842件中 71 - 80件表示
  • 朴主永

    朴主永から見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    朴 主永(パク・チュヨン、、1985年7月10日 - )は、大韓民国・大邱広域市出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのセルタ・デ・ビーゴ所属。ポジションはフォワード。朴主永 フレッシュアイペディアより)

  • シモン・サブローザ

    シモン・サブローザから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    シモン・ペドロ・フォンセカ・サブローザ(Simão Pedro Fonseca Sabrosa, 1979年10月31日 - )は、ポルトガル出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・プリメーラ・ディビシオン・RCDエスパニョール所属。ポルトガル代表であった。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本ではシマゥンやシマオ、シマンと表記されることもある。シモン・サブローザ フレッシュアイペディアより)

  • サミ・ケディラ

    サミ・ケディラから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    サミ・ケディラ(Sami Khedira, 1987年4月4日 - )は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはミッドフィールダー。父親がチュニジア人。弟のラニ・ケディラもサッカー選手であり、U-17のドイツ代表などでもプレーしている。アラビア語原音ではサーミー・ハディーラ(???? ?????)。サミ・ケディラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ダリオ・アルバレス

    クリスティアン・ダリオ・アルバレスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    クリスティアン・ダリオ・アルバレス(Cristian Darío Álvarez、1985年11月25日 - )は、アルゼンチン出身、リーガ・エスパニョーラ・RCDエスパニョール所属のサッカー選手。ポジションは(GK)。クリスティアン・ダリオ・アルバレス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・モリエンテス

    フェルナンド・モリエンテスから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    アルバセテBPとレアル・サラゴサでの活躍から1997年にレアル・マドリードに移籍を果たし、リーガ・エスパニョーラ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝3回など数々のタイトルを獲得した。2005年1月に移籍したリヴァプールFCでもUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たし、その後はバレンシアCFとオリンピック・マルセイユに所属した。2010年に現役引退してテレビの解説者に転身した。フェルナンド・モリエンテス フレッシュアイペディアより)

  • アンドリヤ・デリバシッチ

    アンドリヤ・デリバシッチから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    アンドリヤ・デリバシッチ(, , 1981年4月24日 - )は、ユーゴスラビア(現・モンテネグロ)・ニクシッチ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのラーヨ・バジェカーノ所属。モンテネグロ代表である。ポジションはFW。アンドリヤ・デリバシッチ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    2003年、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍金500万ユーロで移籍した。FCバルセロナではかつてFWオラシオ・カサリン(:es:Horacio Casarín)がプレーしており、クラブ史上2人目のメキシコ人選手となった。2003-04シーズンはリーグ戦21試合に出場し、リーグ戦は2位で終えた。2004-05シーズン途中にはティアゴ・モッタ、エジミウソン、ジェラール・ロペスなど中盤の底を務めていた選手が相次いで離脱したため、本来のポジションであるセンターバックではなく守備的ミッドフィールダーとして起用された。このシーズンは素晴らしいシーズンとなり、17度目のリーグタイトルを獲得した。レバンテUD戦ではリーグ優勝を決めるサミュエル・エトオの得点をアシストしている。2005-06シーズン終盤には左膝を負傷して1ヶ月の間チームを離脱したが、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ACミラン戦ファーストレグで復帰した。2006年5月17日に行われたアーセナルFCとの決勝にも出場して2-1で勝利し、メキシコ人として初めて同大会優勝を果たした。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ギジェルモ・アモール

    ギジェルモ・アモールから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    ベニドルムに生まれ、FCバルセロナの下部組織(ラ・マシア)で育った。ヨハン・クライフが率いていた1988-89シーズンにトップチームデビューすると、すぐに重要な役割を果たす選手になり、1991-92シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは自身は決勝に出場しなかったが、チームは大会初優勝を果たした。リーガ・エスパニョーラでは1990-91シーズンから4連覇を果たし、FCバルセロナでの最終シーズンとなった1997-98シーズンにもリーグ優勝を果たした。FCバルセロナでは公式戦421試合に出場し、出場試合数は長らくミゲリ、カルロス・レシャックに次ぐ歴代3位につけていた。2008年8月、シャビがアモールの出場記録を抜いたため、アモールは歴代4位になった。ギジェルモ・アモール フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカーダイジェスト

    ワールドサッカーダイジェストから見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    その名の通り海外サッカーを取り上げた誌面であるが、創刊当初は三浦知良がジェノアCFCに移籍した頃だったこともあり、イタリア・セリエAに関する記事が多かった。日本国内における海外サッカーの認知度、人気の高まりに合わせてイングランド・プレミアリーグ、スペイン・リーガ・エスパニョーラを扱う記事も増えていった。現在ではヨーロッパだけでなく、南米サッカーもカバーした誌面作りがされている。ワールドサッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • 龍時

    龍時から見たリーガ・エスパニョーラリーガ・エスパニョーラ

    全国的に無名だったサッカー少年の志野リュウジ。中学時代の活躍でU-16の代表候補に選ばれたことが縁で、U-17スペイン代表との対戦のために日本選抜の一員に選ばれる。そこで世界を目の当たりにしたリュウジは、その試合を見ていたリーガ・エスパニョーラのアトランティコFCの会長に評価され、その下部組織のシティオ・アトランティコへの誘いを受けて単身スペインへ旅立つ。龍時 フレッシュアイペディアより)

842件中 71 - 80件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード