111件中 81 - 90件表示
  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たスペイン第二共和政

    1929年の第1回大会を制したのはバルセロナであり、1931-32シーズンと1932-33シーズンにはレアル・マドリードが2連覇したが、初期のリーガでもっとも成功を収めたのはアスレティック・ビルバオだった。1929-30シーズン、1930-31シーズン、1933-34シーズン、1935-36シーズンに優勝し、1931-32シーズンと1932-33シーズンには2位となった。1934-35シーズンにはベティス・バロンピエが初優勝したが、これは現在でもベティスにとって唯一のリーグ優勝である。スペイン内戦中はリーグ戦そのものが中断され、1936-37シーズンから1938-39シーズンまでの3シーズンは行なわれていない。スペイン第二共和政化の1937年にはカタルーニャ地方やバレンシア地方のクラブが参加したリーガ・メディテラネア(地中海リーグ)が行なわれ、バルセロナが優勝した。70年が経た2007年、バルセロナはスペインサッカー連盟にリーガ・メディテラネアの公式タイトル承認を求めた。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たエル・クラシコ

    各クラブが地域と非常に密着している。その最たるものはバスク州の名門アスレティック・ビルバオで、このクラブは地元バスク人のみで構成されている。また、自然と各試合は街を挙げた対抗戦となるので、ワールドカップ並の注目を集めるエル・クラシコや世界一激しいことで有名なアンダルシアダービー(レアル・ベティス対セビージャFC)など大きなダービーマッチも多い。またバスク地方の人々の結束力の強さ故に、バスクダービー(アスレティック・ビルバオ対レアル・ソシエダ)の試合は互いのサポーターが肩を組んで応援するという珍しい光景を見ることが出来る。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たCDヌマンシア

    福田健二 2005-2008 (CDカステリョン、CDヌマンシア、UDラス・パルマス)リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たCDカステリョン

    福田健二 2005-2008 (CDカステリョン、CDヌマンシア、UDラス・パルマス)リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たコパ・デ・ラ・リーガ

    コパ・デ・ラ・リーガ - 1982年から開催され、1986年に終了した。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たダービーマッチ

    各クラブが地域と非常に密着している。その最たるものはバスク州の名門アスレティック・ビルバオで、このクラブは地元バスク人のみで構成されている。また、自然と各試合は街を挙げた対抗戦となるので、ワールドカップ並の注目を集めるエル・クラシコや世界一激しいことで有名なアンダルシアダービー(レアル・ベティス対セビージャFC)など大きなダービーマッチも多い。またバスク地方の人々の結束力の強さ故に、バスクダービー(アスレティック・ビルバオ対レアル・ソシエダ)の試合は互いのサポーターが肩を組んで応援するという珍しい光景を見ることが出来る。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たアンダルシア州

    1872年、アンダルシア州のウエルバにイギリスからサッカーが伝えられ、それから17年を経た1889年、スペイン初のサッカークラブであるレクレアティーボ・ウエルバが誕生。これを機にマドリード、バルセロナなどの大都市にも次々にサッカークラブが生まれた。1904年にはスペインサッカー連盟の前身団体が国際サッカー連盟(FIFA)に加盟し、1913年にはスペインサッカー連盟(RFEF)が設立された。1920年、アントウェルペンオリンピック出場を主目的としてスペイン代表が創設され、銀メダルを獲得してスペイン国内に一大ブームを巻き起こした。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たUEリェイダ

    安永聡太郎 1997-1998 (UEリェイダ、2002-2003 (ラシン・デ・フェロル)リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たバスクダービー

    各クラブが地域と非常に密着している。その最たるものはバスク州の名門アスレティック・ビルバオで、このクラブは地元バスク人のみで構成されている。また、自然と各試合は街を挙げた対抗戦となるので、ワールドカップ並の注目を集めるエル・クラシコや世界一激しいことで有名なアンダルシアダービー(レアル・ベティス対セビージャFC)など大きなダービーマッチも多い。またバスク地方の人々の結束力の強さ故に、バスクダービー(アスレティック・ビルバオ対レアル・ソシエダ)の試合は互いのサポーターが肩を組んで応援するという珍しい光景を見ることが出来る。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • リーガ・エスパニョーラ

    リーガ・エスパニョーラから見たレアル・ウニオン

    1927年4月、アレナス・クルブ・デ・ゲチョのホセ・マリア・アチャ監督は全国選手権の創設を提案した。リーグの規模や参加クラブなどについて議論が重ねられた結果、スペインサッカー連盟(RFEF)は1929年にプリメーラ・ディビシオンを創設した。参加クラブは10クラブであり、コパ・デル・レイの優勝経験があったFCバルセロナ、レアル・マドリード、アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダ、アレナス・クルブ、レアル・ウニオンはすべて選出された。それ以外には、コパ・デル・レイで準優勝の経験があったアトレティコ・マドリード、RCDエスパニョール、CEエウロパの参加が決定し、トーナメント戦を通じてラシン・サンタンデールが10クラブ目に選ばれた。リーガ・エスパニョーラ フレッシュアイペディアより)

111件中 81 - 90件表示

「リーガエスパニョーラ」のニューストピックワード