781件中 41 - 50件表示
  • ベノワ・コウエ

    ベノワ・コウエから見たリーグ・アンリーグ・アン

    オリンピック・マルセイユ時代にはリーグ・アンを1989年と1990年に連覇し、FCナント時代にも1995年に制覇した。クープ・ドゥ・フランスはマルセイユ時代の1989年に、UEFAヨーロッパリーグはインテル時代の1998年に制覇している。また、ブルガリアプロサッカーリーグはPFC CSKAソフィアに在籍した2005年に制覇した。1998年のUEFAヨーロッパリーグの決勝では、途中交代で出場し、3得点目となったロナウドのシュートをアシストした。ベノワ・コウエ フレッシュアイペディアより)

  • ショック・ドゥ・オランピック

    ショック・ドゥ・オランピックから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ル・クラスィク(マルセイユ対パリ・サンジェルマンFC)とは異なり、ライバル意識が暴力沙汰に結びつくことはないが、ダービーの結果は選手・監督・サポーター・会長同士のヒエラルヒーにつながる。両クラブ間でリーグ・アン優勝が争われることも多く、リーグ・アンで4連覇以上した経験があるのはマルセイユ(2度)、リヨン、ASサンテティエンヌの3クラブだけである。ショック・ドゥ・オランピック フレッシュアイペディアより)

  • リュディ・ガルシア

    リュディ・ガルシアから見たリーグ・アンリーグ・アン

    リュディ・ガルシア(Rudi Garcia, 1964年2月20日 - )は、フランス・ヌムール出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ監督。現役時代のポジションはミッドフィールダー。リュディ・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・ラッジ

    アンドレア・ラッジから見たリーグ・アンリーグ・アン

    アンドレア・ラッジ(Andrea Raggi, 1984年6月24日 - )は、イタリア・ラ・スペツィア出身のサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。ポジションはDF(CB)。アンドレア・ラッジ フレッシュアイペディアより)

  • サムエル・ブウール

    サムエル・ブウールから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2007年にル・マンUCに入団し、2010年までリーグ・アンでプレーする。ル・マン時代には元日本代表MF松井大輔(現ジュビロ磐田)、コートジボワール代表FWジェルヴィーニョ(現河北華夏幸福足球倶楽部)が同僚であった。リーグ・ドゥ降格後もル・マンで2011年までプレー。2011年夏にACアジャクシオに移籍しリーグ・アンに復帰。2013年トゥールFCに移籍。2シーズン振りのリーグ・ドゥでのプレーとなる。サムエル・ブウール フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ペラン

    アラン・ペランから見たリーグ・アンリーグ・アン

    創立間もないトロワACの監督に就任すると6年でリーグ・アンにまで導き2001年にはインタートトカップでニューカッスル・ユナイテッドを破り、UEFAカップに出場。その手腕を買われオリンピック・マルセイユの監督になりクラブを3位に導き翌年チャンピオンズ・リーグに初挑戦するもリーグ戦の成績不振で途中で解雇される。アラン・ペラン フレッシュアイペディアより)

  • マルタン・ジェトゥ

    マルタン・ジェトゥから見たリーグ・アンリーグ・アン

    RCストラスブールを経て、ASモナコに移籍。リリアン・テュラムの後釜として期待に違わぬ活躍を見せ、1997年にはリーグ優勝も経験した。2001年、イタリアのパルマACに移籍、ここでもテュラムが去った後のディフェンスラインを任されるも、チームの不振とともに低迷した。しかし、2002年にイングランドのフラムFCへレンタルされると、まずまずの働きを見せた。フラムは完全移籍を望んだもののパルマが拒否、結局2シーズンのレンタル後にパルマへ復帰するも、2005年にOGCニースへと放出された。マルタン・ジェトゥ フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・ケトケオポムポン

    ビリー・ケトケオポムポンから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ウィライポン・"ビリー"・ケトケオポムポン(Billy Ketkeophomphone、1990年3月24日 - )は、フランス・シャンピニー=シュル=マルヌ出身のサッカー選手。リーグ・アン・アンジェSCO所属。ポジションはフォワード(ウイング)。両親はラオス人である。ビリー・ケトケオポムポン フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フランチェスコリ

    エンツォ・フランチェスコリから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1986年、アルゼンチンの経済状況の悪化などの理由からフランス・ディヴィジョン・アン(1部)のラシン・パリに移籍した。3シーズンで89試合に出場して36得点を決めたが、クラブのディヴィジョン・ドゥ(2部)降格とともにオリンピック・マルセイユに移籍した。当時のマルセイユにはFWジャン=ピエール・パパン、FWアベディ・ペレ、MFクリス・ワドル、MFディディエ・デシャンなど中盤から前線にかけて名選手がひしめき合っていたが、1989-90シーズンのリーグ戦では28試合で11得点を挙げ、リーグ優勝を飾るとともに、ディヴィジョン・アン最優秀外国人選手賞を受賞した。UEFAチャンピオンズカップでは準決勝に進出したが、SLベンフィカ戦ではミスを連発して戦犯のひとりにされた。エンツォ・フランチェスコリ フレッシュアイペディアより)

  • ギー・ルー

    ギー・ルーから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ギー・ルー(Guy Roux, 1938年10月18日 - )はフランス、コルマール出身の元サッカー選手、サッカー指導者。フランスのプロサッカークラブ、AJオセールに選手および監督として半世紀以上に渡り在籍するとディヴィジョン・アン優勝、4度のクープ・ドゥ・フランス優勝に導いた。ギー・ルー フレッシュアイペディアより)

781件中 41 - 50件表示

「リーグ・アン」のニューストピックワード