポルトガルのSLベンフィカなどの強豪を下して決勝に進出。同国対決となった決勝戦ではセビージャFCにPK戦の末に敗れて準優勝に終わり、チームに初となる国際タイトルをもたらすことは叶わなかった。その後もチームの中心選手としてチームを牽引し、特にFWルイス・ガルシアとのホットラインはロナウドとのそれを彷彿とさせている。2007年から2009年にかけては常に怪我に悩まされてきたが、2009年2月21日のFCバルセロナとのダービーマッチで、それぞれが順位表の首位と最下位にいたにもかかわらず、2得点を挙げて勝利に貢献した。エスパニョールがFCバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウでバルセロナダービーを制したのは実に27年ぶりの快挙であり、名実共にクラブ史上に残る勝利となった。イバン・デ・ラ・ペーニャ フレッシュアイペディアより)

  • オレゲール・プレサス

    オレゲール・プレサスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    2004-2005 FCバルセロナ リーガ・エスパニョーラ - 優勝 オレゲール・プレサス フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカーダイジェスト

    ワールドサッカーダイジェストから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    その名の通り海外サッカーを取り上げた誌面であるが、創刊当初は三浦知良がジェノアCFCに移籍した頃だったこともあり、イタリア・セリエAに関する記事が多かった。日本国内における海外サッカーの認知度、人気の高まりに合わせてイングランド・プレミアリーグ、スペイン・リーガ・エスパニョーラを扱う記事も増えていった。現在ではヨーロッパだけでなく、南米サッカーもカバーした誌面作りがされている。ワールドサッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • ミケル・ビジャヌエバ

    ミケル・ビジャヌエバから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ミケル・ビジャヌエバ・アルバレス (Mikel Villanueva Álvarez , 1993年4月14日 - )は、ベネズエラ・タチラ州サン・クリストバル出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのマラガCFに所属している。ベネズエラ代表。ミケル・ビジャヌエバ フレッシュアイペディアより)

1056件中 51 - 60件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード