111件中 71 - 80件表示
  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たバスク州

    各クラブが地域と非常に密着している。その最たるものはバスク州の名門アスレティック・ビルバオで、このクラブは地元バスク人のみで構成されている。また、自然と各試合は街を挙げた対抗戦となるので、ワールドカップ並の注目を集めるエル・クラシコや世界一激しいことで有名なアンダルシアダービー(レアル・ベティス対セビージャFC)など大きなダービーマッチも多い。またバスク地方の人々の結束力の強さ故に、バスクダービー(アスレティック・ビルバオ対レアル・ソシエダ)の試合は互いのサポーターが肩を組んで応援するという珍しい光景を見ることが出来る。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たディビシオネス・レヒオナレス

    1976-77シーズンまではプリメーラ(1部)、セグンダ(2部)、テルセーラ(3部)、ディビシオネス・レヒオナレス(4部以下、地域リーグ)という構成だったが、1977年にテルセーラとレヒオナレスが改編され、セグンダとテルセーラの間にセグンダ・ディビシオンBが創設された。これにより、1977-78シーズンからはプリメーラ(1部)、セグンダ(2部)、セグンダB(新3部)、テルセーラ(新4部)、レヒオナレス(新5部以下、地域リーグ)という構成に変更された。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たUEFAカップウィナーズカップ

    UEFAカップウィナーズカップ優勝(注 : UEFAカップに統合) 7回リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たスペインサッカー連盟

    1872年、アンダルシア州のウエルバにイギリスからサッカーが伝えられ、それから17年を経た1889年、スペイン初のサッカークラブであるレクレアティーボ・ウエルバが誕生。これを機にマドリード、バルセロナなどの大都市にも次々にサッカークラブが生まれた。1904年にはスペインサッカー連盟の前身団体が国際サッカー連盟(FIFA)に加盟し、1913年にはスペインサッカー連盟(RFEF)が設立された。1920年、アントウェルペンオリンピック出場を主目的としてスペイン代表が創設され、銀メダルを獲得してスペイン国内に一大ブームを巻き起こした。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見た銀河系軍団

    エクトル・クーペル監督に率いられたバレンシアCFは1999-2000シーズンと2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで準優勝した。後任のラファエル・ベニテス監督は2001-02シーズンにリーグ優勝し、2003-04シーズンには国内リーグとUEFAカップの2冠に導いた。国内外でバレンシアとタイトルを争ったのがレアル・マドリードであり、2000-01シーズンと2002-03シーズンにリーグ優勝し、1999-2000シーズンと2001-02シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで優勝。1999-2000シーズンのUEFAチャンピオンズリーグはスペイン勢同士の決勝となった。2001-02シーズンは決勝でバイエル・レバークーゼン(ドイツ)と対戦し、グラスゴーのハムデン・パークでジネディーヌ・ジダンが決勝点を決めた。2000年代前半から中盤にかけてのレアル・マドリードはロス・ガラクティコスと呼ばれ、ルイス・フィーゴ、ジダン、ロナウド、デビッド・ベッカムなどのスター選手が在籍した。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たCAオサスナ

    前述のように各クラブと地域が密着していることにも起因して、レアル・マドリード、FCバルセロナ、セビージャFC、アスレティック・ビルバオ、CAオサスナなどを筆頭にカンテラと呼ばれる下部組織のユースチームが非常に発達しており、ここから数多くの名選手が輩出されている。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たスーペルコパ・デ・エスパーニャ

    スーペルコパ・デ・エスパーニャ - 前シーズンの国内リーグ戦優勝チーム対国内カップ戦優勝チームで行われるカップ戦。次シーズンの開幕前に行われる。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たキンタ・デル・ブイトレ

    レアル・マドリードの栄光の時代は過ぎ去り、1980-81シーズンと1981-82シーズンにはレアル・ソシエダが初優勝を含む2連覇を飾った。1982-83シーズンと1983-84シーズンには、ソシエダと同じバスク州のクラブであるアスレティック・ビルバオが2連覇を達成した。1984-85シーズンには、テリー・ベナブルズ監督がバルセロナを優勝に導いたが、1985-86シーズンから1989-90シーズンにはレアル・マドリードが2度目の5連覇を達成した。レオ・ベーンハッカー監督が指揮し、エミリオ・ブトラゲーニョ、マノロ・サンチス、マルティン・バスケス、ミチェル、ミゲル・パルデサ、ウーゴ・サンチェスなどを擁したチームはキンタ・デル・ブイトレ(ハゲワシ部隊)と称された。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たアレナス・クルブ・デ・ゲチョ

    1927年4月、アレナス・クルブ・デ・ゲチョのホセ・マリア・アチャ監督は全国選手権の創設を提案した。リーグの規模や参加クラブなどについて議論が重ねられた結果、スペインサッカー連盟(RFEF)は1929年にプリメーラ・ディビシオンを創設した。参加クラブは10クラブであり、コパ・デル・レイの優勝経験があったFCバルセロナ、レアル・マドリード、アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダ、アレナス・クルブ、レアル・ウニオンはすべて選出された。それ以外には、コパ・デル・レイで準優勝の経験があったアトレティコ・マドリード、RCDエスパニョール、CEエウロパの参加が決定し、トーナメント戦を通じてラシン・サンタンデールが10クラブ目に選ばれた。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たサッカー

    リーガ・エスパニョーラ (') は、プリメーラ・ディビシオン、セグンダ・ディビシオンからなるスペインのプロサッカーリーグである。スペインではラ・リーガ (La Liga) と呼ばれる。2016年7月サンタンデール銀行 (Banco Santander) と2016-17シーズンから3年6千万ユーロでスポンサー契約を結び、プリメーラ・ディビシオンをラ・リーガ サンタンデール (La Liga Santander) 、セグンダ・ディビシオンをラ・リーガ ウン・ドス・トレス' (La Liga 1|2|3) と呼称する。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード