781件中 31 - 40件表示
  • ダニエル・スバシッチ

    ダニエル・スバシッチから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ダニエル・スバシッチ(Danijel Subašić、1984年10月27日 - )は、ユーゴスラビア(現・クロアチア)出身のサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。クロアチア代表。ポジションはゴールキーパー。ダニエル・スバシッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・メネス

    ジェレミー・メネスから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2006年7月1日にフランスの名門であるASモナコへ移籍。57試合で14ゴールを挙げる高いパフォーマンスを見せた。2008年8月28日、さらなる飛躍を目指しイタリアのASローマに移籍。4年契約で移籍金は1050万ユーロ。最初の3年間でローマがCL出場権を獲得するたびに、ボーナスとして150万ユーロが上乗せされる。ローマでの1年目のシーズンはイタリアサッカーへの対応に苦労したものの、2008年12月7日のキエーヴォ戦で移籍後初ゴールを挙げると徐々にチームに溶け込み最終的には計34試合に出場し4得点を挙げた。背番号は入団当初はマルコ・デルヴェッキオがつけていた24番を選択していたが、2009-10シーズンからは94番に変更している。2009-10シーズンはクラウディオ・ラニエリ監督に「急成長した」と評される活躍を見せ、チームの優勝争いに貢献した。2010-11シーズンも積極的に起用され活躍をみせたが、2月になってラニエリが辞任しヴィンチェンツォ・モンテッラが新監督に就任すると出場機会が減少した。この出場機会の減少や、練習態度に対する不満からモンテッラとは対立した。シーズン終了後、モンテッラは退任した。ジェレミー・メネス フレッシュアイペディアより)

  • ASサンテティエンヌ

    ASサンテティエンヌから見たリーグ・アンリーグ・アン

    リーグ・アン最多の優勝10回を誇るが、1980-81シーズン以降優勝からは遠ざかっている。ASサンテティエンヌ フレッシュアイペディアより)

  • エリ・ボー

    エリ・ボーから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1994年、ディヴィジョン・アン(1部)のASサンテティエンヌの監督に就任した。1994-95シーズンは18位に終わり、本来ならばディヴィジョン・ドゥ(2部)に降格するはずであったが、ディヴィジョン・ドゥ優勝のオリンピック・マルセイユが財政問題を抱えていたために昇格せず、サンテティエンヌはディヴィジョン・アン残留となった。1995-96シーズンは19位でディヴィジョン・ドゥ降格となった。エリ・ボー フレッシュアイペディアより)

  • デュルビ・ドゥ・ラ・ブルターニュ

    デュルビ・ドゥ・ラ・ブルターニュから見たリーグ・アンリーグ・アン

    21世紀に入るとロリアンがディヴィジョン・アン(かつての1部)に昇格し、(広義の)ダービーでの地位を築き始めた。ロリアンはわずか1シーズンでリーグ・ドゥ(2部)に降格したが、2005-06シーズン終了後にリーグ・アン(現1部、ディヴィジョン・アンから改名)に再昇格し、しばしばナントを上回る順位でシーズンを終えている。2000年代後半、ナントは2度もリーグ・ドゥ降格を経験した。2009年に降格してから再昇格することができずにいるため、レンヌとナントの間ではダービーは行なわれず、レンヌとロリアンの間で広義のダービーのみが行なわれている。2008-09シーズンにはクープ・ドゥ・フランス決勝がギャンガン対レンヌ戦となり、ギャンガンが2-1で勝利して優勝した。決勝進出クラブが同一地域圏に所在するのは1956年以来初の出来事だった。デュルビ・ドゥ・ラ・ブルターニュ フレッシュアイペディアより)

  • プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ

    プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップから見たリーグ・アンリーグ・アン

    『プロサッカークラブをつくろう! EUROPE CHAMPIONSHIP』は、セガ(現:セガゲームス)から2006年3月29日に発売されたサッカークラブ経営シミュレーションゲーム。通称『サカつくEU』。Jリーグが舞台だった従来の『プロサッカークラブをつくろう!』シリーズとは異なり、本作ではヨーロッパの6大リーグ(イングランド・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダ)を題材としている。プロサッカークラブをつくろう! ヨーロッパチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・サヴィダン

    スティーヴ・サヴィダンから見たリーグ・アンリーグ・アン

    かつてリーグ・アンに所属していたものの1992-93シーズンのオリンピック・マルセイユとの八百長により3部降格、1996年にはプロ資格すら剥奪され4部に降格していたヴァランシエンヌFCにおいてサヴィダンは救世主となる。加入した2004-2005シーズンは19得点を挙げ3部得点王に輝き、チームも優勝し久々に2部に上がると、2005-2006シーズンも16ゴールを挙げ得点王、チームも優勝し13年ぶりのトップリーグ昇格を果たす。スティーヴ・サヴィダン フレッシュアイペディアより)

  • ル・マンFC

    ル・マンFCから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1999-2000シーズンにフランスカップでベスト4まで勝ち残るなど、2部所属のクラブとして力を蓄え、2003-04シーズンに1部へ初昇格。しかしながら、シーズンを19位で終え、わずか1年で降格した。2004-05シーズンのスタートダッシュにも失敗し、再昇格への先行きが危ぶまれたが、シーズン途中から監督に就任したフレデリック・アンツの指揮もありシーズンを2位で終え、1部に復帰した。2005-06シーズンは一時2位に付けただけでなく、そのサッカーの内容も高く評価され、ル・マン旋風を巻き起こした(最終的には11位で終了)。ル・マンFC フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンデル・ヴェンツェル (1967年生のサッカー選手)

    アレクサンデル・ヴェンツェル (1967年生のサッカー選手)から見たリーグ・アンリーグ・アン

    1967年にチェコスロバキアのブラチスラヴァで生まれた。1987年にŠKスロヴァン・ブラチスラヴァとプロ契約を締結し、1988-1989シーズンで初出場を果たした。翌年にはFKフヴェズダ・ヘプに移籍するものの、1シーズンでŠKスロヴァン・ブラチスラヴァに復帰。1994年にはフランス・ディヴィジョン・アンのRCストラスブールに買われ移籍、1997年にはクープ・ドゥ・ラ・リーグ制覇に貢献した。2000年にはディヴィジョン・ドゥ所属のル・アーヴルACに移籍し、同チームのリーグ・アン昇格に貢献したが、翌年リーグ・ドゥに降格した。アレクサンデル・ヴェンツェル (1967年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・アノ

    ガブリエル・アノから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ガブリエル・アノ(Gabriel Hanot, 1889年11月6日 - 1968年8月10日)は、フランスのパ=ド=カレー県アラス出身のサッカー選手。リーグ・アン、UEFAチャンピオンズリーグを提案・創設した人物として知られる。ガブリエル・アノ フレッシュアイペディアより)

781件中 31 - 40件表示

「リーグ・アン」のニューストピックワード