781件中 61 - 70件表示
  • ヴァレリアン・イスマエル

    ヴァレリアン・イスマエルから見たリーグ・アンリーグ・アン

    グアドループ出身の父親とアルザス出身の母親の下、ストラスブールで育つ。祖父はドイツ人である。RCストラスブールの下部組織に所属し、1994年1月15日のASカンヌ戦でプロデビューを果たす。同クラブではディヴィジオン・アンで87試合に出場、UEFAカップでも5試合に出場し1得点を挙げる。ヴァレリアン・イスマエル フレッシュアイペディアより)

  • ジェラール・ウリエ

    ジェラール・ウリエから見たリーグ・アンリーグ・アン

    2005年5月、リヨンを4連覇に導いたポール・ル・グエンの後釜としてオリンピック・リヨン監督に就任した。2005-06シーズンに続き、2006-07シーズンもリーグ・アン6連覇(自身が率いてからは2連覇)を達成した。しかし、2シーズン連続ベスト8敗退の雪辱を期したUEFAチャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント1回戦で敗退し、一部選手との軋轢も報じられた。2007年5月25日に、オリンピック・リヨンを退団し休養したいと言う意向を発表した。ジェラール・ウリエ フレッシュアイペディアより)

  • オパ・エンゲット

    オパ・エンゲットから見たリーグ・アンリーグ・アン

    オパ・エンゲット(Opa Nguette, 1994年7月8日 - )は、フランス・マント=ラ=ジョリー出身のサッカー選手。リーグ・アン、FCメス所属。ポジションはMF、FW。セネガル代表。オパ・ヌゲットとも表記されることがある。オパ・エンゲット フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・ジュヌヴォワ

    ロマン・ジュヌヴォワから見たリーグ・アンリーグ・アン

    ロマン・ジュヌヴォワ(, 1987年10月28日 - )は、ハイチ出身のサッカー選手。リーグ・アン・SMカーン所属。ポジションはディフェンダー。ハイチ代表。ロマン・ジュヌヴォワ フレッシュアイペディアより)

  • ギー・ラコンブ

    ギー・ラコンブから見たディヴィジョン・アンリーグ・アン

    20歳まで地元ヴィルフランシュ=ド=ルエルグのクラブでプレーしていたが、1975年にディヴィジョン・トロワ(3部相当)のUSアルビに移籍してデビューし、1976年にディヴィジョン・アン(1部)のFCナントに移籍した。ナントでは1976-77シーズンにリーグ優勝を果たし、その後の2シーズンも2位となった。1978-79シーズンにはクープ・ドゥ・フランスでも優勝した。その後はRCランス、FCトゥール、トゥールーズFC、スタッド・レンヌ、LOSCリール・メトロポール、ASカンヌでプレーし、1989年に現役引退した。ギー・ラコンブ フレッシュアイペディアより)

  • FCイストル

    FCイストルから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1920年創立。2004-05シーズンに初めてリーグ・アン(1部)に昇格したが、1シーズン限りで降格した。2014-15シーズンはフランス全国選手権(3部)でプレーする。FCイストル フレッシュアイペディアより)

  • サニン・プルチッチ

    サニン・プルチッチから見たリーグ・アンリーグ・アン

    サニン・プルチッチはフランス・ベルフォール出身のサッカー選手。ポジションはMF。リーグ・アン・スタッド・レンヌに所属している。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表。サニン・プルチッチ フレッシュアイペディアより)

  • マアマドゥ・ディアッラ

    マアマドゥ・ディアッラから見たリーグ・アンリーグ・アン

    マリの伝説的プレイヤー、サリフ・ケイタのトレーニングセンターで技術を磨き、17歳で渡欧して1998年にギリシャ・スーパーリーグのOFIクレタからデビューした。1999年にオランダ・エールディヴィジのフィテッセに移籍し、2000年夏に就任したロナルド・クーマン監督の下で中盤の要として頭角を現した。2002年にはフランス・リーグ・アンのオリンピック・リヨンに5年契約で移籍した。当初は控え選手だったが、2003-04シーズンにポール・ル・グエン監督が3人のセンターハーフを置くシステムを採用したことでポジションを獲得し、MFマイケル・エッシェンやMFジュニーニョ・ペルナンブカーノなどとトリオを組んで4度のリーグ優勝に貢献した。マアマドゥ・ディアッラ フレッシュアイペディアより)

  • 野村明弘

    野村明弘から見たリーグ・アンリーグ・アン

    2002年に長期休暇した際にロンドンとパリに旅行に行ったのを機に海外留学の意欲が芽生え、2003年9月にnccを退社して単身渡英。昼は語学学校に通い、夜はサッカー三昧という生活を送る。2004年1月に一時帰国した際に大学の先輩だった石原敬士を介して西岡明彦から連絡を受け、西岡のフットメディア設立にあたってアナウンサーへの現地情報収集などで協力。2005年に帰国後はそのままフットメディアに所属し、スコティッシュ・プレミアリーグを皮切りにプレミアリーグ、リーグ・アン、UEFAチャンピオンズリーグといった海外サッカー中継で実況を務める。野村明弘 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・カントナ

    エリック・カントナから見たリーグ・アンリーグ・アン

    1984年は兵役に従事したので、サッカー選手としてのキャリアは一旦停止することになった。兵役を終えると2部のマルティーグへローンで加入することになった。オセールに復帰すると1986年にはプロ契約を結び、ディヴィジョン・アンで良い活躍を見せるとフランス代表に招集され、初キャップを記録した。しかし、1987年にはチームメイトのブルーノ・マティーニを殴ったとして罰金処分を受け、キャリアを通していくつか起こる規律上の問題を早速起こしてしまった。エリック・カントナ フレッシュアイペディアより)

781件中 61 - 70件表示

「リーグ・アン」のニューストピックワード