510件中 51 - 60件表示
  • アントニー・レヴェイエール

    アントニー・レヴェイエールから見たリーグ・アンリーグ・アン

    アントニー・レヴェイエール(Anthony Reveillere, 1979年11月10日 - )は、フランス・ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県ドゥエ=ラ=フォンテーヌ出身の同国代表でリーグ・アン、オリンピック・リヨン所属のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。アントニー・レヴェイエール フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエス

    エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエスから見たリーグ・アンリーグ・アン

    守備の要としてリヨンのリーグ・アン3連覇の原動力となった。2001年のコンフェデ杯では代表キャプテンも務め、2002年の日韓W杯では3バックの中央を務め優勝に貢献した。コスタリカ戦では、見事なオーバーヘッドシュートを決めている。その後リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに移籍金1000万ユーロ(約13億1000万円)で移籍し、ケガに苦しみながらもボランチもしくはセンターバックのポジションをラファエル・マルケス、オレゲール・プレサスらと争った。2005-06シーズンはボランチのレギュラーに定着し、クラブの2冠へ大きく貢献した。2006年のドイツW杯のブラジル代表メンバーにも選出されたが、大会直前の怪我のために出場を断念した。2008年5月、ビジャレアルCFに移籍金なしで移籍した。2009年1月、ブラジルのパルメイラスへの移籍が発表された。2010年1月31日、レアル・サラゴサとシーズン終了後までの契約を結んだ。2010-11シーズンもサラゴサでプレーし、2011年夏に母国のセアラーSCに移籍した。エジミウソン・ジョゼ・ゴメス・ジ・モラエス フレッシュアイペディアより)

  • モンペリエHSC

    モンペリエHSCから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2008-09シーズン、ローラン・クルビ監督に導かれたチームは5シーズンぶりのリーグ・アン昇格を果たした。昇格初年度の2009-10シーズンには、エミル・スパヒッチやアルベルト・コスタなどリーグ・アンでは無名の選手たちが躍動し、シーズンの半分以上の期間をUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の3位以内で過ごすなど、UEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得する5位という好成績で終えた。2010-11シーズンには年間シーズンチケットの購入者数がクラブ史上初めて1万人を超え、ホームゲームでの平均観客数は2シーズン連続で1万5000人を超えた。リーグ戦では14位に終わったが、クープ・ドゥ・ラ・リーグでは準決勝でパリ・サンジェルマンFCを破り、決勝でオリンピック・マルセイユに敗れたものの準優勝を果たした。2009年に就任したルネ・ジラール監督は若手を積極的に抜擢し、就任後にユネス・ベランダ、カリム・アイファナ、アブデルアミド・エル・カウタリ(いずれもモロッコ代表)やマプ・ヤンガ=ムビワ(フランス代表)をA代表に送り出している。モンペリエHSC フレッシュアイペディアより)

  • ペギー・リュインドゥラ

    ペギー・リュインドゥラから見たリーグ・アンリーグ・アン

    オリンピック・リヨン時代には攻撃陣の核として活躍、91試合で33得点を記録、リーグ3連覇に貢献と大活躍を見せた。この後ディディエ・ドログバの穴を埋めるべく約16億円もの大金でオリンピック・マルセイユへと移籍、ここでもチームの核となったがチームの不振を止めることはできずAJオセールへとレンタル移籍した。オセールではまずまずの成績を上げたものの、続くレンタル先のレバンテUDではノーゴールに終わった。2007年1月にパリ・サンジェルマンFCに完全移籍したものの、目立った活躍を見せることはなく、徐々に出場機会が減少。2012年はリーグカップ1試合のみの出場に留まり、同年12月契約満了を迎えた。ペギー・リュインドゥラ フレッシュアイペディアより)

  • ASモナコ

    ASモナコから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1948年にプロ化された。1952-53シーズンのディヴィジヨン・ドゥで2位となり1953-54シーズンにトップリーグであるディヴィジヨン・アンに初めて昇格した。ASモナコ フレッシュアイペディアより)

  • ACアジャクシオ

    ACアジャクシオから見たリーグ・アンリーグ・アン

    リーグ・アンではなかなか成績を残せず、中位もしくは下部リーグであるリーグ・ドゥを行き来するシーズンが続いている。2010-11シーズンにリーグ・ドゥで2位となり、5年ぶりにリーグ・アンに復帰する。ACアジャクシオ フレッシュアイペディアより)

  • マテュー・ヴァルブエナ

    マテュー・ヴァルブエナから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2006年6月9日、リーグ・アン(1部)のオリンピック・マルセイユに3年契約で移籍した。夏のプレシーズンの間に負傷して悪いスタートを切った。シーズンも後半になってからヴァランシエンヌFC戦で途中交代によりデビューし、1-0で勝利した。2006-07シーズンは主に途中出場で15試合に出場した。初得点はASサンテティエンヌ戦で、86分に試合を決める得点を決めた。マテュー・ヴァルブエナ フレッシュアイペディアより)

  • OGCニース

    OGCニースから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1904年創立。リーグ優勝4回、カップ優勝3回と数々のタイトルを獲得している。OGCニース フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・バートン

    ジョーイ・バートンから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ジョセフ・アンソニー・バートン(Joseph Anthony Barton, 1982年9月2日 - )は、イングランド・マージーサイド州ノーズリー出身のサッカー選手。リーグ・アンのオリンピック・マルセイユ所属。ジョーイ・バートン フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・アマルフィターノ

    モルガン・アマルフィターノから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2006年8月6日にセルジュ?ロマーノ監督の下、オリンピック・マルセイユ戦でリーグ・アンデビューを果たした。30試合中スタメン28試合とレギュラーとしてプレーしていたが、チームは19位に終わりリーグ・ドゥへと降格した。翌シーズンにはホセ・パスクアレッティ監督の下、一年での昇格を目指したが4位でフィニッシュし失敗した。モルガン・アマルフィターノ フレッシュアイペディアより)

510件中 51 - 60件表示

「リーグ・アン」のニューストピックワード